LINE公式アカウントのリッチメニューの活用方法と運用コツ

概要

LINEリッチメニューとは

LINEリッチメニューは、LINE公式アカウントにカスタマイズ可能なメニューを作成できる機能です。リッチメニューを利用することで、ユーザーに対してより魅力的でインタラクティブな体験を提供し、アカウントのナビゲーションを向上させることができます。

LINEリッチメニューを使用するメリット

LINEリッチメニューを使用する際のメリットはいくつかあります。以下にいくつかの主なメリットを挙げてみます。

高いクリック率により流入が多い

LINEリッチメニューは、通常のテキストメニューよりもクリックされやすい傾向があります。つまり、ユーザーが企業のアカウントに興味を持ち、さまざまな機能やコンテンツを探索する可能性が高くなるのです。

情報が伝わりやすい

LINEリッチメニューでは、アカウントの機能やコンテンツを明確なカテゴリーとサブカテゴリーに整理することができます。これにより、ユーザーは探しているものを見つけやすくなり、アカウントをより効率的にナビゲートできます。

無料で使用できる

他の多くのマーケティングツールや機能とは異なり、LINEリッチメニューは完全に無料で使用することができます。つまり、追加コストを発生させることなく、アカウントの機能性とユーザーエクスペリエンスを向上させることができるのです。

これらのメリットにより、LINEリッチメニューはLINE公式アカウントの運用やプロモーションにおいて、効果的なコミュニケーションツールとなり得ます。ただし、目的やターゲットユーザーに合わせて、適切なコンテンツを提供することが重要です。

LINEリッチメニューを使用するデメリット

LINEリッチメニューを使用する際のデメリットはいくつかあります。以下にいくつかの主なデメリットを挙げてみます。

複雑な設定

LINEリッチメニューは、複数のコンテンツを表示したり、リンクやアクションを設定したりすることができますが、それには複雑な設定が必要です。設定が間違っていると、メニューが正しく表示されなかったり、動作しなかったりすることがあります。

表示制限

LINEリッチメニューは、特定のデバイスやOS、バージョンによっては正しく表示されない場合があります。また、一部のユーザーが古いバージョンのLINEアプリを使用している場合、リッチメニューがサポートされていないこともあります。

ユーザーの不注意

LINEリッチメニューは、ユーザーがタップすることでリンク先やアクションを実行します。しかし、ユーザーが誤ってタップしたり、意図しない操作をしてしまうことがあります。これにより、ユーザーエクスペリエンスが低下する可能性があります。

限られたスペース

LINEリッチメニューは画面の上部に表示されるため、限られたスペースしか使用できません。多くのコンテンツを表示したい場合は、スペースの制約により情報をコンパクトにまとめる必要があります。

更新の手間

LINEリッチメニューに新しいコンテンツを追加したり、既存の内容を変更したりする際には、LINE公式アカウントの管理画面から手動で更新する必要があります。頻繁に更新が必要な場合、手間がかかる可能性があります。

LINEリッチメニューの活用方法

表示と非表示を切り替える

LINEリッチメニューでは、メニューの表示・非表示を簡単に切り替えることができます。特別なイベントやキャンペーンなど、期間限定でメニューを表示させたい場合に有効です。

クーポンをリッチメニューに反映する

LINEリッチメニューは、プロモーションのオファーや割引を紹介するのに最適なプラットフォームです。メニューにクーポンを含めることで、ユーザーのアカウントへの参加を促し、売上を増加させることができます。

店や商品への誘導に活用する

商品・サービスをアピールするリッチメニューは、企業のアカウントにある特定の商品やサービスにユーザーを誘導するためにも使用できます。商品の種類や提供するサービスなどのカテゴリー別にメニューを整理し、ユーザーが探しているものを簡単に見つけることができます。

リッチメニューの活用事例

ドミノ・ピザ

ドミノ・ピザは、LINEリッチメニューを使ってメニューを紹介し、デリバリーサービスに簡単にアクセスできるようにしています。メニューは、ピザの種類やサイドメニューなどのカテゴリー別に構成されており、ユーザーが探しているものを簡単に見つけることができるようになっています。また、ユーザーがオンラインで注文できるように、ウェブサイトへのリンクも掲載しています。

エアアジア

エアアジアは、LINEリッチメニューを使って、お客様によりインタラクティブで魅力的な体験を提供します。メニューには、フライト予約システム、プロモーション、旅のヒントへのリンクが含まれています。また、ユーザーがカスタマーサポートとすぐに連絡を取れるように、チャットボットの統合も含まれています。

無印良品

無印良品では、商品や店舗に関する情報を提供するためにLINEリッチメニューを使用しています。メニューには、オンラインストア、ストアロケーター、特別キャンペーンへのリンクが含まれています。また、ブランド価値や商品哲学をより深く知ってもらうために、ブログへのリンクも用意されています。

まとめ

LINEリッチメニューは、クリック率の向上、わかりやすく整理された情報、自由な利用、ユーザー体験の向上など、ユーザーにとっていくつかのメリットを提供します。リッチメニューを活用することで、企業アカウントを最適化し、より魅力的で効果的なユーザー体験を視聴者に提供することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ