LINE公式アカウントステップ配信の特徴とその設定方法・配信のポイント

LINEのステップ配信とは

LINEのステップ配信とは、「ステップ配信」とは、あらかじめ設定した条件に一致したユーザーに対して、複数のメッセージを自動で配信できる機能のことです。ステップ配信は、自動配信で実施することができるため、定期的な情報提供が可能であり、顧客とのコミュニケーションにも役立ちます。

LINEステップ配信でできること

見込み顧客と定期的にコンタクトを取り関係を維持・向上できる

LINEステップ配信では、見込み顧客と定期的にコンタクトを取ることができます。これにより、見込み顧客との関係を維持し、商品やサービスの魅力を伝えることができます。また、顧客からの問い合わせや要望に迅速に対応することで、顧客満足度を高めることもできます。

1人ひとりに合わせたマーケティングの効率化できる

LINEステップ配信では、顧客の属性や行動履歴に基づいて、ターゲティング広告のように個別にメッセージを配信することができます。そのため、1人ひとりに合わせたマーケティングを効率的に実施することができます。これにより、顧客とのコミュニケーションをよりスムーズに進め、成果を最大化することができます。

LINEステップ配信のメリット

定期的なメッセージ配信を自動化できる

LINEステップ配信では、定期的なメッセージ配信を自動化することができます。これにより手間やコストをかけずに、顧客とのコミュニケーションを継続することができます。

LTV(Life Time Value: 顧客生涯価値)を最大化できる

定期的にメッセージを発信することで顧客との関係を継続的に構築することができます。そのため、LTV(顧客生涯価値)を最大化することができます。

LINEステップ配信の注意点

LINEステップ配信を行う際には、以下のような注意点があります。

配信されたメッセージは課金対象

LINEステップ配信は、配信されたメッセージに対して課金されます。また、LINE公式アカウントで配信できるメッセージ数は、利用プランごとに上限が決まっているため、 ステップ配信を続々と配信するとメッセージ数がプラン上限に達してしまいます。そのため、配信するメッセージ内容や配信頻度を慎重に検討し、効果的な配信を行うことが重要です。

友だちがアカウントをブロックすると配信停止される

LINEステップ配信では、友だちがアカウントをブロックすると配信停止されてしまいます。そのため、友だちとの関係を損なわないよう、配信内容や頻度を適切に調整する必要があります。

LINE公式アカウントでステップ配信を設定する方法

LINE公式アカウントでステップ配信を設定する手順は以下の通りです。

ステップ配信の設定画面を開く

LINE公式アカウントの管理画面のメニューから「ステップ配信」をクリックすると、ステップ配信の設定画面が開きます。そして、ステップ配信の設定画面の右上にある「作成」をクリックします。

メッセージの基本設定を入力する

管理用のタイトル、タイムゾーン、有効期間(どの期間に友だちになった人を対象にするのか)などを設定します。

開始条件を設定する

ステップ配信の開始条件を設定します。トリガーを友だち追加に設定した場合は、トリガーの種類や追加日、追加経路を選択して開始条件を設定します。

待ち時間を設定する

次のステップが実行されるまでの日数を設定します。設定した日数が経過すると、次のステップが開始されます。

分岐の条件を設定する

ユーザーの返信に応じて、分岐条件を設定できます。例えば、特定のキーワードが入力された場合には別のメッセージを配信する、といった設定ができます。

メッセージ配信の設定をする

最後に配信するメッセージを設定します。その後、テスト配信を行い、動作を確認したあと、メッセージを公開して配信を開始します。

効果的なLINEステップ配信を行うコツ

顧客の気持ちに寄り添ってシナリオを決める

顧客が求めている情報や興味のある分野に対応するシナリオを考えます。その際、顧客が不快に思わないように注意して、配信頻度や内容を選択します。

伝えたいことは繰り返し配信する

伝えたいことを繰り返し配信し、認知度を高めましょう。同じ内容でも、表現を変えたり、情報を追加することで相手を飽きさせないように配慮しましょう。

開封されやすいタイミングを狙って配信する

相手が開封しやすい時間帯や曜日を狙って配信します。その際は、相手の居住地域や業種を考慮して、それに応じた配信タイミングを考えます。

まとめ

LINE公式アカウントのメッセージは、メールに比べて到達率と開封率が高いので、より多くの顧客に情報を届けることができ、例えばクリック率やWebサイトへの誘導率のアップが期待できるでしょう。また、定期的なメッセージを自動配信することで、顧客との関係構築ができ、LTV(Life Time Value: 顧客生涯価値)の向上も図れます。ただし、配信内容や頻度には十分に注意する必要があります。ステップ配信の特徴を理解し、注意点や効果的な配信を行うコツをあらかじめ理解したうえで、効果的なマーケティングを実施しましょう。

よくある質問

Q:ステップ配信の開封率はどの程度ですか?

A:ステップ配信の開封率は、配信のタイミングや内容によって異なりますが、一般的にはメール配信に比べて高いとされています。

Q:ステップ配信はどのような企業・業種に向いていますか?

A:ステップ配信は、商品やサービスの提供があるあらゆる企業・業種に向いています。特に、顧客の興味関心を育成したいと考える企業には有効な配信方法です。

Q:ステップ配信でのメッセージの配信頻度はどの程度が適切ですか?

A:配信頻度は、企業や業種、配信する情報の内容によって異なります。ただし、短期的なキャンペーンの場合は頻度を高め、長期的な顧客育成の場合は週1回程度の頻度で配信することが一般的です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ