リスティング広告の入稿方法から入稿する際のポイントについて解説

リスティング広告の入稿するまでの流れ

入稿規定と審査基準を確認する

リスティング広告を出稿する前には、各プラットフォームの入稿規定と審査基準を確認することが重要です。例えば、Google Adsでは、広告のコピーが不適切であったり、ランディングページがユーザーに価値を提供しない場合には、広告が掲載されないことがあります。また、AmazonやRakutenでは、カテゴリーによっては規制が厳しく、商品の出品ができない場合もあります。

アカウント構造を知る

リスティング広告を出稿する前には、各プラットフォームのアカウント構造を知ることが重要です。例えば、Google Adsでは、広告キャンペーン内に広告グループを作成し、さらに広告グループ内に広告を作成する形式となっています。また、Facebook Adsでは、広告アカウント内にキャンペーンを作成し、キャンペーン内に広告セットを作成する形式となっています。各プラットフォームのアカウント構造を理解し、広告作成をスムーズに進めることができます。

Googleリスティング広告の入稿手順

アカウントを取得

Googleリスティング広告を利用するためには、Google Adsのアカウントを取得する必要があります。Google Adsにアカウントを持っていない場合は、まずGoogle Adsにアクセスし、新しいアカウントを作成してください。アカウント作成に必要な情報は、会社名や支払い方法などです。

キャンペーンを作成

Google Adsのアカウントを作成したら、次にキャンペーンを作成します。キャンペーンは、広告の配信に使用する広告グループ、キーワード、入札額などを設定するための枠組みです。キャンペーンの作成には、キャンペーンの目的、配信先、広告形式などを選択する必要があります。

キーワードを作成

キャンペーンを作成したら、次にキーワードを作成します。キーワードは、広告を表示するための検索キーワードです。Google Adsでは、広告が表示されるキーワードをリサーチし、広告に紐づける必要があります。また、キーワードに対して予算を設定することで、広告が表示される頻度を調整することができます。

広告の作成

キーワードを作成したら、広告を作成します。広告の作成には、タイトルや説明文、表示URL、リンク先URLなどを設定する必要があります。広告のタイトルや説明文には、特典や魅力を伝えることが大切です。また、広告のリンク先URLは、ユーザーが求める情報を提供するランディングページに設定することが重要です。

広告表示オプションの設定をおこなう

広告を作成したら、広告の表示オプションを設定します。表示オプションには、広告が表示される場所や時間帯などを設定することができます。また、デバイス別に広告を配信することも可能です。広告表示オプションの設定によって、広告の効果を最大化することができます。

予算の設定

最後に、広告配信にかかる予算を設定します。予算の設定には、日予算やキャンペーン全体の予算などがあります。日予算は、1日あたりにかかる広告配信費用の上限額を設定することができます。キャンペーン全体の予算は、キャンペーン期間中にかかる広告配信費用の上限額を設定することができます。予算を設定することで、コスト効率の良い広告配信を実現することができます。

エディターを使った入稿方法

エディターを入手する

エディターを使用するには、Google Ads Editor、Amazon Editor、Rakuten Editorなどの各プラットフォームからエディターをダウンロードする必要があります。エディターは各プラットフォームの公式サイトから無料でダウンロードすることができます。

エディターとアカウントを紐づける

エディターをダウンロードしたら、アカウントとエディターを紐づける必要があります。エディターを起動し、ログイン画面でアカウント情報を入力することで紐づけが完了します。アカウント情報が認証された後、エディターでアカウント内のデータを操作することができます。

エディターのなかにはアカウントデータをダウンロードする

エディターはオフラインで作業が可能なため、アカウントデータをダウンロードすることができます。ダウンロードしたデータはエディター内で操作することができ、編集が完了したらアカウントにアップロードすることができます。

入稿作業をおこなう

エディターを使用しての入稿作業は、各プラットフォームの指定フォーマットに従ってデータを作成する必要があります。必要な項目をすべて入力し、必要に応じて画像などの素材を添付することで、広告の完成です。

入稿データをアップロードする

入稿作業が完了したら、エディターを使用して入稿データをアカウントにアップロードします。アップロードしたデータは管理画面上で確認することができます。必要に応じて修正や削除を行い、最終的な入稿作業を完了します。

管理画面上で正しく反映されているかを確認する

アップロードが完了した後は、管理画面上で正しく反映されているかを確認してください。反映されていない場合は、入稿データの形式や内容に問題がある可能性があります。その場合は、エディター上での修正や再度のアップロードを行ってください。また、反映された場合でも、入稿データの内容に誤りがある場合は、必要に応じて修正を行います。

リスティング広告の入稿の注意点

出稿ができない業種がある

一部の業種はリスティング広告の出稿ができない場合があります。Google広告のポリシーやガイドラインに従い、自社の業種が出稿可能かどうか確認します。

アカウント構造はなるべくシンプルにする

リスティング広告のアカウント構造は、なるべくシンプルにすると効果的です。キャンペーンの目的や広告の配信先によって、複数のアカウントを作成することもありますが、複数のアカウントを管理することで混乱が生じる場合もあります。また、キャンペーンを管理するために、定期的にアカウント構造の見直しを行うことをおすすめします。

広告タグはWEBサイトに可能な限り設置する

リスティング広告を効果的に運用するためには、広告タグの設置が重要です。広告タグを設置することで、広告をクリックしたユーザーの行動データを収集し、広告の効果測定を行うことができます。可能な限り広告タグを設置し、適切な設定を行うことが大切です。

入稿作業後の設定確認、配信開始後の設定確認を必ずおこなう

リスティング広告の入稿作業後、配信開始前には必ず設定の確認を行いましょう。特に、広告の配信条件や入稿したキーワードの設定が正しいかどうかを確認することが重要です。また、配信開始後も設定の確認を定期的に行い、運用の最適化を行うことをおすすめします。

まとめ

リスティング広告は、GoogleやAmazon、Rakutenなどの検索エンジンやネットショップでの広告掲載ができる販促手段です。入稿手順はアカウント取得、キャンペーン作成、キーワード作成、広告作成、広告表示オプションの設定、予算の設定があります。また、エディターを使った入稿方法もありますが、注意点として、出稿ができない業種やアカウント構造のシンプル化、広告タグのWEBサイトへの設置、入稿作業後の設定確認、配信開始後の設定確認が必要です。

よくある質問

Q. リスティング広告はどのような広告ですか?

A. リスティング広告は、GoogleやAmazon、Rakutenなどの検索エンジンやネットショップでの広告掲載ができる販促手段です。

Q. リスティング広告の入稿手順を教えてください。

A. 入稿手順はアカウント取得、キャンペーン作成、キーワード作成、広告作成、広告表示オプションの設定、予算の設定があります。

Q. リスティング広告の注意点はありますか?

A. 出稿ができない業種やアカウント構造のシンプル化、広告タグのWEBサイトへの設置、入稿作業後の設定確認、配信開始後の設定確認が必要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ