動的リマーケティング(リマケ)とは?そのメリットと成果を出すポイントを解説

動的リマーケティングとは

動的リマーケティングとは、ユーザーがウェブサイトやアプリを訪問した際に、そのユーザーが興味を示した商品やサービスに関連する広告を表示する、ターゲット広告の手法の一つです。ユーザーが商品ページを訪れた際に、その商品に関連する広告を表示することができます。

動的リマーケティングと標準リマーケティングや静的リマーケティング、動的プロスペクティングとの違い

標準リマーケティングとは

標準リマーケティングとは、あるウェブサイトやアプリを訪問したことのあるユーザーに対して、過去に見たことのある広告を表示する広告配信の手法です。広告配信は、クッキーを使ってユーザーを識別し、そのユーザーが過去に訪問したページやコンテンツに基づいて広告を配信します。

静的リマーケティングとは

静的リマーケティング(Googleアナリティクス リマーケティング)では、Googleアナリティクスの計測データから最適なユーザー属性のユーザーリストを作成し、そのユーザーリストに基づいて広告を配信します。

動的プロスペクティングとは

動的プロスペクティングとは、過去に商品を購入したことのないユーザーに対して、興味を持ちそうな商品を紹介する広告配信の手法です。ユーザーの行動履歴や属性情報、興味関心などを分析し、それらに基づいて商品を推薦します。動的プロスペクティングは、新しい顧客(潜在的な顧客)を獲得するための効果的な手法とされています。

動的リマーケティングのメリット

広告サイズが自動で調整される

動的リマーケティングでは、ユーザーの閲覧環境に応じて広告のサイズが自動的に調整されます。これにより、ユーザーに最適な広告が表示され、クリック率やコンバージョン率の向上が期待できます。

レコメンドエンジンによる自動生成

動的リマーケティングでは、レコメンドエンジンを利用して、ユーザーの興味や関心に合わせた広告を自動生成することができます。これにより、広告のパーソナライズ化が実現し、ユーザーのニーズに応えることができます。

入札単価がリアルタイムで最適化される

動的リマーケティングでは、リアルタイムで入札単価が最適化されます。ユーザーの行動や属性、入札価格などを考慮して、最適な入札単価が自動的に決定されるため、広告の効果的な配信が可能となります。また、競合他社との入札合戦にも柔軟に対応することができます。

動的リマーケティングで成果を出すためのポイント

コンバージョンしたユーザーは省く

動的リマーケティングでは、すでに商品を購入したユーザーには広告を配信する必要がありません。そのため、コンバージョンしたユーザーを除外する設定をしっかりと行うことが重要です。これにより、広告のコストを削減し、より効果的な広告配信を実現できます。

ユーザーのモチベーション別で広告や入札額を変える

動的リマーケティング広告を配信するユーザーは、すでに商品に興味を持っている可能性が高いです。しかし、ユーザーのニーズやモチベーションは様々です。そのため、動的リマーケティングでは、ユーザーのニーズやモチベーションに合わせて広告内容や入札額を変更することが大切です。例えば、あるユーザーが特定の商品を詳しく調べている場合は、その商品の価格や在庫情報を表示する広告を配信することができます。

スマートフォンとPCはデバイス実績を確認する

動的リマーケティングでは、スマートフォンやPCなど、複数のデバイスからのアクセスが想定されます。そのため、デバイスごとの実績を確認し、最適な広告配信方法を見極めることが大切です。

まとめ

動的リマーケティングは、ユーザーがWebサイトを訪問した際に、そのユーザーの興味や行動履歴に基づいて、商品やサービスの広告を配信することができる広告手法です。静的リマーケティングに比べ、より個別に最適化された広告配信が可能であり、また、動的プロスペクティングと組み合わせることで、新規ユーザーの獲得にもつながります。

コンバージョン下ユーザーは省くなどのポイントを押さえながら動的リマーケティングをうまく活用することで、コンバージョン率の向上や効率的な広告運用を実現しましょう。

よくある質問

Q:動的リマーケティングの成果を出すためにはどのようなポイントに注意すべきですか?

A:動的リマーケティングの成果を出すためには、広告配信対象のユーザーをしっかりと設定し、コンバージョン済みのユーザーは省くようにしましょう。また、ユーザーのニーズやモチベーションに合わせて広告内容や入札額を変更することが重要です。デバイスごとの実績を確認し、最適な広告配信方法を見極めることも大切です。

Q:動的リマーケティングはどのようなメリットがありますか?

A:動的リマーケティングは、より個別最適化された広告配信が可能であり、また、レコメンドエンジンによる自動生成によって、広告制作にかかる手間やコストを削減することができます。広告サイズが自動で調整されるため、広告の見栄えが良くなり、効果的な広告運用が期待できます。さらに、入札単価がリアルタイムで最適化されるため、コンバージョン率の向上や効率的な広告運用が可能になります。

CTA画像
ネットショップの集客をまるっとサポートします。SNSや広告、SEOまで、全ての販売チャネルで対応可能です。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ