LINE公式アカウントで顧客リストを管理する方法

LINE公式アカウントの標準機能を利用した顧客管理

LINE公式アカウントは、ビジネスにおいて重要な顧客管理を行うための標準機能を備えています。以下に、そのメリットについて説明します。

メリット

無料で利用できる

標準機能は無料で利用することができます。初めてビジネスを始める場合や、予算が限られている場合でも気軽に始められるのが魅力です。

顧客ごとにタグを入力すれば、ターゲットを絞ってメッセージを配信できる

顧客ごとにタグを入力することで、ターゲットを絞ってメッセージを配信することができます。例えば、男性・女性や年代・地域など、特定の属性を持つ顧客に対してのみ、キャンペーンや特典情報を配信することが可能です。

ノート機能で顧客の特徴を簡易的にメモできる

顧客の特徴や備考事項などをノート機能でメモすることができます。この機能を上手に活用することで、顧客ごとの情報を整理し、より効果的なターゲティングを実現することができます。

デメリット

タグを手入力で行うために手間がかかる

まず、タグを手入力で行うために手間がかかることが挙げられます。タグを付与することで顧客ごとにグループ分けすることができますが、手動で入力する必要があるため時間がかかってしまう可能性があります。

管理ツールではないために使いにくい

そもそもLINE公式アカウントは本来メッセージ配信ツールであり、顧客管理ツールではありません。よって、顧客管理の観点で考えた時に、使いにくいと感じる部分があるかもしれません。その場合は、顧客の情報を管理するために、外部ツールとの併用を検討する必要があるかもしれません。

対応状況や顧客情報を把握しづらい

さらに、対応状況や顧客情報を把握しづらいという問題もあります。LINE公式アカウントでは、過去のメッセージを参照することはできますが、それ以外の情報を一元的に管理することが難しい場合があります。

LINE公式アカウントの標準機能を利用した顧客管理の始め方

LINE公式アカウントを利用した顧客管理の始め方について説明します。

友だちリストを表示する方法

まず、友だちリストを表示する方法ですが、LINE公式アカウントの管理画面にログインして、「友だち」タブをクリックすると、友だちリストが表示されます。ここで、友だちの情報やメッセージのやり取り履歴を確認することができます。

タグを使ってグループ分けする方法

次に、タグを使って友だちリストからグループ分けすることができます。友だちリストでグループ化したい友だちを選択し、「グループに追加」を選択することで、新しいグループが作成されます。グループ名を決めたら、そのグループにタグを付けることができます。タグは、管理画面の「タグ」タブから設定できます。タグを使ってグループ分けすることで、顧客ごとに情報を整理することができます。

CRMツールを使った顧客管理

メリット

上記では、LINE公式アカウントの標準機能を利用した顧客管理について紹介しましたが、CRMツールを使った顧客管理も存在します。CRMツールを使った顧客管理のメリットについて説明します。

友だちリストを全員表示することができる

1つ目のメリットは、友だちリストを全員表示することができる点です。CRMツールでは、LINE公式アカウントに登録された全ての友だちを一覧表示することができます。これにより、顧客リストを手軽に確認することができます。

自動で顧客管理ができる

次に、自動で顧客管理ができる点です。CRMツールを利用することで、顧客の情報を自動で収集することができます。たとえば、LINE公式アカウントと連携して利用する場合、メッセージのやり取り履歴や購入履歴などを自動で取得することができます。これにより、手動での顧客管理に比べて、時間や労力を削減することができます。

ID連携で高度な戦略が打ち出せる

最後に、ID連携で高度な戦略が打ち出せる点です。CRMツールでは、LINE公式アカウントと連携することで、顧客の属性や行動履歴などの情報を取得することができます。これにより、より細かいターゲティングを行い、高度なマーケティング戦略を打ち出すことができます。

デメリット

以下に、CRMツールを使った顧客管理のデメリットについて説明します。

コストがかかる

まず、基本コストがかかります。CRMツールは、専用のソフトウェアやサービスを利用することとなるため、導入には一定のコストがかかります。また、一部のCRMツールは、月額利用料が必要なものもあります。そのため、予算に余裕があるかどうかを慎重に検討する必要があります。

システム連携には専門知識やスキルが必要な場合がある

次に、CRMツールを利用する場合システム連携には専門知識やスキルが必要な場合があります。その際には、システム連携に必要なプログラミングや技術的な知識が必要となる場合があります。そのため、自社内でシステム連携ができる人材を確保できるかどうかも検討する必要があります。

CRMツールを使った顧客管理の始め方(CRMツールの選び方)

CRMツールを使った顧客管理を始める際には、以下のポイントを考慮して、適切なCRMツールを選択することが重要です。

目的を考える

まずは、自社の目的やニーズを考えましょう。CRMツールによっては、セールスやマーケティングなど、特定の目的に特化したものが存在します。自社の目的を明確化し、その目的に合った機能を持ったCRMツールを選ぶことが重要です。

スタッフが運用できるかを検討する

CRMツールを導入する際には、スタッフが運用することができるかを検討する必要があります。そのため、使いやすさや導入しやすさを事前に考慮することは、CRMツールを活用する上での重要なポイントです。

無料トライアルで効果を試してみる

CRMツールには、無料トライアルを提供しているものもあります。事前に試用してみることで、自社に合ったCRMツールかどうかを確認することができます。まずは、上記の通り自社の目的やニーズ、運用部分を事前検討したうえで無料トライアルを活用して、複数のCRMツールを比較検討しましょう。

同業他社の導入実績を参考にする

同業他社が導入しているCRMツールの実績を参考にすることも有効です。同業他社が導入しているCRMツールは、自社にも適している可能性が高いためです。また、導入実績を調べることで、CRMツールの導入や運用の際に気をつけるべき点を把握することができます。

まとめ

顧客管理は、ビジネスにおいて非常に重要なポイントの一つです。LINE公式アカウントを利用した顧客管理やCRMツールを使った顧客管理など、様々な方法があります。まずは自社の目的やニーズを十分に明確化したうえで、LINE公式アカウントの標準機能で物足りないようであれば、外部CRMツールの導入も検討してみましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ