Google広告エディターとは?便利な機能についてご紹介

Google広告エディターとは

概要

Google広告エディターは、Google広告のキャンペーンや広告グループ、広告文やキーワード、URLなどを一括編集するためのツールです。Webブラウザではなくデスクトップアプリケーションとして提供されており、オフラインでの編集も可能です。

Google広告エディターの便利な機能とは?

キャンペーンや広告グループの修正

Google広告エディターでは、複数のキャンペーンや広告グループを一括で編集することができます。キャンペーン名や掲載期間、配信地域などの変更が可能です。

広告文・キーワード・URLの一括編集

Google広告エディターでは、複数の広告文、キーワード、URLを一括で編集することができます。同時に複数の広告を作成することも可能です。また、キーワードのマッチタイプを変更するなど、細かい設定も可能です。

クリック単価の上限変更

Google広告エディターでは、クリック単価の上限変更も簡単に行えます。一括で変更することができ、時間帯別や地域別などの詳細な設定も可能です。

アップロード前の下書き保存

Google広告エディターでは、アップロード前に編集した内容を下書き保存することができます。複数の広告グループやキャンペーンを一度に編集する場合、途中で保存して後から再開することができます。

複数のアカウント管理・編集

Google広告エディターでは、複数のGoogleアカウントを管理・編集することができます。アカウント切り替えも簡単で、一つのアプリケーションで複数のアカウントを管理できます。

オフライン環境での編集作業

Google広告エディターはデスクトップアプリケーションなので、オフラインでの編集も可能です。

まとめ

Google広告エディターは、Google広告のキャンペーンや広告グループ、広告文やキーワード、URLなどを一括で編集することができるツールです。複数のアカウントを管理することもでき、オフラインでの編集も可能です。効率的な広告管理を実現するために、広告運用担当者にとって非常に便利なツールといえます。

よくある質問

Q:Google広告エディターを使うためには、どのような環境が必要ですか?

A:Google広告エディターは、WindowsまたはMacOSXがインストールされたパソコンで利用することができます。最新版のブラウザとAdobeAIRランタイムが必要となります。

Q:Google広告エディターで一括編集を行った後、反映されるまでの時間はどのくらいですか?

A:一般的に、変更が反映されるまでの時間は1日以内です。ただし、変更内容によっては反映までに時間がかかる場合があります。

Q:Google広告エディターでの編集内容を元に戻す方法はありますか?

A:Google広告エディターでの編集内容は、編集前の状態に戻すことができます。エディター上部の「アンドゥ」ボタンをクリックすることで、直近の編集内容を1つずつ取り消すことができます。

Q:Google広告エディターで複数の広告グループを一括で削除する方法はありますか?

A:Google広告エディターで複数の広告グループを一括で削除するには、削除したい広告グループを選択して右クリックし、「削除」をクリックします。ただし、削除した広告グループは復元することができませんので、注意が必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/03】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ