Googleビジネスプロフィール(旧称:Googleマイビジネス)の基本機能と活用方法について解説

Googleビジネスプロフィールとは

概要

Googleが提供する無料のサービスで、企業や店舗、ブランド、地元の事業者が、Googleの検索結果、マップ、Google+などのGoogleプラットフォームで自社情報を公開し、顧客とのコミュニケーションを促進することができるプロフィールページのことです。Googleビジネスプロフィールを作成することで、自社情報や営業時間、住所、電話番号、ウェブサイトなどを公開することができます。また、顧客からのレビューや評価を受け付けることもでき、その評価を反映した評価スコアが表示されます。

Googleビジネスプロフィールの基本機能

基本情報を登録できる

営業時間、住所、電話番号、ウェブサイトなどの基本情報を登録することで企業や店舗、ブランド、地元の事業者が、自社情報を公開することができます。これにより、顧客は自社情報を簡単に検索を行って、情報の正確性を確認することができます。

投稿機能が使用できる

店舗や企業の写真や動画を公開することができます。また、ブログやニュースなどのコンテンツも投稿できます。これにより、顧客に対してより魅力的な情報を提供し、コミュニケーションを深めることができます。

写真・動画を掲載できる

店舗や企業の写真や動画を掲載することができます。これにより、顧客に対して直感的に情報を提供することができ、商品やサービスの紹介にも役立ちます。

口コミ機能を使用できる

顧客からのレビューや評価を受けることができます。これにより、顧客が自社の商品やサービスに対してどのように感じているかを確認することができます。また、その評価を反映した評価スコアが表示され、信頼性の高い情報を提供することができます。

インサイト機能を活用できる

自社ページにアクセスした顧客数や、レビューの数、評価の平均値などを確認することができる機能です。また、アクセス数の増加傾向や、特定の時期にアクセス数が多かったなどの傾向を確認することができます。これらの情報をもとに、顧客とのコミュニケーション戦略を立てることができます。

商品・サービスの掲載ができる

商品やサービスの名前、価格、説明文、写真などを掲載することができます。これにより、顧客は自社の商品やサービスについて簡単に確認することができます。また、掲載した商品やサービスを直接予約することができる機能も備わっています。

Googleビジネスプロフィールを使うメリット

完全無料で登録・更新ができる

完全に無料で利用することができます。また、情報の登録や更新も簡単に行えます。情報をいつでも最新の状態に保つことができるため、顧客に正確な情報を提供し、信頼を築くことができます。

GoogleMapとの連携で流入が見込める

Googleビジネスプロフィールに登録した情報は、GoogleMapとも連携しています。つまり、地図上に自社の情報が表示され、店舗の場合は、アクセス方法や周辺の施設情報も表示されます。この機能を活用することで、地域の顧客にアピールし、集客につなげることができます。

Googleビジネスプロフィールを使うデメリット

情報の更新頻度が多くなる

Googleビジネスプロフィールを利用する場合、常に最新の情報を提供する必要があります。営業時間や定休日、住所や電話番号など、変更がある場合は迅速に更新する必要があります。また、企業や店舗が提供するサービスや商品の情報も、新しいものが登場した場合はすぐに追加する必要があります。

悪い評価・口コミがつく場合がある

Googleビジネスプロフィールには、顧客からの評価や口コミも掲載されます。これらの評価や口コミは、企業や店舗の信頼性や評判に大きな影響を与えます。もし悪い評価や口コミが多い場合、企業や店舗のイメージを損ねることになります。また、返信の方法や対処法についても、迅速かつ適切に行わなければいけません。

まとめ

Googleビジネスプロフィールとは、企業や店舗などが自社の情報を無料で登録・公開することができるGoogleのツールです。Googleビジネスプロフィールの基本的な機能には、基本情報の登録、投稿機能、写真・動画の掲載、口コミ機能、インサイト機能、商品・サービスの掲載などがあります。これらの機能を使うことで、顧客とのコミュニケーションや企業や店舗のプロモーションに活用することができます。また、Googleビジネスプロフィールの利用メリットには、完全無料で登録・更新ができること、検索結果の上位表示、GoogleMapとの連携による流入増加などがあります。一方で、Googleビジネスプロフィールの利用には、情報の更新頻度が多くなるデメリットがあります。また、顧客からの悪い評価や口コミがつく場合があるため、適切な対処が必要です。これらのデメリットにも注意しながら、Googleビジネスプロフィールを活用することが大切です。

CTA画像
ネットショップの集客をまるっとサポートします。SNSや広告、SEOまで、全ての販売チャネルで対応可能です。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ