上級者が使うLINE公式アカウントの活用方法|必ず使いたい機能を合わせて解説

概要

LINE公式アカウントを開設する目的

近年、多くの企業や団体が、LINEの公式アカウントを利用して顧客やフォロワーにアプローチすることのメリットを実感し始めています。LINEの公式アカウントを開設することで、ブランドの認知度向上、製品やサービスのプロモーション、顧客サービスの提供、リードの創出など、さまざまな目的を達成することができ、LINEの機能を利用することで、企業はオーディエンスにパーソナライズされた体験を提供し、業務を効率化することもできます。

必ず使いたいLINE公式アカウント機能

クーポン

クーポンは顧客の購買意欲を刺激し、売上を伸ばすのに最適な方法です。LINEの公式アカウントでは、企業は簡単にクーポンを作成し、フォロワーに配信することができます、且つクーポンは、特定の商品やサービスの割引、購入時の無料プレゼントなど、企業のニーズや顧客の嗜好に合わせてカスタマイズすることも可能なので、集客に役に立つと考えられます。

チャット

チャットは、企業がリアルタイムで顧客とエンゲージするために使用できる、もう一つの強力なツールです。LINEの公式アカウントでは、企業がチャット機能を設定することで、顧客が企業のカスタマーサービスチームと直接コミュニケーションをとったり、質問をしたり、パーソナライズされた提案を受けたりすることができます。これにより、企業は顧客とより強い関係を築き、顧客満足度を向上させることができるのでしょう。

メッセージ

メッセージ機能は、企業が顧客に情報を提供し続けるために活用すべきものであり、フォロワーに最新情報やキャンペーン情報などのメッセージを送ることができます。また、フォロワーの好みや興味に応じてセグメントを分けることから、一人ひとりの顧客に合ったメッセージを送ることもできます。

LINE上級者が使う集客に役に立つ機能

AIチャットボットを活用して、問い合わせの対応時間を短縮

AIチャットボットの活用により、企業は対応時間を短縮し、顧客満足度を向上させることができます。チャットボットは、一般的な顧客からの問い合わせに対応し、パーソナライズされた推奨事項を提供するようにプログラムすることができ、顧客サービス担当者はより複雑な問い合わせに対応するために解放されます。

タイムライン投稿による拡散力向上

タイムライン投稿は、企業が潜在的な顧客に対するリーチと露出を増やすのに役立ちます。タイムラインに魅力的なコンテンツを投稿することで、企業は新しいフォロワーを獲得し、既存のフォロワーを維持することもできます。

リッチメッセージを活用

企業は画像、動画、ステッカーなどのリッチメッセージ機能を使うことで、フォロワーにとってより魅力的でパーソナライズされたコンテンツを作成することができ、特にリッチビデオメッセージは、短時間で大量の情報を伝えるのに効果的です。

カルーセル投稿で情報を集約して公開

カルーセル投稿は、情報を集約し、消化しやすいフォーマットで提示することで、フォロワーがコンテンツに関心を持つ可能性を高めることができます。

デジタルショップカード

デジタルショップカードを作成することで、企業が商品やサービスを視覚的にアピールしながら、お客様が簡単に購入できるようになることです。

アンケートも簡単に取れるリサーチ機能

リサーチ機能によるアンケート調査によって、企業が顧客の嗜好や行動に関する貴重な知見を得ることができます。

「友だち追加広告」を活用

「友達追加広告」を活用することで、企業の商品やサービスに興味を持つ潜在的な顧客をターゲットにすることができます。

LINE分析で数値を検証

LINEアナリティクスを使ってデータを分析することで、企業はパフォーマンスを把握し、メッセージングやエンゲージメント戦略の改善について、情報に基づいた意思決定をすることができます。

LINEチャットを上手く活用した成功事例

サントリー

サントリーはLINEで公式アカウントを開設し、ユーザーに対してプッシュ通知を送信することで、新商品の発売を告知し、ユーザーにキャンペーンへの参加を促し、新商品の認知度を高めることに成功しました。

ローソン

ローソンはLINEで公式アカウントを開設し、ユーザーに対してキャンペーン情報を配信しました。また、ユーザーがLINE上で特定のアクションを行うことで、ポイントを獲得できるキャンペーンを実施することで、ユーザーの参加を促し、ローソンの認知度を高めることに成功を収めました。

LINEタイムラインを上手く活用した成功事例

無印

無印は、LINEタイムライン上で「無印良品セール」を実施し、ユーザーに対してセール情報を配信し、セール対象商品の画像を掲載することで、ユーザーに商品の魅力をアピールすることに成功しました。このキャンペーンは、無印のフォロワー数を増やし、セール対象商品の売上も増加させることに成功しました。

日清

日清は、LINEタイムライン上で「カップヌードル25周年キャンペーン」を実施し、ユーザーに対してキャンペーン情報を配信しました。また、キャンペーン参加者には、カップヌードルのオリジナルグッズがもらえる特典を用意し、ユーザーの参加を促しました。このキャンペーンを通じて、日清のフォロワー数を増やすことができ、商品の認知度を高めることに大成功しました。

まとめ

LINEのプラットフォームには、企業が効果的に顧客を引き付け、維持し、エンゲージメントを高め、最終的に売上を向上させるために利用できる高度な機能がいくつか用意されているので、これらの機能を活用することで、企業はよりパーソナライズされた魅力的なコンテンツを作成し、顧客サービスプロセスを合理化し、顧客の嗜好や行動に関する貴重な洞察を収集することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ