【効果大】リスティング広告の費用相場と予算の決め方|ビジネスに最適な広告費の見積もり方法

リスティング広告の費用を決める仕組み

オークション制

リスティング広告はオークション制で、競合他社との入札によって広告の表示順位が決まります。広告主は自らの商品やサービスについて入札金額を決め、その金額が競合他社よりも高ければ高い順位で広告が表示されます。オークション制の利点は、広告主が獲得する成果に応じた適正な価格で広告を出せることです。

クリック課金制

リスティング広告はクリック課金制で、広告をクリックしたユーザーのみが課金対象となります。広告をクリックしても商品を購入しなかった場合でも、クリック単価が発生します。クリック単価は、競合他社との入札によって決定されます。クリック課金制の利点は、実際に広告をクリックしたユーザーに課金するため、無駄な広告費を抑えることができることです。

リスティング広告の費用相場はどれくらいなのか?

リスティング広告費用の相場

リスティング広告の費用相場は、業界やキーワードによって異なります。競合が激しい業界や高額商品の場合は、クリック単価が高くなる傾向があります。一方で、競合が少なく需要が少ない業界の場合は、クリック単価が低い傾向があります。広告主は自社の商品やサービスに対して適切な予算を設定する必要があります。

最低金額はないので獲得したいターゲット層や成果などの目標から予算額を決める

リスティング広告には最低金額が設定されていません。広告主は、自社の獲得したいターゲット層や目標に合わせて予算額を決める必要があります。目標とする成果に対してどの程度の予算が必要かを考え、それに応じて入札価格を調整することが重要です。

広告予算の目安を決める方法

目標CPA(顧客獲得単価)から決める

広告予算の目安を決める方法の1つは、目標CPAから算出することです。目標CPAとは、広告をクリックしたユーザー1人あたりにかける広告費用の目安です。例えば、商品の販売を目的とする場合は、商品1個を販売するためにかかる広告費用を目標CPAとして設定することができます。目標CPAから逆算して、必要なクリック数や広告費用を算出し、それに応じた広告予算を設定します。

CPC(クリック単価)から決める

広告予算の目安を決める方法の2つ目は、CPCから算出することです。CPCとは、広告をクリックした1回あたりの費用のことで、クリック課金制のリスティング広告では、CPCが競合他社との入札によって決定されます。CPCから必要なクリック数を算出し、それに応じた広告予算を設定することができます。

全体予算から決める

広告予算の目安を決める方法の3つ目は、全体予算から算出することです。全体予算を決め、それを商品やサービスごとに分配することで、各商品・サービスに対する広告予算を決めることができます。全体予算から広告予算を決める場合は、予算配分の優先順位を明確にすることが重要です。

まとめ

リスティング広告の費用を決める仕組みについて、オークション制とクリック課金制について説明しました。また、リスティング広告の費用相場や広告予算の目安を決める方法についても説明しました。広告主は自社の商品やサービスに合わせて適切な広告予算を設定し、成果を最大化するために戦略的にリスティング広告を活用することが重要です。

よくある質問

Q: リスティング広告のクリック単価はどのように決まるのでしょうか?

A: リスティング広告のクリック単価は、オークション制の場合は、広告主が入札額を設定し、競合他社との入札によって決まります。一方、クリック課金制の場合は、広告主が設定した予算に応じて、クリックされた回数に応じた金額が課金されます。

Q: リスティング広告の費用相場はどのくらいなのでしょうか?

A: リスティング広告の費用相場は、業種や商品・サービスによって異なります。一般的には、競合が激しい業界や商品・サービスほどクリック単価が高くなります。また、リスティング広告の表示位置によっても費用相場は変わってきます。

Q: 広告予算を設定する際に考慮すべきポイントはありますか?

A: 広告予算を設定する際に考慮すべきポイントは、商品・サービスの売上目標や、獲得したいターゲット層、競合他社との差別化戦略などがあります。また、予算配分の優先順位を決め、各商品・サービスに対する予算を設定することも重要です。

Q: 広告予算を上限まで使っても成果が出ない場合、どのように対策すればよいでしょうか?

A: 広告予算を上限まで使っても成果が出ない場合は、広告のクリエイティブやランディングページの改善、ターゲット層の見直し、キーワードの見直しなどを行うことが考えられます。また、広告の配信時間帯や配信地域の見直し、広告フォーマットの変更なども検討することが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ