コンバージョン率とは?その説明と改善(効果アップ)のポイント

コンバージョン率(CVR)とは何か?

コンバージョン率(CVR)とは、あるウェブサイトやデジタルマーケティングキャンペーンなどで設定された目標(コンバージョン)を達成したユーザー数を、そのウェブサイトやキャンペーンにアクセスしたユーザー数で割った割合のことを指します。つまり、CVRは目標達成率を表す指標であり、高いCVRは、設定した目標を達成するためのウェブサイトやキャンペーンの効果的な設計・実施を示すものとされます。CVRは、販売促進やマーケティングの分野でよく使われる指標の一つです。

CVR改善に効果的なポイント・手法

ターゲットが正しいかを再検討する

ターゲットの定義が不適切である場合、CVRが低下することがあります。そのため、ターゲットを再検討し、正しいターゲットに向けた訴求やメッセージを設計することが必要です。

CVまでの導線を設計し直す

ウェブサイト上の導線が複雑であったり、ユーザーにとって理解しにくい場合、CVRが低下することがあります。そのため、CVまでの導線を見直し、シンプルで分かりやすい設計に改善することが必要です。

ランディングページを最適化する(LPO施策を打つ)

ランディングページがユーザーにとって魅力的でなかったり、情報が不十分である場合、CVRが低下することがあります。そのため、ランディングページのデザインやコンテンツを最適化し、ユーザーにとって魅力的で情報量が十分なページに改善することが必要です。

申込フォームを最適化する(EFO施策を打つ)

申込フォームが長く、入力項目が多い場合、ユーザーは申し込みを諦めてしまうことがあります。そのため、申込フォームを最適化し、必要最低限の情報の提供に留めることが必要です。

CTAやCVポイントの出現回数を増やす

ユーザーに対して、CTA(Call To Action)やCVポイント(コンバージョンポイント)を提示する回数が少ない場合、CVRが低下することがあります。そのため、CTAやCVポイントの出現回数を増やすことで、ユーザーに訴求を強化することが必要です。

指名ワードの他社掲載を停止する

自社のウェブサイト上で指名ワードとなるキーワードを掲載し、他社のサイトに誘導する手法を用いる場合があります。しかし、多くのユーザーは自社のウェブサイトから離れることに不安を感じるため、コンバージョン率が低下します。そのため、指名ワードを掲載せず、他社に誘導する手法は控えるようにすることが必要です。

まとめ

CVR(コンバージョン率)は、ウェブサイト上のユーザーがコンバージョン地点に至るまでの割合を示す重要な指標です。CVRを上げるためには、正しいターゲットに向けた訴求やメッセージの設計、CVまでの導線の見直し、ランディングページや申込フォームの最適化、CTAやCVポイントの出現回数の増加などの施策が必要です。これらの施策を実施することで、ユーザーのコンバージョン率を上げ、ビジネスの成果に繋げることができます。

よくある質問

Q: CVRとは何ですか?

A: CVR(コンバージョン率)とは、ウェブサイト上のユーザーがコンバージョン地点に至るまでの割合を示す指標です。

Q: CVRを上げるためにはどうすれば良いですか?

A: CVRを上げるためには、正しいターゲットに向けた訴求やメッセージの設計、CVまでの導線の見直し、ランディングページや申込フォームの最適化、CTAやCVポイントの出現回数の増加などの施策が必要です。

Q: CVRが低下してしまった場合、どのように改善すれば良いですか?

A: CVRが低下してしまった場合、ターゲットや訴求、CVまでの導線、ランディングページや申込フォーム、CTAやCVポイントなどを再評価し、必要に応じて最適化することが必要です。また、A/Bテストを実施することで、最適な施策を導き出すことができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ