LINEマーケティングツールとは?その特徴とツール比較のポイント

LINEマーケティングツールとは

LINEマーケティングツールは、LINE株式会社が提供するビジネス向けマーケティングツールです。LINEを利用しているユーザーに対して、ターゲットを絞ったメッセージ配信やLINE上でのアカウント運用、アンケート調査などが可能です。また、LINE Payを利用した決済サービスも提供されています。LINEを活用したマーケティング戦略を展開する際には、有用なツールの一つとなります。

LINEマーケティングツールの主な機能

広告やキャンペーンの配信

LINEマーケティングツールでは、ターゲットを絞った広告配信やキャンペーン配信が可能です。LINEユーザーに対して、タイムライン広告やメッセージ広告、スタンプショップ広告など様々な形式で広告配信ができます。また、キャンペーンを通じたユーザー参加型のマーケティング施策も行えます。

チャットボットを活用した自動応答

チャットボットを活用した自動応答機能があります。チャットボットによって、お問い合わせ対応や予約受付、商品紹介などの自動応答が可能です。また、チャットボットを使ったクーポン配信や、定型メッセージの自動配信なども行えます。

アンケート機能

アンケートを作成し、LINEユーザーに対して配信することができます。このアンケート結果を元に、商品開発やサービス改善などの施策に活用することができます。

顧客情報の管理

LINEユーザーの情報を管理し、ターゲットの絞り込みや、メッセージ配信先の選定に活用することができます。また、購入履歴やポイント残高などの情報も管理できます。

LINEマーケティングツールのメリット

新規見込み顧客へ幅広くアプローチ可能

LINEマーケティングツールを利用することで、LINEを利用している幅広い層の新規見込み顧客にアプローチすることができます。広告配信やキャンペーンなどの施策を通じて、新規見込み顧客の獲得につなげることができます。

顧客情報の取得・管理の強化

LINEマーケティングツールには顧客情報を取得・管理する機能があります。LINEを利用しているユーザーの情報を取得、管理することで、ターゲットを絞り込んだ施策を展開することができます。また、購入履歴やポイント残高などの情報も管理できるため、顧客とのコミュニケーションの質を高めることができます。

売上の自動化

LINEマーケティングツールには、自動応答機能や決済サービスがあります。自動応答機能によって、お問い合わせ対応や予約受付、商品紹介などの業務を自動化することができます。また、LINE Payを利用した決済サービスも提供されており、売上の自動化につなげることができます。

ノウハウがなくても効率的に施策を打てる

上述の通り、チャットボットを活用した自動応答機能やアンケート機能なども用意されているため、初めての方でも簡単に効率的な施策の展開が可能です。さらに、LINEのマーケティングに関するノウハウも公開されているため、初めての方でも手軽に始めることができます。

LINEマーケティングツールのデメリット

運用コストがかかる

LINEマーケティングツールを利用するには、サービスを提供しているツールを利用することになるため、一定の運用コストが必要です。定額で発生する利用費用だけでなく、チャットボットの開発や保守、顧客情報の管理などもコストがかかるため、事前に運用コストの見積もりを行う必要があります。

必ずマーケティング効果が得られるわけではない

LINEマーケティングツールを利用したからといって、必ずしもマーケティング効果が得られるわけではありません。例えば、ターゲットの設定が間違っていたり、施策の内容が顧客にとって魅力的でなかったりすると、効果が得られない場合があります。また、競合他社との差別化や、トレンドの追求なども必要であるため、マーケティング戦略の見直しが必要になる場合があります。

LINEマーケティングツール比較のポイント

セグメント配信の機能がついているか

LINEマーケティングツールを比較する際のポイントとして、セグメント配信の機能がついているかどうかを確認しましょう。顧客データを複数の要素で分類し、それに基づいてメッセージを送信することで、より効果的な配信が可能となります。

リッチメニューの自由度

LINEアカウントに表示するリッチメニューの自由度も、比較のポイントとなります。リッチメニューは、顧客がLINEアカウント内で簡単に行える操作を提供するもので、自由度が高いほど、顧客の利便性を向上させることができます。

顧客管理機能がついているか

顧客管理機能も有するマーケティングツールを選定することで顧客データを一元管理し、顧客の嗜好や属性などを分析することで、より効果的な施策を打つことができます。

データ収集の精度

マーケティングには顧客データの収集が重要となりますが、データ収集の精度が高いツールのほうが、より正確な分析ができるツールが選ばれることがあります。

料金

当然ながら料金も比較のポイントとなります。基本的な料金体系、またどの機能を利用するかによって料金が変わってくるため、自社のニーズを明確にしたうえで、コストパフォーマンスを考慮したツールを選ぶ必要があります。

まとめ

LINEマーケティングツールは、コストの発生や、必ずしもマーケティング効果が得られるわけではないことがデメリットとして挙げられますが、広告やキャンペーンの配信、チャットボットを活用した自動応答、アンケート機能、顧客情報の管理など、様々な機能を利用できるため、上手に利用することで効率的な自社のマーケティングを実現することが可能です。マーケティングツールの種類や各ツールのオプションも多岐にわたるため、自社のニーズに合わせて、適切なツールを選びましょう。

よくある質問

Q. LINEマーケティングツールはどのような企業に向いていますか?

A. LINEを積極的に活用している企業や、LINEを利用して新規見込み顧客にアプローチしたい企業に向いています。また、顧客情報の管理を強化したい企業や、売上の自動化を実現したい企業にも適しています。

Q. LINEマーケティングツールを導入するためにはどのような準備が必要ですか?

A. LINEマーケティングツールを導入するためには、LINE公式アカウントの開設が必要です。また、マーケティング施策のためのコンテンツやメッセージの作成が必要になる場合があります。

Q. LINEマーケティングツールの料金はどのくらいですか?

A. LINEマーケティングツールの料金は、提供するツールによって異なります。無料から有料のプランまであり、月額数千円から数十万円以上まで幅広く設定されています。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ