リスティング広告の代行を依頼する前に必ず確認すべき事について解説

どれだけ広告費を掛けられるか確認する

目標獲得単価はLTVを加味して規模を取れるものになっているか

獲得単価(CAC)は、企業が新規顧客を獲得するために投資する費用です。しかし、単純にCACを下げるだけでは、企業の収益性は向上しない場合があります。なぜなら、LTV(顧客生涯価値)を考慮せずにCACを算出すると、長期的な視点での利益を見込めないからです。したがって、目標とする獲得単価は、LTVを加味し、企業の規模に合わせて適切な範囲内で設定する必要があります。具体的には、顧客の平均購入額やリピート率などを考慮し、長期的な顧客価値を評価することが大切です。

運用代行費を加味しても利益が出せるか

運用代行を外部に委託する場合、その費用は広告費と並んで企業にとっての負担になります。しかし、適切な運用代行によっては、企業が得る利益を増加させることができます。そのため、運用代行費を加味しても、広告費とのバランスを取りながら、利益が出るかどうかを検討することが重要です。運用代行費用は、外注先の実績や信頼性、契約期間、対応範囲などによって大きく異なります。運用代行を検討する場合は、その運用代行会社の実績や評判を調べ、契約前に適切な見積もりや契約内容を確認することが重要です。また、運用代行費用と広告費の合計額が、商品やサービスの利益を上回ってしまう場合は、その広告キャンペーンを見直す必要があるかもしれません。そのためにも、事前にROIや顧客生涯価値を計算し、利益が出る範囲内での広告費と運用代行費の配分を慎重に決定することが重要です。

リスティング広告は依頼をする必要があるかを確認する

自社で広告設定や運用の専門的なノウハウがあるかどうか

リスティング広告を自社で運用するためには、広告設定や運用の専門的なノウハウが必要です。これには、競合他社の分析やキーワード選定などが含まれます。もし自社にそのような専門的な知識や経験がない場合は、リスティング広告の運用代行会社に依頼することを検討することが重要です。

自社で運用するためのリソースがあるかどうか

自社でリスティング広告を運用する場合、適切なリソースを用意する必要があります。これには、広告運用に必要な時間や人員、費用などが含まれます。もし自社にそのようなリソースがない場合は、運用代行会社に依頼することで、リソースの負担を軽減することができます。ただし、依頼する場合も、信頼できる会社を選ぶことが重要です。

リスティング広告代理店の選び方

アカウントの開示はしてもらえるか

リスティング広告を運用するにあたっては、広告アカウントを開示してもらうことが必要です。アカウント情報を開示してもらうことで、広告の運用状況や成果を確認することができます。そのため、運用代行会社を選ぶ際には、アカウント開示に対応しているかどうかを確認することが大切です。

契約期間はどれくらいか

運用代行会社との契約期間も重要なポイントです。契約期間が短すぎると、広告キャンペーンの成果が出る前に契約が切れてしまう可能性があります。一方で、長すぎる契約期間は、万が一不満があった場合でも契約を解除しにくくなってしまいます。契約期間は、広告キャンペーンの予定期間や企業の方針に合わせて選ぶようにします。

最低予算額はいくらか

運用代行会社によって最低予算額は異なります。最低予算額が高すぎる場合は、企業にとって負担が大きくなってしまいます。一方で、最低予算額が低すぎる場合は、広告キャンペーンの成果が出にくくなる可能性があります。最低予算額は、自社の予算や広告キャンペーンの目的に合わせて選ぶようにします。

まとめ

リスティング広告は、効果的な集客手段として多くの企業に利用されています。しかし、広告設定や運用には専門的な知識やノウハウが必要であり、自社で行うことが難しい場合は、リスティング広告代理店の利用がおすすめです。代理店を選ぶ際には、アカウントの開示、契約期間、最低予算額、手数料などを確認して、自社のニーズに合った代理店を選ぶことが重要です。

よくある質問

Q: リスティング広告代理店に依頼するメリットは何ですか?

A: リスティング広告は、設定や運用に専門的な知識が必要です。自社で行う場合は、広告効果を最大化するために多大な労力が必要です。一方、リスティング広告代理店を利用することで、専門的なノウハウを持ったプロのチームが効率的に広告運用を行い、広告効果を最大化することができます。

Q: リスティング広告代理店の手数料はどのくらいですか?

A: リスティング広告代理店の手数料は、代理店によって異なります。一般的には、広告費の一定割合や固定額の手数料が発生します。契約前に手数料について確認しておくことが大切です。

Q: リスティング広告代理店の契約期間はどのくらいですか?

A: リスティング広告代理店の契約期間は、代理店によって異なります。一般的には、3ヶ月から1年程度の契約期間が一般的です。契約前に契約期間について確認しておくことが大切です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2023/11/29】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ3選

ページトップへ