LINE広告とは?そのメリットと広告の出稿方法を解説

LINE広告とは

概要

LINE広告とは、アクティブなLINEユーザーにリーチすることができるデジタルマーケティングツールです。LINEでは、ディスプレイ広告、スポンサードステッカー、動画広告など、さまざまな広告フォーマットが提供されています。ユーザーの興味関心、属性、位置情報、行動パターンに応じてターゲティングすることができ、キャンペーンの効果を最大限に高めることができます。

LINE広告のメリット

圧倒的なリーチ力

LINEは、日本国内だけでも8,400万人以上のアクティブユーザーを抱える巨大なユーザー基盤を持っています。この膨大なユーザー層は、企業の広告キャンペーンに大きなリーチ数をもたらします。

イニシャルコストがリーズナブル

LINEは、他のデジタル広告プラットフォームと比較して、比較的安価に広告を掲載することができます。低予算からスタートし、効果を見ながら徐々に費用を増やすことができます。そのため、スタートアップから大企業まで、あらゆる規模の企業がLINE広告にアクセスできます。

高いアクティブ率

LINEユーザーはアクティブ率が高いため、広告を目にする機会が多く、広告の効果を実感しやすくなります。LINEは、スポンサーステッカー、動画広告、ディスプレイ広告など、さまざまな広告フォーマットを提供しており、ターゲットユーザーに響く魅力的なコンテンツを作成することができます。また、ユーザーの興味・関心、属性、位置情報、行動などをもとにしたターゲティングが可能なため、適切なターゲットに広告を配信することができます。

LINE広告の出稿方法

LINEビジネスID作成(すでにあれば作成不要)

LINE広告のアカウントを作成するには、LINE Business IDを作成する必要があります。このIDを取得することで、LINEの広告プラットフォームにアクセスし、広告を管理することができます。

LINE公式アカウント作成(すでにあれば作成不要)

LINE Business IDを作成したら、LINE公式アカウントを作成します。このアカウントでは、ターゲットとなるユーザーとのチャットメッセージのやり取りや、ニュースや最新情報の共有が可能になります。

広告アカウント作成

LINE公式アカウントの作成が完了したら、広告用アカウントの作成を行います。このアカウントでは、広告キャンペーンの管理、予算やターゲティングの設定、成果のモニタリングなどを行うことができます。

広告の作成・設定

広告アカウントを作成したら、広告キャンペーンを作成します。広告を作成するには、ディスプレイ広告、スポンサーステッカー、ビデオ広告など、さまざまな広告フォーマットから選択できます。広告を作成したら、ターゲットオプションと予算を設定する必要があります。

審査

広告を公開する前に、LINEによる広告の審査と承認が必要です。このプロセスは通常数日かかりますが、広告が承認されると、広告の掲載を開始することができます。

出稿

広告が承認されると、キャンペーンの運用を開始することができます。広告のパフォーマンスを確認し、必要に応じて調整することで、最適な結果を得ることができます。

まとめ

LINE広告は、アクティブなLINEユーザーを多数獲得したい企業にとって、強力なツールです。本記事で紹介した手順を踏めば、効果的なLINE広告キャンペーンを作成し、LINE広告が提供するメリットを活用することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ