リターゲティングメールの始め方とそのポイントについて解説

リターゲティングメールが向いている条件

専任の担当者がいない、継続するリソースがない

リターゲティングメールは、継続的な施策が必要ですが、専任の担当者がいない場合でも、簡単に実施できます。自社の顧客リストを活用して、配信するメールの内容を設計することができます。また、自動化ツールを利用することで、継続的に効果的なメールを配信することができます。

どんな内容を配信したらいいのかわからない

リターゲティングメールの効果的な配信には、どんな内容を配信したらいいのかを理解することが必要です。まずは、ユーザーの行動に合わせたセグメンテーションを行い、それぞれに合わせたメッセージを配信します。また、商品やサービスの特徴を強調することで、再購入やアップセルを促すことができます。

成功事例から学ぶリターゲティングメールのはじめ方

目的を達成できる機能があるツールを選ぶ

リターゲティングメールを配信するにあたっては、目的を達成できる機能があるツールを選ぶことが重要です。例えば、配信するメールの自動化や、セグメンテーション機能などがあるツールを選ぶことで、より効果的なリターゲティングメールを配信することができます。

最初はコストや利用する機能を広げすぎない

リターゲティングメールをはじめる際には、最初はコストや利用する機能を広げすぎないことが大切です。まずは少ない機能で始め、リターゲティングメールの効果を検証しながら機能を拡大していくことが効果的です。

コンテンツ・タイミング・ターゲットに関連性を持たせる

リターゲティングメールを配信する際には、コンテンツ、タイミング、ターゲットに関連性を持たせることが重要です。過去にユーザーが閲覧した商品やページに関連するコンテンツを配信したり、季節やイベントに合わせたタイミングで配信したりすることで、ユーザーの興味を引き、効果的なリターゲティングメールを配信することができます。

活用するときに気をつけたいポイント

配信する時間帯を考慮する

リターゲティングメールを配信する際には、配信する時間帯を考慮することが重要です。例えば、深夜や早朝に配信すると、ユーザーから迷惑がられる可能性があります。適切な時間帯に配信することで、ユーザーにとってメリットのあるリターゲティングメールとして受け取られるようにします。

多くのメールを受け取るユーザーがでないように、配信設定には注意

リターゲティングメールを配信する際には、多くのメールを受け取るユーザーがでないように、配信設定に注意することが重要です。例えば、配信頻度を高く設定すると、ユーザーから迷惑がられる可能性があります。適切な配信頻度を設定し、ユーザーにとってメリットのあるリターゲティングメールとして受け取られるようにします。

ターゲティングしていることを強調しすぎない

リターゲティングメールを配信する際には、ターゲティングしていることを強調しすぎないように注意することが重要です。例えば、配信するメールの文面に「あなたが過去にサイトを訪れたため」という表現を多用すると、ユーザーから不快な印象を与えてしまう可能性があります。

リターゲティングメールのメリット

サイト運営を効率化できる

リターゲティングメールは、サイトでの閲覧履歴や行動に基づいて送信するため、ターゲットに合わせたアプローチが可能です。そのため、興味を持ったユーザーに対して的確な情報提供ができ、サイト運営を効率化することができます。

コンバージョン率がアップする

リターゲティングメールは、既に商品やサービスに関心を持ったユーザーに向けて送信することができるため、興味を持っているユーザーに対して訴求力のあるメッセージを送ることができます。その結果、コンバージョン率がアップすることが期待できます。

まとめ

リターゲティングメールは、サイトでの閲覧履歴や行動に基づいてターゲットに合わせたアプローチができるため、効率的にサイト運営を行い、コンバージョン率の向上にもつながります。配信時間や設定には注意し、ターゲティングに関しても適度なバランスを保つように心がけることが大切です。

よくある質問

Q: リターゲティングメールを送信するタイミングはいつが良いですか?

A: 一般的には、ユーザーがサイトを訪問してから数日〜数週間後が良いとされています。ただし、業界や商品によって最適なタイミングは異なるため、定期的に配信結果を分析し、改善することが大切です。

Q: リターゲティングメールを送信する際に気をつけるべきポイントはありますか?

A: 配信時間や設定には注意し、多くのメールを受け取るユーザーがでないように設定することが重要です。また、ターゲティングに関しては、適度なバランスを保ち、強調しすぎないようにします。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ