公職選挙法違反にならないためのSNS・ネット広告活用のポイント

インターネット広告を用いた選挙活動の実施可否

インターネット広告を用いた選挙活動の実施可否については、法律や規制によって異なります。一般的に、選挙においてはインターネット広告を使用することができますが、一定の制限が課せられています。例えば、特定の期間内にインターネット広告を配信することができる期間が決まっていたり、選挙期間中の広告費用については限度額が設定されていたりします。具体的な規制は国や地域によって異なりますので、選挙活動を行う際にはそれらの規制を確認する必要があります。ここでは、日本国内を対象にポイントを記します。

有料広告配信は政党のみ可能

一般的に有料広告配信は政党のみが可能です。政治運動、選挙活動に関わらず、立候補者個人による優良広告配信はできないこととなっています。

選挙運動時のインターネット広告掲載の注意点

公職選挙法およびガイドラインを遵守する

公職選挙法およびガイドラインを遵守することが重要です。選挙期間中にインターネット広告を掲載する場合、公職選挙法に基づき、広告費用の上限や開示などの規定に従う必要があります。また、政府のガイドラインに従って、広告に不適切な表現や虚偽の情報を含めないように注意する必要があります。

政党に無所属の候補者はインターネット広告の掲載ができない

上述していますが、政党に無所属の候補者は、選挙期間中にインターネット広告を掲載することができません。公職選挙法により、政党以外の候補者は広告掲載を行えないためです。

バナー広告に候補者個人を掲載した配信はできない

こちらも上記内容と一部重複しますが、バナー広告に候補者個人を掲載した配信はできません。公職選挙法により、候補者の顔写真や名前をバナー広告などに掲載することはできません。代わりに政党名や公約などを掲載することが許可されています。

選挙運動期間を遵守する

選挙運動期間を遵守することも重要です。選挙期間前や期間外に広告を掲載することはできません。また、選挙期間内でも、立候補者や政党の名前や公約を宣伝する広告以外の掲載は制限されています。選挙期間に関する詳細な規定は、公職選挙法や関連するガイドラインに明記されています。

選挙違反を犯した際の潜在的なリスク

選挙運動において公職選挙法を違反すると、重大な潜在的なリスクが存在します。これらのリスクは、選挙活動の妨げとなり、信頼性や評判に大きな影響を及ぼす可能性があります。

広告掲載の中止・アカウント凍結

Google AdsやFacebook Adsなどのプラットフォームは、違法な広告掲載を厳しく取り締まっています。選挙違反を行うと、広告が中止されたり、アカウントが凍結される可能性があります。

法的措置の受け遭う可能性

選挙法の違反は法的な問題となり得ます。競合他候補者や被害を受けた個人や団体からの訴訟や告発を受けるリスクも考慮すべきです。

信頼性と評判の損害

違反行為は信頼性を損ない、候補者や支持者に対する信頼が低下する可能性があります。これにより、選挙活動全体に悪影響を及ぼすことがあります。

選挙戦略の妨げ

違反行為が明るみに出ると、選挙戦略に混乱をきたす可能性があります。有効な広告戦略が実行されなかったり、時間と労力を法的対応に費やすことになるでしょう。

これらのリスクを回避するためには、選挙法を厳守し、適切な広告戦略を展開することが不可欠です。倫理的な選挙活動を行い、信頼性と透明性を確保することで、潜在的なリスクを最小限に抑えることが可能となるでしょう。

公職選挙法違反のSNSの罰則

この規定に違反して有料インターネット広告を掲載させた者は、2年以下の禁錮又は50万円以下の罰金に処することとされ(改正公職選挙法第243条第1項第3号の3)、選挙権及び被選挙権が停止されます(公職選挙法第252条第1項・第2項)

広告代理店が選挙運動案件を受注する際の注意点

広告代理店が選挙運動案件を受注する際には、以下の注意点に留意する必要があります。

政治に関する広告掲載を禁止する媒体

政治に関する広告掲載を禁止する媒体が存在します。広告代理店が受注する際には、掲載先の媒体が政治広告を受け付けているかどうかを事前に確認する必要があります。

選挙運動用費用の超過

選挙運動用の費用超過は、公職選挙法に違反することになります。広告代理店が受注する際には、選挙運動用費用の上限を考慮し、超過しないように注意する必要があります。

受注の際は買収罪に該当しないように注意する

受注の際には、買収罪に該当しないように注意する必要があります。広告代理店が政治家や政党から選挙運動案件の受注を受ける場合、金品やサービスなどの対価を提示されることがあるかもしれません。しかし、公職選挙法により、選挙運動用費用以外の対価を提供することは禁止されています。広告代理店が買収罪に該当しないよう、適切に対応する必要があります。

政治広告掲載可能な主要媒体と排除される媒体

政治広告掲載可能な主要媒体

テレビ広告

地上波やBS/CS放送局は政治広告のメジャーな掲載先です。特に選挙期間中は、候補者や政党の宣伝が頻繁に放映されます。

新聞広告

新聞は政治情報の発信において重要な役割を果たしており、全国紙から地域紙まで様々な媒体で政治広告が掲載されます。

ポスター・看板広告

選挙期間中、街中や公共施設に候補者のポスターや看板が掲示されることが一般的です。

ラジオ広告

地域ラジオ局やインターネットラジオを活用して、政治広告がオーディオメディアで展開されることもあります。

排除される媒体と掲載が制限されるケース

SNS非許可プラットフォーム

一部のSNSプラットフォームは政治広告の掲載を禁止しています。例えば、LINE adsなどが政治広告に制約を設けることがあります。

有料メール広告

個人宛の有料メール広告はスパム行為とみなされる場合があるため、政治広告の送信は制限されることがあります。

特定のテーマを含むサイト

特定の政治的なテーマを扱うウェブサイトやブログでは、政治広告の掲載が拒否されることがあります。

選挙期間外の掲載

選挙期間外には、一部の媒体が政治広告の掲載を制限する場合があります。

政治広告の掲載においては、各メディアのガイドラインをよく確認し、適切な場所で訴求力のある広告を展開することが重要です。公職選挙法の規制にも留意し、法令順守の姿勢を持ちながら、有権者に対して効果的なメッセージを届けることが求められます。

まとめ

以上をまとめると、選挙運動時のインターネット広告掲載には慎重さが求められます。公職選挙法やガイドラインを遵守し、広告費用の上限や内容の開示、虚偽の情報や不適切な表現を避けることが必要です。広告代理店が選挙運動案件を受注する際には、選挙に関する法律やルールについて正確に理解し、適切なアドバイスを行うことが不可欠です。

よくある質問

Q: 広告代理店が選挙運動案件を受注した場合、何か責任を負うことがあるのでしょうか?

A: 広告代理店が選挙運動案件を受注した場合には、公職選挙法やガイドラインを遵守する責任があります。例えば、政治に関する広告掲載を禁止する媒体に掲載した場合や、選挙運動の費用に超過があった場合は、広告代理店も責任を負うことがあります。

Q: インターネット広告を用いた選挙運動では、どのような種類の広告があるのでしょうか?

A: インターネット広告を用いた選挙運動には、テキスト広告やバナー広告、動画広告などがあります。また、SNS広告や検索エンジン広告なども利用されます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ