【効果抜群】ジオターゲティング広告の活用方法を解説!ターゲット精度向上で効果的な広告展開

ジオターゲティング広告とは

概要

ジオターゲティング広告とは、インターネット上で表示される広告の中で、特定の地理的範囲にいるユーザーに対して、より効果的にアプローチするための技術です。つまり、ユーザーの現在地や過去の居住地、興味関心に基づいて、広告を表示する範囲を限定することができるため、よりターゲットとなるユーザーにアプローチできます。ジオターゲティング広告は、地図やGPS情報、IPアドレス、モバイル端末の位置情報、Wi-Fiアクセスポイントの情報などを利用して、ユーザーの位置情報を取得します。そして、その情報をもとに、ユーザーがアクセスしているWebサイトやアプリ内に表示される広告を、特定の地理的範囲にいるユーザーに限定して配信します。このようにジオターゲティング広告を活用することで、広告主は、より効果的なターゲティングを実現することができます。ただし、ジオターゲティング広告は、ユーザーのプライバシーに関する懸念もあります。そのため、広告主は、ユーザーの位置情報を収集する前に、十分な説明と許可を得る必要があります。また、位置情報に関する情報を厳重に管理し、不正利用や漏洩を防止する対策を取ることが重要です。

ジオターゲティング広告とエリア配信の違い

エリア指定の精度

エリア配信は、ある地域を広くカバーすることができる広告配信方法です。具体的には、都道府県、市区町村、地域、エリアといった範囲を指定することができます。一方で、ジオターゲティング広告は、より細かい範囲の指定が可能です。GPS情報やIPアドレスなどの情報をもとに、半径数十メートルから数キロメートル程度の範囲に広告を配信することができます。

ターゲティングの種類

エリア配信は、主に地域に基づいたターゲティングを行います。一方、ジオターゲティング広告は、位置情報に基づいたターゲティングを行います。さらに、興味関心や行動履歴に基づくターゲティングを組み合わせることで、より精度の高いターゲティングを実現することができます。

単価

エリア配信は、比較的広い範囲に広告を配信するため、単価が低い傾向があります。一方で、ジオターゲティング広告は、よりターゲットとなるユーザーにアプローチできるため、単価が高い傾向があります。

活用ケース

地域に限定せず、よりターゲットとなるユーザーにアプローチすることができます。位置情報を基に、広告を配信するため、広告の露出がターゲット層に集中します。例えば、特定のユーザー層に向けた新商品のPRや、訪日観光客向けの広告、競合他社の顧客を奪うための広告などが挙げられます。また、ユーザーの足取りから、興味や行動履歴に基づくターゲティングを組み合わせることで、より精度の高いターゲティングを実現することができます。

ジオターゲティング広告のメリット

エリアを指定した広告配信が可能

位置情報を取得することで、ユーザーの現在地や過去の行動履歴などを把握し、その情報をもとに広告を配信することができます。例えば、特定のエリアに住むユーザーに向けて、その地域にある店舗のセール情報を配信することができます。このように、広告配信範囲を限定することで、ターゲット層にアプローチしやすくなります。

ユーザーへの通知が可能

位置情報を利用することで、ユーザーが近くにいる店舗や施設の情報を通知することができます。例えば、ユーザーがあるエリアに入ると、そのエリアにあるお店からのクーポンや情報を通知することができます。これにより、ユーザーにとって魅力的な情報を提供することができ、広告の効果を高めることができます。

ユーザーの動向が計測できる

位置情報を取得することで、ユーザーがどのような場所を訪れ、どのような行動をとったかを把握することができます。この情報を活用することで、ユーザーの興味や関心を把握し、より精度の高いターゲティングが可能となります。

OtoO施策に効果的

ジオターゲティング広告は、OtoO施策の結果を測定することができるため、施策の改善にも役立ちます。例えば、特定の広告をクリックしたユーザーが店舗を訪れたかどうかを計測することで、広告の効果を評価することができます。また、店舗での購買行動をモニタリングすることで、施策の改善点を把握し、次の施策に反映することができます。

ジオターゲティング広告のデメリット

コンバージョンを目的とした広告ではない

ジオターゲティング広告は、位置情報を活用した広告配信を行うことができるため、ユーザーの興味関心に沿った広告を配信することができます。しかし、その反面、コンバージョンを目的とした広告としては、効果が限定的である場合があります。例えば、特定の商品の購入を促すような広告では、位置情報によるターゲティングが有効であるとは言えないです。そのため、コンバージョンを目的とした広告には、他の手段を併用することが求められます。

効果測定にはツールが必要

ジオターゲティング広告は、ターゲティングの精度が高く、広告配信の効果も期待できるものの、その効果を正確に測定するためには、適切なツールが必要となります。例えば、店舗への来店や購買行動をモニタリングするためには、専用のツールを使用する必要があります。そのため、広告主は、ジオターゲティング広告を活用する際には、それに応じたツールやシステムを整備する必要があると言えます。

ジオターゲティング広告を効果的に配信する方法

クリエイティブは複数パターンでテストする

ジオターゲティング広告を配信する場合、配信するクリエイティブを複数パターン用意してテストすることが有効です。例えば、コピーの変更や色彩の調整、画像の差し替えなどを行い、複数パターンのクリエイティブを用意してテストすることで、効果的な広告を作り上げることができます。

成果獲得の広告も並行して配信する

ジオターゲティング広告は、ブランド認知や告知などの目的に適した広告とされています。しかし、成果獲得につながる広告も並行して配信することで、より効果的なマーケティングができます。例えば、キャンペーンページへの誘導や購買促進など、成果獲得につながる広告を併用することで、より多角的なアプローチが可能となります。

定期的に分析して改善する

ジオターゲティング広告を配信する場合、配信結果を定期的に分析し、改善を行うことが有効です。例えば、配信した広告のクリック率やコンバージョン率などをモニタリングし、改善すべき点を洗い出して改善を行うことで、広告の効果を最大化することができます。

まとめ

ジオターゲティング広告とは、広告配信の対象となる地域を指定することで、よりターゲット層に向けた広告配信が可能になる仕組みです。一方、エリア配信とは、単純に広告の配信エリアを指定する方法で、ターゲット層に合わせた配信が難しい点があります。ジオターゲティング広告は、地域に特化した広告配信が必要な場合には非常に有効な手段です。ただし、配信効果を最大化するためには、効果測定や分析に時間をかけ、改善点を見つけ出していくことが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ