リスティング広告とは?運用のポイントについて解説

リスティング広告とは

概要

リスティング広告は、検索エンジンで、任意のキーワードを検索したユーザーに商品やサービスの広告を表示する広告形式のことです。リスティング広告を活用することで、ターゲット層に向けた効果的な広告を実現することができます。キーワードリサーチやターゲットとなるキーワードの設定、マッチタイプの選定などが重要な要素となります。

リスティング広告のメリット

低予算から実施ができる

リスティング広告は、低予算でも広告配信を行うことができます。入札単価や予算設定などを細かく調整することで、低予算でもターゲット層にアプローチすることができます。また、期間や時間帯などの設定も可能ですので、コスト効率の高い広告運用が可能です。

顕在層へアプローチができる

リスティング広告は、検索キーワードを使って広告を表示するため、商品やサービスを探しているユーザーに効果的にアプローチすることができます。つまり、既に商品やサービスに関心を持っている顕在層にアプローチすることができます。また、ターゲット層を絞り込むこともできるため、より高い成果を得ることができます。

費用対効果が高い

リスティング広告は、顕在層に対して配信がされるため、費用対効果が高い広告手法といえます。また、広告の効果をリアルタイムで確認することができるため、迅速な改善が可能です。広告運用にかかるコストやリスクを最小限に抑えながら、より効果的な広告運用ができます。

静止画や動画などのクリエイティブを用意しなくても始められる

リスティング広告は、テキストで構成された広告であるので、静止画や動画などのクリエイティブを用意しなくても広告運用を始めることができます。

リスティング広告の運用のポイント

指名キーワードから配信を行う

リスティング広告の運用においては、自社のキーワードやサービスのキーワードなどの所謂、指名キーワードを設定して配信することが重要です。指名キーワードを設定することで、自社のことを検索しているユーザーに広告が表示されるため、クリック率やコンバージョン率を上げることができます。

関係ない検索クエリを除外する

リスティング広告の運用では、広告が表示される検索クエリを除外することも重要です。関係のないキーワードに表示されることで、無駄なクリックを発生させてしまうため、クリック単価が高くなります。除外キーワードを設定することで、コストを抑えつつ、より適切なターゲット層にアプローチすることができます。

広告表示オプションを利用する

リスティング広告の運用においては、広告表示オプションを利用することも重要です。広告表示オプションを設定することでユーザーのクリック率が上がり、効率的に配信を行うことができます。

広告テキストのPDCAを回す

リスティング広告の運用では、広告テキストのPDCAサイクルを回すことが重要です。PDCAとは、「Plan(計画)、 Do(実行)、 Check(評価)、 Act(改善)」の頭文字であり、広告テキストの改善サイクルを意味します。テキストのクリック率やコンバージョン率を計測し、改善点を洗い出して実行することで、より効果的な広告運用ができるようになります。

まとめ

リスティング広告は、検索エンジンでのキーワード検索に対して、広告を配信することができる広告形式です。低予算から実施が可能で、顕在層へのアプローチができ、費用対効果も高く、静止画や動画などのクリエイティブを用意しなくても始めることができます。運用面においては、指名キーワードの設定や関係ない検索クエリの除外、広告表示オプションの利用、広告テキストのPDCAの回し方などがポイントとなります。正しい運用を行い、リスティング広告を最大限に活用しましょう。

よくある質問

Q:リスティング広告とは何ですか?

A:リスティング広告とは、検索エンジン上で任意のキーワードを検索したユーザーに、商品やサービスの広告を表示する広告形式です。

Q:リスティング広告はどのようなメリットがありますか?

A:リスティング広告は、低予算から実施ができ、ターゲット層へのアプローチが可能で、費用対効果も高いなどのメリットがあります。

Q:リスティング広告を運用する際のポイントはありますか?

A:リスティング広告の運用においては、指名キーワードの設定や関係ない検索クエリの除外、広告表示オプションの利用、広告テキストのPDCAの回し方などがポイントとなります。

Q:リスティング広告の費用はどのように決まるのですか?

A:リスティング広告の費用は、クリック課金制になっています。つまり、ユーザーが広告をクリックした場合にのみ費用が発生します。

Q:リスティング広告のクリック率を上げるにはどうしたらいいですか?

A:リスティング広告のクリック率を上げるには、指名キーワードの選定や広告テキストの改善などが有効です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ