アンケート作成の方法とは?作成方法と回答率アップのポイントを解説

アンケートの必要性

顧客との接点になる

アンケートは、企業とお客様との接点になるものです。アンケートは、お客様が製品やサービスに対して意見を述べたり、フィードバックをする機会を提供します。このようなフィードバックは、企業にとって非常に貴重であり、改善すべき点を特定するのに役立ちます。

サービス・商品の改善点を発見できる

調査を通じて、企業はお客様のニーズや好みをより深く理解できます。この情報は、製品、サービス、顧客体験の変更と改善に活用できます。例えば、ある製品のある部分に多くのお客様が不満を抱いていることが調査で明らかになった場合、企業はその問題に対処し、製品を改善するための措置を講じることができます。

アンケートの作成方法

目的・ターゲットを決める

アンケートを作成する前に、どのような情報を収集したいのか、また、誰から収集したいのかを決定することが重要です。これは、適切で効果的なアンケートを作成するのに役立ちます。

収集期間・アンケート方法を決める

目的と対象者が決まったら、いつ、どのようにデータを収集するかを決定する必要があります。例えば、オンライン調査、紙の調査票の送付、または直接のインタビューなどのアンケート方法を選択します。

質問数・質問形式を決める

質問の数と形式は、目的と対象者によって異なります。たとえば、自由形式の質問をするか、多肢選択式の質問をするかを選択します。

質問文を作成する

質問の数と形式が決まったら、次は実際の質問を作成します。質問を作成するときは、アンケートの目的と集めたい情報を念頭に置いてください。さらに、質問は明確、簡潔、かつ理解しやすいものにします。

回答率をアップさせるアンケート作りのポイント

謝礼やプレゼントなど回答者に見返りをつける

アンケートに回答してくれた人に報酬やプレゼントなどのインセンティブを提供することは、回答率を上げる効果的な方法です。これにより、参加者は時間をかけて質問に答えようとする意欲を持つことができます。

適切なターゲットに絞り込む

回答率をアップさせるためにアンケートを実施する対象者を適切に絞り込むようにしましょう。適切な対象者を選ぶことで、アンケートへの協力に本当に関心のある人から回答を得られる可能性が高くなります。

無記名形式にする

匿名にすることで、参加者はより安心して意見を述べることができ、回答率を高めることができます。自分の回答が自分とは関係ないと感じれば、正直に、かつ徹底的に回答する可能性が高くなります。

まとめ

アンケートは、企業や組織が顧客やターゲットから貴重な情報を収集するために、重要な役割を担っています。効果的なアンケートを作成するためには、目的と対象者の決定、収集期間と方法の決定、質問数と形式の決定、質問の作成が重要です。さらに、アンケートの回答率を上げるには、インセンティブを提供すること、適切なターゲットを設定すること、アンケートを匿名にすることなどが有効です。これらのステップとヒントに従うことで、正確で価値のあるデータを収集し、情報に基づいた意思決定や業務改善に役立てることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ