YouTube広告の運用代行を依頼する前に確認すべきことについて解説

Youtube広告の運用代行に依頼できること

運用代行と依頼主が行う主な業務

YouTube広告の運用代行とは、主に以下の業務を行います。まず、広告の配信プランの立案や広告コンテンツの制作を行います。また、広告配信後の効果測定や改善施策の提案も行います。一方、依頼主は、自社の目的やターゲットに合った広告配信を行うために、情報提供や広告費用の支払いを行います。

運用代行へ広告配信を依頼する前に整理すべきこと

YouTubeチャンネル/広告で何を得たいかを把握する

YouTube広告の運用代行を依頼する前に、まず自社が何を得たいのかを把握することが重要です。例えば、新規顧客獲得や商品の販促、ブランド認知度の向上など、目的は多岐にわたります。そのため、目的に合わせた広告配信を行うためには、明確な目的設定が必要です。

チャンネル/広告の運用代行を依頼する費用を把握する

YouTube広告の運用代行を依頼する前に、必要な費用を把握することが重要です。運用代行会社によっては、プランや業務内容によって費用が異なるため、複数の会社から見積もりを取ることがおすすめです。また、広告配信費用以外にも運用代行費用がかかる場合があるため、事前に確認が必要です。

運用代行先の選定で押さえておきたいポイント

Google広告の公式Partner

Google広告の公式Partnerとして認定されている会社は、Googleが認めた優良な運用代行会社です。Googleが提供する広告プラットフォームの専門家として、最新の情報やノウハウを持っていることが期待できます。また、公式Partnerに認定されていることは信頼性が高く、安心して依頼できます。

公式サイトやブログでYouTube広告のコンテンツを公開している

運用代行会社の公式サイトやブログで、YouTube広告のコンテンツを積極的に公開している会社は、専門的な知識や経験があることが期待できます。YouTube広告の運用代行に必要な情報やノウハウを提供している場合、運用代行の品質が高いと考えられます。

動画広告を強みにしているフリーランス

動画広告を得意とするフリーランスの場合、専門性が高く、クオリティの高い広告作成が期待できます。また、少人数で構成されたフリーランスの場合、担当者との直接的なコミュニケーションが可能であるため、スムーズな運用が期待できます。

問い合わせ前に運用代行先に確認すべきこと

YouTube広告の運用実績があるか

運用代行会社に依頼する前に、YouTube広告の運用実績があるかどうかを確認しましょう。実績があるということは、適切な広告戦略を立てることができ、より効果的な広告運用が期待できます。運用実績がある場合は、実績例を確認してみることもおすすめです。

動画制作は可能か

YouTube広告を効果的に運用するためには、動画制作が必要です。運用代行会社が動画制作も行っているかどうかを確認しましょう。もし動画制作ができない場合、別途動画制作会社に依頼する必要があるため、コストがかかってしまいます。動画制作も行っている運用代行会社を選ぶことで、より効率的な広告運用が可能です。

最低契約期間はあるのか

運用代行会社によっては、最低契約期間を設けている場合があります。契約期間中に違約金が発生する場合もありますので、最低契約期間についても確認しておきましょう。また、最低契約期間中でも、途中で契約解除ができるかどうかも確認しておくと安心です。

まとめ

YouTube広告の運用代行は、広告運用を効果的に行うための重要な手段です。運用代行会社に依頼する前に、自社の目的や達成したい成果、具体的にどのような業務を代行してほしいかを整理し、運用代行先の選定には十分な時間をかけることが大切です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ