コンバージョン率(CVR)とは?基本的な考え方と数値低下時の改善方法を紹介

CVRの基本知識

CVRとはコンバージョン率(成果達成率)のこと

CVRとは、コンバージョン率(成果達成率)のことを指します。つまり、何らかの目的(例えば商品の購入、問い合わせフォームの送信、アプリのダウンロードなど)を達成するために必要なアクションが、訪問者の中でどれだけの割合で行われたかを示す指標です。

CVRの求め方はCV数÷サイト訪問数×100

CVRを求める方法は、CV数(コンバージョン数)をサイト訪問数で割り、その結果を100倍にすることです。たとえば、あるサイトの訪問数が1,000回で、そのうちの20回がコンバージョン(目的のアクション)だった場合、CVRは20÷1,000×100=2%となります。CVRは、サイトの改善や施策の効果を測る上で非常に重要な指標となります。

コンバージョン率の目安の考え方について

コンバージョン率の目安は、業種や商品、サービスなどによって異なります。一般的に、指名ワード(企業名や商品名など、具体的な名称で検索されるワード)については、10%以上の高いコンバージョン率が目安とされます。一方、一般ワード(業界や商品の特徴など、より一般的なキーワード)については、1%程度が目安とされます。ただし、これらはあくまでも一般的な目安であり、業界や競合環境などの要因によって異なる場合があります。

指名ワードの合格ラインは10%

指名ワード(具体的な名称で検索されるワード)については、一般的に10%以上の高いコンバージョン率が合格ラインとされています。ただし、業種や競合環境によって異なる場合があります。指名ワードのコンバージョン率が合格ラインを下回っている場合は、コンバージョンの改善施策を検討する必要があります。

一般ワードの合格ラインは1%

一般ワード(業界や商品の特徴など、より一般的なキーワード)については、一般的に1%程度が合格ラインとされています。ただし、業種や競合環境によって異なる場合があります。一般ワードのコンバージョン率が合格ラインを下回っている場合は、より効果的なキーワードや広告手法を検討する必要があります。

コンバージョン率が低迷する主要因

季節的な要因

季節によって需要が変動する商品やサービスの場合、需要の低い時期にはコンバージョン率が低下する傾向があります。例えば、冬には水着の需要が低下するため、水着関連商品のコンバージョン率が低くなることがあります。

サイトリニューアルやランディングページの変更

サイトのリニューアルやランディングページの変更によって、ユーザーが混乱したり、アクセスしにくくなったりする場合があります。そのため、変更後のサイトやランディングページの使い勝手や情報提供内容が改善されていない場合、コンバージョン率が低下することがあります。

競合他社が有利な訴求を打ち出している

競合他社が自社よりも魅力的な価格や特典を提供している場合、自社の商品やサービスが需要を集めにくくなり、コンバージョン率が低下することがあります。

指名ワードに他社の広告出稿が増加している

自社の指名ワードに他社が広告出稿を増加させた場合、クリック数が減少し、コンバージョン率が低下することがあります。

マッチタイプによる拡張のしすぎ

広告のマッチタイプを広げ過ぎると、ターゲットと合致しないユーザーが広告をクリックしてしまい、コンバージョン率が低下することがあります。

タグの設定ミス

アクセス解析や広告配信などに必要なタグの設定に誤りがある場合、正しいデータが取得できず、コンバージョン率が正確に測定できなくなることがあります。

商品・サービス自体の衰退

市場の変化や競合環境の激化によって、商品やサービスが衰退し需要が低下する場合、コンバージョン率が低下することがあります。

CVRを改善する施策

コンバージョンのハードルを下げる

ユーザーがコンバージョンまでのハードルを感じずにスムーズに行動できるようにすることが大切です。例えば、フォームの入力項目を減らす、不要な情報の削除、購入までの手順を簡略化するなどの施策を行うことで、ユーザーがコンバージョンまでのストレスを感じにくくなります。

ターゲット・キーワードの明確化

ターゲットユーザーを明確にし、それに合わせたキーワードの選定を行うことで、効果的なアプローチができます。例えば、年齢層や性別、興味関心などを考慮したターゲット設定を行い、それに合わせたキーワードを選定することで、より正確なターゲティングが可能となり、CVRの向上につながります。

ランディングページの改善

ユーザーがランディングページで必要な情報をスムーズに入手できるように、情報の整理やデザインの改善を行うことが重要です。また、コンバージョンに直結するボタンやフォームなどを目立たせ、アクションを促す工夫をすることも有効です。

導線・表示の改善

ユーザーが自然な流れでコンバージョンに至るように、サイト内の導線や表示の改善を行うことが大切です。例えば、サイト内のナビゲーションの改善や、ページ内の情報の配置やフォントサイズの調整などを行うことで、ユーザーが求める情報をスムーズに入手でき、コンバージョン率の向上につながります。

まとめ

CVRはWebサイトの成果を測る指標の一つであり、改善することでビジネスの成果を向上させることができます。CVRが低下する原因として、季節的な要因やサイトリニューアル、競合他社の存在、マッチタイプによる拡張、タグの設定ミス、商品・サービス自体の衰退などがあります。一方で、CVRを改善するためには、コンバージョンのハードルを下げる、ターゲット・キーワードの明確化、ランディングページの改善、導線・表示の改善などの施策を行うことが有効です。ビジネスの成果を向上させるためにも、CVRを意識して改善していくことが重要です。よくある質問

Q:CVRとは何ですか?

A:CVRとは、Webサイトや広告などで設定された目的(コンバージョン)を達成する割合のことです。具体的には、訪問者数に対して何人が目的を達成したかをパーセンテージで表したものです。

Q:CVRを計測するためにはどうすればよいですか?

A:CVRを計測するためには、設定した目的に到達した回数(コンバージョン数)とWebサイトや広告にアクセスした回数(セッション数)を比較して、コンバージョン率を算出します。具体的な計算式は、コンバージョン数÷セッション数×100です。

Q:CVRを改善するにはどうすればよいですか?

A:CVRを改善するためには、コンバージョンのハードルを下げる、ターゲット・キーワードの明確化、ランディングページの改善、導線・表示の改善などの施策を行うことが有効です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ