YouTube広告運用の基本と成果をだすためのコツまとめ

Youtube広告を戦略的に運用するステップ

Youtube広告を戦略的に運用するためには、以下のステップを踏むことが重要です。

広告審査基準を確認

Youtube広告を配信する前に、広告審査基準を確認しましょう。広告審査基準に違反する広告は配信されませんので、十分に把握しておく必要があります。

配信の目的・自社の商材の強み・ターゲット・訴求を整理

広告を配信する目的、自社の商材の強み、ターゲット、訴求を整理しましょう。配信する広告がどのような効果を持たせるのか、どのようなメッセージを伝えたいのか、明確にすることが大切です。

取り扱う商材がYoutube広告に向いているかを検討

取り扱う商材がYoutube広告に向いているか検討しましょう。商品やサービスの性質、需要、競合状況などを考慮して、Youtube広告を活用することが適しているかを判断しましょう。

商材にあった広告の種類・配信時期を選ぶ

商材にあった広告の種類や配信時期を選びましょう。例えば、商品の特徴や使い方をわかりやすく伝えるデモ広告、ターゲットの興味を引くストーリー仕立てのストーリー広告など、目的に合わせた広告を作成し、配信時期も効果的なタイミングを考慮しましょう。

効果的なクリエイティブを用意する

効果的なクリエイティブを用意しましょう。目的に合わせた広告内容、映像の長さ、音声、画像などを検討し、視聴者の心を掴むクリエイティブを作成しましょう。

動画テスト機能でテスト配信をしてみる

動画テスト機能を使って、テスト配信をしてみましょう。広告の反応や視聴率などを確認し、効果的な配信方法を見つけ出しましょう。

結果を分析し、運用改善を行う

配信した広告の結果を分析し、運用改善を行いましょう。視聴率やクリック率などのデータを基に、どの広告が効果的であったか、改善の余地がある広告はどのようなところが改善すべきかを把握しましょう。また、競合他社の広告やトレンドにも注意を払い、自社の広告をより効果的に運用するために改善点を洗い出しましょう。そして、改善点を元に改善策を考え、運用改善を行い、広告の効果を高めましょう。

Youtube広告の運用前に把握しておくべきポイント

ストーリー性の動画を意識する

Youtube広告では、ストーリー性のある動画を作成することが重要です。視聴者が興味を持ち、引き込まれるようなストーリーを作り、商品やサービスの魅力を伝えることが必要です。ただ商品やサービスの説明をするだけではなくストーリーを持たせることで、

消費者に共感や感情移入を促し、ブランドイメージを高めることができます。

目的にあわせたYoutube広告の種類を選ぶ

Youtube広告には、インストリーム広告、バンパー広告、ディスカバリー広告など様々な種類があります。それぞれの広告の特徴や配信形式を把握し、自社の目的やターゲットに合わせた広告の種類を選ぶことが重要です。

自動最適化をいかに早く行うかで成果が変わる

Youtube広告では、自動最適化を活用することで、効果的な配信を行うことができます。自動最適化は、配信された広告の結果を元に自動で広告の設定を最適化してくれる機能です。しかし、自動最適化には反映に時間がかかる場合があるため、できるだけ早く実施することが重要です。早めに自動最適化を行うことで、より効果的な広告配信を実現することができます。

Youtube広告で効果を高める広告設定

Youtube広告は基本的にインストリーム広告を使う

Youtube広告で最もよく使われるのは、インストリーム広告です。インストリーム広告は、ユーザーが動画を視聴している最中に広告を表示する形式で、広告の閲覧率が高く、効果的な広告配信が可能です。

広告配信の表示範囲はYoutubeのみがおすすめ

広告配信の表示範囲は、Youtubeのみに設定することをおすすめします。他のGoogle広告ネットワークにも広告が配信される場合、目的に合わないユーザーにも広告が表示されるため、広告のクリック率が低くなります。そのため、Youtube広告の配信範囲はYoutubeのみに設定し、ターゲットに合わせた広告配信を行うことが重要です。

広告タイトルは数字を含めて目立つように設定する

広告タイトルは、数字を含めて目立つように設定することが効果的です。具体的な数字やキャッチコピーを使って目立つ広告タイトルを作成することで、ユーザーの興味を引き、広告のクリック率を上げることができます。

コンバージョン設定はビュースルーコンバージョンを設定する

Youtube広告では、ビュースルーコンバージョンを設定することが重要です。ビュースルーコンバージョンとは、広告を視聴した後、一定期間内に自社サイトに訪問したユーザーをカウントする設定で、広告の効果測定ができます。この設定を行うことで、広告の成果やROIの確認がしやすくなり、広告運用の改善につながります。

成果が出るターゲティングのコツ

目的に合わせたターゲティングを実施する

Youtube広告で成果を出すためには、広告配信の目的に合わせたターゲティングを実施することが重要です。たとえば、新規顧客獲得を目的とする場合は、興味関心のある層や類似するターゲット層に広告を配信するなど、適切なターゲティングが必要です。

認知から獲得まで行う場合は、ターゲティングをフェーズ毎に分ける

認知から獲得までの段階に合わせて、ターゲティングをフェーズ毎に分けることも重要です。たとえば、認知フェーズでは、ブランド認知度の向上を目的として、興味関心のある層やブランドに興味を持ちそうな層に広告を配信することが効果的です。獲得フェーズでは、特定の商品やサービスに興味を持っている層に向けたターゲティングが必要となります。フェーズによって目的や配信を検討すると、より効果が現れる可能性があります。

リマーケティングを活用して成果に繋がりやすいユーザーに広告配信する

リマーケティングは、既に自社サイトを訪れたことのあるユーザーや、特定の商品やサービスに興味を持っているユーザーに対して、広告を配信することができる機能です。リマーケティングを活用することで、成果に繋がりやすいユーザーに対して効果的な広告配信を行うことができます。また、リマーケティングはコスト効率が良いため、広告予算の効率的な活用が期待できます。

Youtube広告の成果が出るクリエイティブを作るためのコツ

訴求を一つに絞った動画広告を作成する

訴求を一つに絞った動画広告を作成することが大切です。複数のメッセージを詰め込んだ広告は、視聴者に混乱を与える可能性があります。明確で簡潔なメッセージを伝えることで、視聴者の興味を引きつけ、成果につなげることができます。

クリック率上げるためにクリエイティブの最後にアクションを追加する

クリック率を上げるためには、クリエイティブの最後にアクションを追加することが効果的です。例えば、商品購入やお問い合わせなどの明確なアクションを促すことができます。

動画広告を複数配信し、検証を繰り返して最も効果の高い動画広告を見つける

さらに、動画広告を複数配信し、検証を繰り返して最も効果の高い動画広告を見つけることも大切です。異なるターゲット層や訴求ポイントに合わせた広告を作成し、それぞれの成果を比較することで、より効果的な広告を作成することができます。

毎秒の離脱率をチェックして動画をチューニングする

毎秒の離脱率をチェックして動画をチューニングすることも重要です。視聴者が広告を途中で離れる理由を分析し、必要に応じて動画を改善することで、視聴者の興味を引き続けることができます。

まとめ

今回は、YouTube広告を効果的に運用するためのポイントについて紹介しました。YouTube広告を運用する前に把握しておくべきポイントとして、ストーリー性のある動画を意識することや、目的に合わせた広告形式を選択することが重要です。目的に合わせたターゲティングやリマーケティングの活用、またクリエイティブについては訴求を一つに絞るといったコツを押さえておくことで、成果が出るマーケティング活動に繋がるでしょう。

よくある質問

Q: YouTube広告のターゲティングにおいて、どのような方法がありますか?

A: YouTube広告のターゲティング方法は、興味や行動、人口統計、場所など多岐にわたります。また、リマーケティングなど、過去に広告を見たことのあるユーザーに配信する方法もあります。

Q: YouTube広告の成果を評価する際に、どのような指標を見るべきですか?

A: YouTube広告の成果を評価する際には、クリック数や再生数、コンバージョン数、コンバージョン率などの指標を見ることが重要です。また、広告の配信先やターゲティング方法、クリエイティブなど、広告運用全般にわたって分析することが大切です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ