スマートニュース広告とは?|仕組み・費用・コツが5分で分かる

概要

スマートニュースというメディアの特徴

スマートニュースは、様々なソースから記事を収集し、ユーザーの興味に応じた記事を配信するニュースアグリゲーションアプリです。このアプリは、機械学習アルゴリズムを用いて、各ユーザーにパーソナライズされたニュースフィードをキュレーションしています。スマートニュースがユーザーに人気のアプリである理由は、以下のような特徴があります。

ユーザーの利用頻度が高い

スマートニュースのユーザーは1日に何度もアプリをチェックするため、広告主にとっては、高い関心を持つ視聴者にメッセージを届けるための理想的なプラットフォームとなります。

ユーザー層が広い

スマートニュースは、年齢、性別、および興味の幅に渡る多様なユーザーベースを有しています。そのため、企業は広告キャンペーンで多くの多様な視聴者にリーチすることができます。

ユーザーの年収層が高い

高所得のユーザースマートニュースのユーザーは平均より高い所得水準にあり、富裕層をターゲットとするビジネスにとって魅力的なプラットフォームです。

スマートニュース広告の種類は【運用型】と【予約型】

運用型の特徴

運用型広告は、プログラマティック広告とも呼ばれ、自動化されたシステムを使ってリアルタイムに広告を購入し、表示する広告手法です。スマートニュースの運用型広告の特徴としては、以下のようなものがあります。

リアルタイム入札機能

リアルタイム入札広告主は、ターゲット層やキャンペーンの目的に応じて、広告のインプレッションをリアルタイムで入札することができます。

自動的なターゲティング

スマートニュースは、機械学習アルゴリズムを使用して、ユーザーの興味や行動に基づいて、最も関連性の高いユーザーに広告を自動的にターゲティングします。

費用対効果が高い

スマートニュースの運用型広告は、広告のインプレッション数に対してのみ支払いが発生するため、費用対効果が高いです。

予約型の特徴

予約広告は、企業がスマートニュースの広告枠や在庫を事前に買切る広告方法です。スマートニュースのリザーブド広告の特徴としては、以下のようなものがあります。

インプレッションの保証

広告枠を事前に予約することにより、広告のインプレッション数を保証することができます。

カスタムターゲティング

スマートニュースは、予約広告のために、興味、人口統計、地理的位置など、さまざまなターゲティングオプションを提供しています。

クリエイティブの柔軟性

ブランドに合わせて広告のデザインやフォーマットをカスタマイズできるため、予約広告ではよりクリエイティブなコントロールが可能です。

スマートニュース広告出稿に適するケース

ビジネスパーソンにリーチしたい

スマートニュースのユーザー層は多様で、平均より高い所得水準にあるため、富裕層をターゲットとするビジネスにとって魅力的なプラットフォームとなります。さらに、スマートニュースは、興味、場所、およびデバイスタイプに基づくターゲティングオプションを提供し、特定の視聴者に到達するために使用することができます。企業は、自社の製品やサービスを紹介する視覚に訴える広告を作成し、ニュースや情報源としてスマートニュースを利用するビジネスプロフェッショナルの目に留まるようにすることができます。

新規のユーザー層を開拓したい

ビジネスが新しいユーザー層に拡大したい場合、スマートニュースはより多くのユーザーにリーチするための強力なツールとなります。スマートニュースは、年齢、性別、興味を問わず幅広いユーザーを抱えており、新しい顧客にリーチしたいビジネスにとって理想的なプラットフォームです。また、スマートニュースは、機械学習アルゴリズムにより、各ユーザーにパーソナライズされたニュースフィードを作成し、企業が特定の興味や行動をターゲットにすることを可能にします。希望するユーザー層の興味に訴求するターゲット広告を作成することで、企業はブランドの認知度を高め、新規顧客獲得を促進することができます。

UGCを活用して、スマートニュース広告経由で集客するコツ

UGCとは

UGCとは、カスタマーレビュー、ソーシャルメディアへの投稿、ブログのコメントなど、ユーザーによって作成されたあらゆるコンテンツのことを指します。UGCは、ブランドの製品やサービスを社会的に証明し、認証するものであるため、価値があります。UGCを広告に活用することで、顧客とのエンゲージメントを高め、ブランド・ロイヤルティを構築する効果的な方法となります。

UGC活用で、記事LPから獲得LPへの遷移率が倍に

クリック率を高める方法として、記事のランディングページから獲得のランディングページにユーザーを誘導するためにUGCを使用する方法があります。記事のランディングページにUGCを掲載することで、企業はエンゲージメントを高め、潜在顧客との信頼関係を構築することができる。ユーザーがエンゲージメントを獲得すると、企業はユーザーを有料顧客に変換するための専用ランディングページに誘導することができます。

UGCを動的表示し、数値に基づいた改善を継続展開

UGCを動的に表示し、データに基づくインサイトを利用して継続的に改善することも、コンバージョンを向上させる方法の一つです。例えば、企業はA/Bテストを使用して、レビューやソーシャルメディアへの投稿など、異なるUGC形式のパフォーマンスを比較することができます。クリックスルー率やコンバージョンのデータを分析することで、企業はUGC戦略を最適化し、長期的にパフォーマンスを向上させることができます。

まとめ

スマートニュースの広告は、より多くの人々にリーチし、顧客基盤を拡大したいビジネスにとって、強力なツールであるということです。また、平均より高い所得水準を持つ多様なユーザーを抱えており、富裕層をターゲットとするビジネスにとって魅力的なプラットフォームとなっています。スマートニュースの広告は、新規顧客を獲得し、ビジネスの成長を促進するための貴重な機会を企業に提供します。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ