リスティング広告運用の効果を改善し、成果を出すための超基本ポイント

リスティング広告分析の全体像

リスティング広告の分析は、広告主が自社の商品やサービスをより効果的にアピールするために欠かせない作業です。リスティング広告の分析は、広告のクリック数、CTR、CPC、ROASなど、様々な指標を分析することによって行われます。以下に、分析のステップを記載します。

レポート作成

リスティング広告の分析結果をまとめて、レポートを作成することが重要です。レポートには、広告の成果や改善点などをわかりやすくまとめ、広告主に報告することが求められます。

分析→課題の抽出

リスティング広告の分析では、数多くのデータを扱うことがあります。そのため、データを正確に収集・分析し、広告の課題を明確に把握することが必要です。課題を特定することで、改善点を把握しやすくなります。

改善策の実施

リスティング広告の分析結果に基づき、改善策を立てて実施することが重要です。改善策には、キーワードの見直しや広告のコピー改善、ランディングページの改善などがあります。

結果確認と修正

改善策を実施した後は、その結果を確認し、必要に応じて修正することが必要です。また、改善策が効果的であったかどうかを確認することも重要です。リスティング広告の分析・改善を継続的に行い、広告のROIを最大化することが求められます。

リスティング広告の改善ポイント

リスティング広告の改善には、様々なポイントがあります。

インプレッション(Imp)が伸びない場合

インプレッションが伸びない場合は、以下の改善ポイントが考えられます。

キーワードを追加する

リスティング広告に使用しているキーワードが不十分である場合は、新たにキーワードを追加することが効果的です。ただし、追加するキーワードは、ターゲット層や商品・サービスの特性に合わせて選定する必要があります。

マッチタイプを変更する

キーワードのマッチタイプを変更することで、広告の表示を増やすことができます。マッチタイプには、完全一致、フレーズ一致、部分一致、広告表示の幅広い広告表示タイプなどがあります。

掲載順位を上げる

掲載順位を上げることで、広告の表示回数を増やすことができます。掲載順位を上げるためには、広告のクオリティスコアを上げることが必要です。クオリティスコアを上げるためには、キーワードや広告の品質を向上させることが重要です。また、広告の入札価格を上げることで、掲載順位を上げることもできます。

クリック率(CTR)が悪い

クリック率(CTR)が悪い場合は、以下の改善ポイントが考えられます。

広告文を改善する

広告文を改善することで、ユーザーの興味を引きやすくなり、クリック率を向上させることができます。具体的には、商品・サービスの魅力を強調したり、特典や割引などの付加価値をアピールすることが効果的です。また、CTA(コールトゥアクション)を明確にすることも重要です。

キーワード選定を見直す

広告が表示されるキーワードを見直すことで、より適切なターゲット層にアプローチでき、クリック率を向上させることができます。具体的には、キーワードのマッチタイプを正確に設定することや、検索ボリュームが多いキーワードを避けることなどが考えられます。また、競合他社が使用していないマイナーキーワードを積極的に使用することも有効です。

コンバージョン(CV)に繋がらない(=CVRが悪い)

コンバージョン(CV)に繋がらない場合は、以下の改善ポイントが考えられます。

広告文とランディングページの関連性を高める

広告文とランディングページの関連性を高めることで、ユーザーの興味を引きやすくなり、コンバージョン率(CVR)を向上させることができます。具体的には、広告文でアピールした商品やサービスと同様の内容がランディングページに記載されていることを確認し、ユーザーが期待する情報やコンテンツを提供することが重要です。

ランディングページを改善する

ランディングページを改善することで、ユーザーが求める情報や行動を促すことができ、コンバージョン率(CVR)を向上させることができます。具体的には、ランディングページのレイアウトやデザイン、コンテンツの質や量、CTA(コールトゥアクション)の明確化などが考えられます。また、A/Bテストなどを行い、最適なランディングページを導き出すことも有効です。

コストが予想以上にかかっている

コストが予想以上にかかっている場合は、以下の改善ポイントが考えられます。

入札単価を見直す

入札単価を見直すことで、クリック単価や広告掲載順位を調整し、コスト削減を図ることができます。具体的には、入札単価を上げた場合と下げた場合のCTRやCVRなどのデータを分析し、最適な入札単価を設定することが重要です。

キーワード選定の見直し

キーワード選定を見直すことで、不要なクリックを削減し、コスト削減を図ることができます。具体的には、キーワードのマッチタイプの見直しや、除外キーワードの追加などが考えられます。

予算を拡大する

予算を拡大することで、広告の露出やクリック数を増やし、コンバージョン数の向上を図ることができます。ただし、予算を拡大する際には、予算の配分やコンバージョンにつながりやすいキーワードに重点的に配分することが重要です。

まとめ

リスティング広告の改善には、様々なポイントがあります。インプレッションが伸びない場合、クリック率が悪い場合、コンバージョンに繋がらない場合、コストが予想以上にかかっている場合など、それぞれの状況に応じて改善対策が異なるため、主要な改善対応策を事前に把握しておきましょう。改善ポイントを適切に把握し、データ分析を行いながら改善策を実施することが重要です。

よくある質問

Q:リスティング広告とは何ですか?

A:リスティング広告とは、検索エンジンやSNSなどのウェブサイト上で、キーワードに関連した広告を表示し、ユーザーにアクセスを促す広告手法のことです。

Q:リスティング広告のメリットは何ですか?

A:リスティング広告のメリットは、効率的な広告宣伝、ターゲットユーザーへのアプローチ、リアルタイムな効果測定と改善、広告費の最適化などが挙げられます。

Q:リスティング広告の表示順位はどのように決まるのですか?

A:リスティング広告の表示順位は、広告の品質スコア、広告入札額、クリック率などが考慮された入札オークションによって決まります。

Q:リスティング広告のクリック単価(CPC)はどのように決まるのですか?

A:リスティング広告のクリック単価は、入札した金額や品質スコア、広告競合状況などによって決まります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ