RLSAとは?基礎知識とメリットを詳しく解説!

RLSAとは?

サイト訪問履歴のあるユーザーへのリスティング広告

RLSA(Remarketing Lists for Search Ads)は、サイト訪問履歴のあるユーザーに対して、リスティング広告を配信することができる機能です。ユーザーが広告主のウェブサイトを訪問したことがある場合、そのユーザーは広告主が設定したターゲットに該当します。広告主はそのユーザーに対してターゲットに合わせた広告を配信することができます。このように、サイト訪問履歴のあるユーザーに対してリスティング広告を配信することで、リピーターやコンバージョン率の高い見込み客にアプローチすることができ、より効果的な広告運用が可能になるのです。

RLSAの仕組み

設置したタグから情報を収集

RLSAの仕組みは、まず広告主が設置したタグからユーザーの情報を収集することから始まります。訪問者が広告主のウェブサイトを訪れると、タグが設置されたページにアクセスすることで、その訪問者に関する情報を収集します。その情報に基づいて広告主は特定のターゲットに向けた広告を配信することができます。

RLSAのメリット

見込みの高いユーザーへ広告配信ができる

RLSAの最大のメリットは、訪問者が広告主のウェブサイトに何度もアクセスしたり、ある特定のページに訪問したりするなど、見込みの高いユーザーに対して広告を配信することができる点です。過去の行動履歴をもとにユーザーに対してターゲティングした広告を配信するため、コンバージョン率を向上させることができます。また過去にコンバージョンを達成したユーザーに対しても、同じ広告を配信することができます。これにより、リピーターやコンバージョン率の高い見込み客にアプローチすることができ、より効果的な広告運用が可能になるのです。

広告やLPの最適化ができる

RLSAを活用することで、広告主は訪問者の行動履歴を把握することができます。このため、広告やランディングページを過去の行動履歴に基づいて最適化することができます。たとえば、過去に商品ページを訪問したユーザーには、その商品の広告を配信することができます。また過去にコンバージョンを達成したユーザーには、さらに特別なオファーや割引を提示することもできます。このように過去の行動履歴をもとに、ユーザーに対して最適な広告やLPを提供することができるため、より効果的な広告運用が可能になります。

まとめ

今回はRLSAについて、その仕組みやメリットについて詳しく解説しました。RLSAは、ユーザーの行動履歴に基づいてターゲティングすることで、広告運用の効率化に貢献します。広告主にとっては、リピーターやコンバージョン率の高い見込み客にアプローチすることができ、より効果的な広告運用が可能になるため、積極的に活用すべきです。

よくある質問

Q.RLSAはどのようなビジネスに適していますか?

A.RLSAは、リピーターやコンバージョン率の高い見込み客にアプローチすることができるため、ECサイトやサブスクリプションサービス、不動産など、顧客単価の高いビジネスに適しています。

Q.RLSAは競合他社との差別化になりますか?

A.RLSAを利用することで、競合他社よりもよりターゲットに合った広告を配信することができます。また、顧客の行動履歴を理解し、顧客に合わせた最適な広告を配信することで、顧客の満足度やロイヤルティを向上させることができます。

Q.RLSAを利用するためには、どの程度の訪問履歴が必要ですか?

A.RLSAを利用するためには、最低でも1000件以上の訪問履歴が必要です。ただし、訪問履歴が多いほど、よりターゲットに合った広告を配信することができます。

Q.RLSAはどのような広告タイプに対応していますか?

A.RLSAは、Googleの検索広告に対応しています。Googleのディスプレイ広告やショッピング広告については、別のリマーケティング機能を利用する必要があります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ