Yahoo!コンテンツディスカバリーの審査基準とは?審査落ちするポイントについて解説

Yahoo!コンテンツディスカバリーの審査基準とは

「ベース審査」と「エディトリアル審査」の違い

ベース審査とエディトリアル審査は、Yahoo!コンテンツディスカバリーにおいて、審査基準の2つの主要なカテゴリーです。ベース審査は、一般的なサイトの基準である「技術基準」、「法的基準」、「品質基準」を満たす必要があります。一方、エディトリアル審査は、コンテンツの質、オリジナリティ、読みやすさ、タイトル、画像などの評価を行います。

審査落ちする「ページ構成」

サイトトップページ等の目次の役割だけになっているようなページ

サイトのページ構成も重要なポイントとなります。しかし、サイトトップページなど、目次の役割だけを果たしているようなページは審査基準を満たせず、審査落ちのリスクが高くなります。ページ構成を見直し、コンテンツが十分に充実したページを作成することが重要です。

商品を列挙しているカタログのようなページ

単なる商品の列挙や宣伝的なページは評価されません。商品やサービスに関する情報を提供し、ユーザーが有益な情報を得られるようなページを作成することが求められます。商品ページでも、商品の特徴や利用シーンなどの情報を詳しく記載し、読者が納得して購入することができるように工夫する必要があります。

ユーザーのコンテンツ閲覧を妨げる広告などが存在するページ

ユーザーのコンテンツ閲覧を妨げる広告やポップアップなどが存在するページは評価されません。ユーザーがストレスを感じるような広告は避け、コンテンツとバランスの取れたデザインを心がける必要があります。また、広告が表示されていることを明示することも大切です。

コンテンツを閲覧するために会員登録やSNSでシェアなどが必要なページ

コンテンツを閲覧するために会員登録やSNSでシェアなどが必要なページは評価されません。ユーザーが簡単にコンテンツを閲覧できるよう、アクセス制限がかかっている場合は、アクセス制限の理由を明示する必要があります。また、シェアボタンがある場合は、ユーザーに強制的にシェアさせないよう注意が必要です。

審査落ちする「コンテンツ内容」

他人の権利を侵害する内容

著作権や商標権など、他人の権利を侵害する内容は避けるべきです。自分自身で作成したコンテンツについても、他人の著作物を引用する場合は出典を明示し、法律に違反しないように注意が必要です。

電子タバコや情報商材などの内容

電子タバコや情報商材などの法律に抵触する可能性のある商品やサービスについて、誇大広告や虚偽の情報を掲載することは避ける必要があります。

まとめ

Yahoo!コンテンツディスカバリーの審査基準(ページ構成、コンテンツ内容、UI/UXなど、様々な要素が評価対象となっています。)を把握して、適切なコンテンツ作成に取り組むことが審査を通過する上では大切です。

よくある質問

Q: 審査期間はどのくらいかかりますか?

A: 審査期間はページ数や内容によって異なりますが、通常数日から数週間程度かかります。

Q: 審査落ちした場合、再申請はできますか?

A: はい、再申請は可能です。ただし、再度同じ内容のページを提出しても審査が通るとは限りません。審査基準を再確認し、改善したページを提出しましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ