定量リサーチ、定性リサーチとは?そのメリットと代表的な調査手法を紹介

定量リサーチと定性リサーチの違い

定量リサーチと定性リサーチは、研究方法論の中で異なるアプローチを持っており、以下にその違いを示します。

定量リサーチとは

数値データを集め、統計的な分析や数値計算を通じてパターンや関連性を明らかにしようとする手法です。このアプローチでは、事前に設計された質問や仮説をもとに大規模なサンプルを対象にデータを収集し、数値的な結果を得ることが重要です。定量リサーチは客観的で再現性があり、一般的な傾向やパターンを把握するのに適しています。

定性リサーチとは

定性リサーチは、主観的な要素や深層の理解を重視し、質的データを収集して分析する研究方法です。テキスト、画像、音声などの非数値的な情報を扱い、その中からパターンやテーマを抽出して意味や文脈を理解しようとします。定性リサーチの目的は、洞察や理解を提供し、複雑な社会現象や個人の経験を深く探求することです。

定量リサーチのメリット

結果が数値化できる

定量リサーチでは、データが数値化されるため、結果を数値や統計的な指標として明確に表現することができます。これにより、客観的な分析や比較が容易になり、傾向や関連性を数値的に評価することが可能です。数値化された結果は、意思決定や報告書の作成においても具体的な根拠となります。

Webアンケートであれば費用や工数を抑えることができる

Webアンケートを用いた定量リサーチでは、従来の方法に比べて調査の実施費用や人的資源の工数を削減することができます。アンケートをオンラインで配信し、自動的にデータを収集するため、印刷や郵送などのコストや手間を軽減することができます。また、収集したデータも電子的な形式で管理できるため、データの整理や分析が効率的に行えます。

定量リサーチのデメリット

想定した以上の回答や意見が得にくい

定量リサーチは、あらかじめ設計された質問や尺度を用いてデータを収集するため、研究者が予め想定した範囲内の回答や意見を得やすい傾向があります。一方で、複雑な問題や新しい視点、予想外の洞察を得るのが難しい場合があります。特に、オープンエンドの質問が少ない場合や、回答の選択肢が限られている場合には、参加者の多様な意見や深層の理解を捉えるのが難しいことがあります。

定性リサーチのメリット

本質的な欲求や課題を探ることができる

定性リサーチは、主観的な情報や深層の理解を追求する手法です。このアプローチによって、研究対象の人々の本質的な欲求や課題を探ることが可能です。参加者の言葉や行動から、裏にある動機や感情、ニーズを理解し、より深い洞察を得ることができます。このような情報は、新しいアイディアや解決策の発見に繋がることがあります。よって、オープンエンドの質問や自由な意見の収集が重要です。参加者が自分の言葉で語ることで、研究者はより豊かな情報を収集し、複雑な問題や現象の本質を深く理解する手助けをすることができます。

定性リサーチのデメリット

合理的な根拠がない偏りのある情報になってしまう可能性がある

定性リサーチは、主観的な情報や参加者の個別の意見を重視する手法ですが、その性質上、一部の参加者や特定の視点に偏った情報を収集する可能性があります。参加者の経験や感情に基づいているため、客観的な証拠や合理的な根拠が不足している場合があります。このことが、研究結果の一般化や信頼性に影響を及ぼすことがあります。よって、客観性を保つための工夫が求められます。また、適切なサンプリング方法や参加者の選定も重要であり、偏りを最小限に抑えるための配慮が必要です。

定量調査の主な調査手法

定量調査は、数値データを収集し、統計的な手法を用いて分析する手法です。以下に定量調査の主な調査手法を示します。

ネットリサーチ

ネットリサーチは、インターネットを通じてアンケートや調査を実施する手法です。オンラインプラットフォームを利用して、多くの参加者からデータを収集することができます。ネットリサーチのメリットとしては、効率的なデータ収集と広範な参加者の獲得が挙げられます。しかし、ネット環境へのアクセスが必要であるため、特定の人々に偏る可能性があることに注意が必要です。

会場調査

会場調査は、特定の場所や会場にてアンケートやインタビューなどを行う手法です。例えば、ショッピングモール、イベント会場、店舗などで実施されることがあります。会場調査は、特定のターゲット層にリーチしやすいという利点がありますが、一方で場所や時間の制約があることに注意が必要です。

ホームユーステスト

ホームユーステストは、製品やサービスを参加者の自宅などで使用してもらい、その使用体験や評価を収集する手法です。製品の実際の使用状況や意見を把握するために利用されます。ホームユーステストは、リアルな環境での使用を模倣することができるため、製品の改善や開発に有益な情報を提供することができます。

定性調査の主な調査手法

定性調査は、主観的な情報や深層の理解を追求する手法です。以下に定性調査の主な調査手法を示します。

デプスインタビュー

デプスインタビューは、対象者との深い対話を通じて意見や経験を探求する手法です。参加者の視点や思考過程を理解し、より深い洞察を得るために用いられます。オープンエンドの質問を通じて自由な発言を促し、参加者の感情や動機を明らかにします。

MROC(Market Research Online Community)

MROCは、オンラインコミュニティを活用して参加者との対話を行う手法です。参加者は特定のトピックやテーマに関する議論や活動に参加し、意見や情報を共有します。MROCは、長期間にわたって参加者と関わることができ、より深い理解を得るのに役立ちます。

家庭訪問

家庭訪問は、参加者の自宅を訪れてインタビューや観察を行う手法です。日常生活や環境をリアルタイムで観察することで、生活スタイルや行動のパターンを理解し、参加者の生活に対する洞察を得ることができます。

ワークショップ

ワークショップは、グループでの活動やディスカッションを通じて意見やアイディアを収集する手法です。参加者同士の対話や協力を促し、集団の知識や創造性を引き出すことができます。ワークショップは、アイディアの共有や問題解決に役立つ場合があります。

まとめ

定量調査と定性調査は、異なるアプローチを通じて情報を収集し、理解するための研究手法です。定量調査は数値データを重視し、統計的な分析を通じて客観的な傾向や関連性を明らかにする一方、定性調査は主観的な情報や深層の理解を重要視し、参加者の意見や経験を通じて洞察を提供します。どちらの手法も研究目的や対象に応じて選択され、組み合わせて活用されることがあります。定量調査と定性調査を適切に組み合わせることで、より豊かな情報を得て問題解決や意思決定に役立てることができます。

よくある質問

Q1: 定量調査と定性調査の違いは何ですか?

A1: 定量調査は数値データを収集し統計的に分析する手法であり、一般的な傾向や関連性を把握することを重視します。一方、定性調査は主観的な情報や深層の理解を追求し、参加者の意見や経験を通じて洞察を提供します。

Q2: デプスインタビューとは何ですか?

A2: デプスインタビューは、参加者との深い対話を通じて意見や経験を探求する手法です。オープンエンドの質問を用いて参加者の視点や感情を理解し、深い洞察を得ることを目指します。

Q3: MROC(Market Research Online Community)とはどのような手法ですか?

A3: MROCは、オンラインコミュニティを活用して参加者との対話を行う手法です。特定のトピックやテーマに関する議論や活動を通じて意見や情報を共有し、長期間にわたって参加者と関わることができる特徴があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ