アメリカにおけるEC市場動向。最大手Amazonの動向を解説

アメリカのEC市場

米国におけるEC市場は、モバイル機器の普及と高速インターネットの普及を背景に、近年急成長しています。オンライン売上は小売業全体の売上を上回るペースで成長しており、この傾向は今後も続くと予想されます。

アメリカEC市場のトレンド

モバイルコマースの成長

Eコマース市場の大きなトレンドの1つは、モバイルコマースの成長です。スマートフォンやタブレット端末の普及に伴い、これらの端末を利用してオンラインショッピングを行う消費者が増えています。このため、モバイルでのショッピング体験の最適化が注目され、多くのEコマース企業がモバイルフレンドリーなウェブサイトやアプリの開発に投資しています。

SNSの活用

Eコマース市場のもう一つのトレンドは、ソーシャルメディアプラットフォームを商品売買の手段として活用するソーシャルコマースが台頭していることです。例えば、InstagramやPinterestなどのプラットフォームは、ユーザーがアプリから直接商品を購入できるショッピング機能を導入しています。

AI技術の活用

近年Eコマース市場では人工知能や機械学習の活用が進んでおり、企業はこれらの技術を利用してショッピング体験のパーソナライズや顧客エンゲージメントの向上を図っています。

最大手Amazonの動向

市場シェア38.7%

Amazonは、米国最大のEコマース企業です。最近の推定によると、Amazonは米国のEC市場の38.7%のシェアを占めています。この優位性は、豊富な品揃え、迅速で便利な配送オプション、ユーザーフレンドリーなウェブサイトとモバイルアプリなどの複合的な要因によってもたらされています。また、AmazonはEコマース事業以外にも、クラウドコンピューティング、デジタルメディア、広告など様々なサービスを提供しており、米国のテクノロジー産業における主要プレーヤーとしての地位をさらに確固たるものにしています。近年、他のEコマース企業の進出が著しい中、Amazonは米国のEコマース市場において圧倒的な存在感を示し続けており、そのシェアは今後も堅調に推移すると予想されます。

リアル店舗型営業

Amazonは、オンラインストアと実店舗の両方を運営しています。この実店舗は「リアル店舗」とも呼ばれ、お客様が商品を購入する前に見て、触って、試着できる、より伝統的なショッピング体験を提供します。Amazonの実店舗の最も有名な例として、電子書籍リーダーKindleやスマートスピーカーEchoなどのAmazonデバイスだけでなく、書籍のセレクションを提供するAmazon Booksがあります。また、コンピュータビジョンや機械学習などの高度な技術を駆使して、お客様にシームレスなショッピング体験を提供するコンビニエンスストア「Amazon Go」もその一例です。Amazonの実店舗網の拡大は、オンラインでも対面でも、お客様により便利で利用しやすいショッピングの選択肢を提供するという、より広範な戦略の一環です。Amazonのテクノロジーと物流能力を活用することで、オンラインと実店舗の両方の長所を組み合わせたユニークなショッピング体験を提供できます。

広告事業の拡大

Amazonは近年、広告事業を拡大し、世界最大級のデジタル広告プラットフォームとなっています。スポンサー付き商品広告、スポンサー付きブランド広告、ディスプレイ広告など、さまざまな広告ソリューションを提供しており、広告主は、商品を検索して購入を決定する何百万人ものAmazonのお客様にリーチすることが可能です。広告業界は進化を続けており、Amazonはこの分野で成長を続けるための好位置につけています。同社は、新しい広告技術やツールに投資するとともに、スマートスピーカーやコネクテッドTVなど、新しいデバイスやプラットフォームを含む広告ネットワークを拡張しています。

D2Cの活発化

米国のEC市場では、企業が中間業者を介さずに消費者に直接商品を販売するD2C(Direct toConsumer)ビジネスモデルが急成長しています。ここでは、この成長を牽引する主な要因をご紹介します。

Eコマースの成長

Eコマースの成長により、企業は従来の小売チャネルをバイパスし、中間業者を排除して消費者に直接アプローチする新たな機会が生まれました。これにより、D2C企業は顧客とより密接な関係を築き、よりパーソナライズされた体験を提供できるようになりました。

消費者の嗜好

消費者は、より便利でパーソナライズされたショッピング体験を求めるようになっており、D2C企業はこうしたニーズに応えることができる立場にあります。消費者に直接販売することで、D2C企業はより幅広い商品群、より柔軟な配送オプション、より良いカスタマーサービスを提供できます。

テクノロジーの進歩

テクノロジーの急速な発展により、企業が消費者に直接アプローチすることがより容易かつ費用対効果の高いものになりました。ソーシャルメディアやeコマース・プラットフォームからマーケティングや分析ツールに至るまで、テクノロジーはD2C企業がより効果的に顧客にアプローチし、関与するために必要なツールを提供しています。

小売の状況の変化

近年、Eコマースの台頭と従来の実店舗型小売の衰退により、小売の風景は大きく変化しています。このため、D2C企業は、より現代的で便利なショッピング体験を提供することで、市場シェアを獲得し、競争上の優位性を獲得する余地が生まれました。

まとめ

アメリカのEC市場はモバイル機器の普及と高速インターネットの普及を背景に、近年急成長しています。最大手のAmazonは店舗型営業・広告業拡大でさらに成長を遂げています。その他に企業が中間業者を介さずに消費者に直接商品を販売するD2Cビジネスモデルが急成長しています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/07/01】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|5選

ページトップへ