【即効性あり】Criteo広告戦略:導入から数日で驚く成果を実感

Criteo広告とは

概要

Criteo(クリテオ)広告とは、ディスプレイ広告型の動的リターゲティング広告です。

Criteo広告のメリット

多彩な配信面

Googleが提供するディスプレイネットワーク(GDN)には様々な媒体が配信可能となっておりますが、Yahoo!が提供するディスプレイネットワーク(YDA)にYahoo!以外で配信できるのはCriteoのみです。

バナーの自動生成

Criteo広告は、バナー広告の自動生成に優れています。Criteo広告は、広告主が提供した商品データを元に、自動的にバナー広告を生成することができます。また、Criteo広告は、膨大なデータを元に、最適なデザインのバナー広告を生成することができます。これにより、広告主は、バナー広告の制作にかかる時間とコストを削減することができます。

優秀な配信アルゴリズム

Criteo広告は、優秀な配信アルゴリズムが特徴です。Criteo広告は、ユーザーの行動履歴を分析し、そのユーザーに最適な広告を配信することができます。Criteo広告は、リアルタイムにデータを分析し、そのユーザーがどの商品に興味を持っているか、どの商品を購入したいと思っているかを把握することができます。そして、その情報を元に、最適な広告を配信することができます。これにより、広告主は、効果的に広告を配信することができ、ユーザーは、自分が興味を持っている商品に関する広告を受け取ることができます。

Criteo広告の導入方法

タグの設置

計測以外にも、ユーザーの行動に関する学習データを媒体に提供する必要があり、サイト上の各階層にタグの設置をする必要があります。

最低出稿金額

Criteoに出稿する場合、最低出稿金額は50万円の制限があります。

商品のデータリストの作成

Criteoにはバナーで表示される情報のもとになるデータフィードが必要です。データフィードとは商品ID、価格や商品画像などの情報をリスト化したものを準備する必要があります。

Criteo広告の活用方法

新規ユーザー向け配信

Criteo Traffic Generationというメニューは、まだサイトに来訪したことがない新規ユーザーに向けてサイト来訪を促すことを目的とした配信メニューです。

リターゲティング配信

Criteo Dynamic Retargetingというメニューは、サイト訪問済みの見込み顧客をターゲットにしたリターゲティング広告です。ユーザーが広告配信先のウェブサイトに来訪した際の閲覧情報をもとに広告を配信、再訪・獲得を促すメニューとなっています。

類似配信

Criteo Customer Acquisitionというメニューは、指定したオーディエンスと近しいユーザーに配信が出来、サイト未訪問の潜在層にアプローチできるメニューとなっています。

まとめ

Criteo広告は、ディスプレイ広告型の動的リターゲティング広告で、ユーザーの行動履歴を分析して最適な広告を配信することができます。優秀なアルゴリズムと多彩な配信面があり、ユーザーの獲得・来訪に向いている広告媒体となっています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ