ECサイトでおすすめのデジタル広告の種類・メリットを紹介

デジタル広告とは

概要

デジタル広告とは、インターネットやスマートフォン、タブレットなどのデジタルメディアを利用して実施される広告のことを指します。主に、検索エンジン広告やディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告、動画広告、メールマガジン広告などが含まれます。デジタル広告は、広告主がターゲットとするユーザー層に効率的かつターゲット精度の高い広告を配信できることが特徴です。また、配信結果の計測や分析がしやすく、運用の最適化が行いやすいため、ROI(投資利益率)を高めることができるとされています。

ECサイトでデジタル広告を利用するメリット

費用対効果が高い

デジタル広告は、広告費用を抑えた上で、ターゲットとするユーザー層に的確にアプローチできるため、費用対効果が非常に高いとされています。また、配信結果の計測や分析がしやすく、運用の最適化が行いやすいため、より効果的な広告運用が可能です。

即効果を実感できる

デジタル広告は、広告配信後すぐに結果が出るため、即効果を実感することができます。例えば、検索エンジン広告やソーシャルメディア広告では、広告をクリックしてECサイトにアクセスしたユーザーが即座に商品を購入することもあります。

意思決定をしやすい

デジタル広告は、配信結果をリアルタイムで確認することができるため、運用の最適化や意思決定を迅速かつ的確に行うことができます。広告予算やターゲット層の変更など、迅速な対応が必要な場合にも、デジタル広告ならスピーディーに対応することができます。

ECサイトでおすすめのデジタル広告の種類

リスティング広告

概要

リスティング広告とは、検索エンジン上に表示される広告のことを指します。ユーザーが特定のキーワードで検索すると、関連する広告が表示されます。リスティング広告は、能動的に情報を探しているユーザーに表示されるため、上位表示されることができる広告は、ユーザーのクリック率が高くなります。そのため、高い効果を期待することができます。

媒体

主にGoogleやYahoo! JAPANなどの検索エンジンが媒体となります。

リターゲティング配信

概要

リターゲティング配信とは、既にECサイトを訪問したユーザーに対して、再度広告を配信することを指します。ユーザーに印象を与え、再度ECサイトにアクセスしてもらうことが狙いです。リターゲティング広告を配信することで、ユーザーに対する認知度が高まり、再度ECサイトにアクセスしてもらいやすくなります。

媒体

Google、Facebook、インスタグラムなど様々な媒体で利用可能です。

ショッピング広告

概要

ショッピング広告とは、商品情報や価格などを含む広告を、検索結果やECサイト内に表示することができます。ユーザーは、直接商品情報を確認することができ、商品を購入する可能性が高まります。ショッピング広告は、ECサイト内での表示や検索結果での表示が可能なため、ECサイトの販売促進に非常に効果的です。

媒体

主な媒体としては、Google ShoppingやYahoo!ショッピングなどが挙げられます。

まとめ

ECサイトでのデジタル広告には、費用対効果が高く、即効果を実感でき、意思決定がしやすいというメリットがあります。おすすめのデジタル広告の種類としては、リスティング広告、リターゲティング配信、ショッピング広告が挙げられます。リスティング広告は検索エンジン上での広告表示、リターゲティング配信は再度ECサイトにアクセスしてもらうことを狙った配信、ショッピング広告は商品情報を含んだ広告表示が可能であり、ECサイトの販売促進に効果的です。ECサイトを運営する際には、デジタル広告を積極的に活用し、より多くのユーザーにアクセスしてもらうことが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ