動画広告の課金形態と、媒体選びのポイント

動画広告の単価について

動画広告は、オンライン広告の中でも特に注目を集めています。その中でも、動画広告の単価は、課金形態と媒体によって決まってくることが一般的です。

動画広告の単価は「課金形態」と「媒体」で決まる

課金形態としては、CPM、CPCV、CPCなどがあります。CPMは、広告が1,000回表示された場合の単価で、CPCVは、広告が完全に視聴された場合の単価、CPCは、クリック1回あたりの単価です。媒体によって課金形態が異なる場合もあるため、適切な課金形態を選択することが重要です。また、動画広告の配信先を選ぶ際には、効果的な広告配信のためのターゲティングや、広告効果を測定するための分析手法も併せて検討することが望ましいです。

動画広告の課金形態

CPV課金

CPV課金とは、広告が完全に視聴された場合に課金される課金形態です。視聴者が広告を完全に視聴した場合にのみ課金されるため、広告配信者側のリスクを抑えることができます。また、広告配信者は視聴率の高い動画コンテンツに広告を配信することで、より効果的な広告配信を行うことができます。

CPM課金

CPM課金とは、広告が1,000回表示された場合に課金される課金形態です。CPM課金は、表示回数が最大になるよう配信されるため、多くのユーザーの目に留まりやすいです。また、クリック数が期待できる広告であれば、単価が割安になるメリットもあります。

CPC課金

CPC課金とは、広告がクリックされた場合に課金される課金形態です。CPC課金は、広告がクリックされるまで課金されないため、クリック率の高い広告を配信することで効果的な広告配信を行うことができます。一方で、広告がクリックされない場合には収益が得られないため、広告配信者側のリスクが高くなることがあります。

媒体選びのポイント

動画広告を配信する際に重要なポイントの一つが、媒体の選択です。特に、YoutubeやSNSなどのプラットフォームを活用することが一般的であり、以下、YoutubeとSNSの違いと媒体選びのポイントについて説明します。

YoutubeとSNSの違いを理解する

YoutubeとSNSの違いを理解することが、媒体選びの第一歩となります。Youtubeは動画共有サイトであり、広告を配信することが主な目的となっています。一方で、SNSはコミュニケーションツールであり、広告を配信することは目的の一つではありますが、ユーザーのコミュニケーションを促進することが最も重要視されます。そのため、Youtubeは主に広告配信に特化したプラットフォームであるのに対し、SNSは広告配信に加えて、ユーザーとのコミュニケーションを通じたマーケティングにも適しています。

ポイントはユーザー層と広告ターゲットを一致させること

媒体選びのポイントとして重要なのが、ユーザー層と広告ターゲットを一致させることです。Youtubeのユーザーは主に若年層や男性が多く、音楽やゲーム、エンターテインメントなどのジャンルが人気です。一方で、SNSは幅広い年齢層や性別が利用しており、ファッションや美容、食品などのライフスタイルに関するジャンルが人気です。このように各プラットフォームの特性を理解し、広告ターゲットとユーザー層を一致させることで、広告配信の効果を高めることができます。

媒体別の特徴

動画広告を配信する際には、媒体の特徴を把握し、適切な媒体を選択することが重要です。以下では、代表的な媒体の特徴について説明します。

幅広いターゲット層にリーチしたいならYouTube

幅広いターゲット層にリーチしたい場合は、YouTubeがおすすめです。YouTubeは視聴時間が長く、若年層から中高年層まで幅広い層が利用しています。また、最近ではテレビと同じように、家庭の大画面テレビで視聴されることが多いため、映像を大きく見せることができ、インパクトのある広告を出すことができます。

低予算で費用対効果の高い広告を出したいならFacebook

低予算で費用対効果の高い広告を出したい場合は、Facebookがおすすめです。Facebookは利用者数が多く、広告配信に必要な予算が少なくて済むことが特徴です。また、広告配信のターゲット設定が細かく設定できるため、より的確にターゲット層にアプローチすることができます。年齢層だと、主に40〜50代のビジネスパーソン向け広告におすすめの媒体です。

ビジュアル面で訴求を強めたいならInstagram

ビジュアル面で訴求を強めたい場合は、Instagramがおすすめです。Instagramは、写真や動画を中心にコンテンツが構成されており、ビジュアルに優れたコンテンツを配信することができます。また、若年層を中心に人気があり、ファッションや美容、旅行などのジャンルが盛り上がっています。

ECサイトなどBtoC関連の訴求をしたいならLINE

ECサイトなどBtoC関連の訴求をしたい場合は、LINEがおすすめです。LINEは、日本国内で利用者数が多く、コミュニケーションアプリとしても広く利用されています。また、LINEアプリ内にショッピング機能があり、ECサイトなどの訴求に効果的です。

まとめ

今回は、動画広告における単価や媒体選びのポイント、媒体別の特徴について説明しました。動画広告の単価には、CPV、CPM、CPCといった課金形態があり、その選択は広告主の目的や予算に合わせて決めることが重要です。また媒体についても各媒体でそれぞれ特徴が異なるため、配信する広告の目的やターゲット層、予算などを考慮して、適切な媒体を選びましょう。

よくある質問

Q: 動画広告でどのくらいの予算が必要ですか?

A: 予算は広告の目的や課金形態、媒体選びによって異なります。一般的には、最低でも数万円程度の予算が必要となることが多いですが、より効果的な広告を出すためには、予算を増やすことが必要になる場合もあります。

Q: 動画広告の制作はどのようにすればよいですか?

A: 動画広告の制作には、プロの映像制作会社に依頼する方法や、自社で制作する方法があります。自社で制作する場合には、スマートフォンのカメラや無料の動画編集アプリなどを活用することができます。ただし、広告のクオリティやイメージによっては、プロの制作会社に依頼することが望ましい場合もあります

Q: 動画広告でどのようなターゲットを設定すればよいですか?

A: 広告の目的や媒体によって異なりますが、一般的には、年齢層、性別、地域、職業、趣味嗜好、行動履歴などの情報を活用して、ターゲットを設定することができます。また、過去の広告配信の成果や顧客情報などを活用して、より効果的なターゲット設定を行うこともできます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ