初心者向けガイド|LINE公式アカウントの管理画面の使用方法を解説

概要

LINE公式アカウントとは

LINE公式アカウントとは、LINE上で企業や団体がアカウントを作成し、LINEユーザーとのコミュニケーションを行うことができるサービスです。公式アカウントを無料で作成することで、ユーザーとのコミュニケーションやプロモーション、情報発信などが可能になり、LINEユーザーは公式アカウントを友だち登録することで、企業や団体からの情報受信やサービスの利用も可能になります。

LINE公式アカウントの管理画面「ホーム」にある機能・項目

LINE公式アカウントの管理画面「ホーム」には以下のような機能や項目があります。

  • メッセージ配信
  • メッセージアイテム
  • 応答メッセージ
  • ステップ配信
  • ツール
  • トークルーム管理
  • 友だちを増やす
  • データ管理

それぞれ詳しく説明します。

メッセージ配信

メッセージ配信機能は、ユーザーが自分のフォロワーや特定のユーザーグループに対してメッセージを送ることができる機能です。商品やサービスの宣伝、重要なお知らせの送信、フォロワーとの連絡の取り合いなどに便利です。

メッセージアイテム

メッセージアイテムは、あらかじめ用意されたメッセージのテンプレートで、カスタマイズして使用することで、フォロワーにメッセージを素早く作成し、送信することができます。商品のPRやイベントの告知、誕生日の挨拶など、さまざまな用途で活用できます。

応答メッセージ

応答メッセージは、ユーザーがアカウントとやり取りする際に送信される自動メッセージです。自動応答メッセージを通じて、役立つ情報の提供、よくある質問への回答、他のリソースへの誘導など、カスタマイズすることができます。

ステップ配信

ステップ配信は、特定の順序でユーザーに送信される一連のメッセージを作成できる機能です。この機能は、チュートリアルやステップバイステップのガイドなど、ユーザーにガイドされた体験を提供する場合に有効です。

ツール

管理画面ホームのツールセクションでは、アカウント管理やフォロワーとの交流に役立つ様々な便利ツールを提供しています。メッセージのスケジュール、友達リクエスト自動返信ツール、キーワード自動返信ツールなど、さまざまなツールが用意されています。

トークルーム管理

トークルーム管理機能により、企業はフォロワーとの会話を管理することができます。フォロワーからのメッセージの閲覧や返信はもちろん、利用規約に違反するユーザーのブロックや報告も可能です。

友だちを増やす

友だちを増やす機能は、フォロワー数を増やすためのヒントやツールをユーザーに提供するものです。この機能には、自分のアカウントを他の人と共有すること、魅力的なコンテンツを作成すること、より多くの人に届けるためにハッシュタグを使用することなどの推奨事項が含まれています。

データ管理

データ管理機能では、アカウントやフォロワーに関するインサイトやアナリティクスをユーザーに提供します。フォロワーの属性、エンゲージメント率、メッセージのパフォーマンスなどのデータを閲覧することができ、アカウントの最適化やアウトリーチ活動の改善に役立てることができます。

LINE公式アカウントの管理画面「プロフィール」にある機能・項目

LINE公式アカウントの管理画面「プロフィール」には以下のような機能や項目があります。

  • アカウント設定
  • 権限管理
  • 応答設定
  • MessagingAPI
  • 登録情報
  • 利用と請求
  • 連携サービス

それぞれ詳しく説明します。

アカウント設定

アカウント設定機能では、表示名、プロフィール画像、ステータスメッセージなど、アカウントの基本情報を管理することができます。また、パスワードやメールアドレスの変更もアカウント設定から行います。

権限管理

権限管理機能により、企業は自分のアカウントに誰がアクセスし、どんなアクションができるかをコントロールすることができます。企業は、フォロワーに対して、プロフィールの閲覧やメッセージの送信など、さまざまなレベルの権限を割り当てることができます。

応答設定

応答設定機能は、ユーザーが自分のアカウントとやりとりする際に送信される自動応答メッセージをカスタマイズできる機能です。ユーザーは、自分が不在のときや特定のキーワードを受け取ったときなど、さまざまなシーンに応じたカスタムメッセージを作成することができます。

MessagingAPI

MessagingAPIは、企業が自社のアプリやサービスをLINEのメッセージングプラットフォームに接続できるようにするツールです。この機能により、企業はユーザーに代わって対話できるカスタムチャットボットやその他の自動化サービスを作成することができます。

登録情報

登録情報では、LINE IDやサービス登録日など、アカウントに関する重要な情報が表示されます。また、ユーザーのQRコードも表示され、これを利用して新しい友人を追加することができます。

利用と請求

利用・課金セクションでは、利用データおよび課金情報を確認することができます。利用履歴や、現在の料金プラン、支払い情報などを確認することができます。

連携サービス

連携サービス機能とは、LINEのアカウントをFacebookやTwitterなどの他サービスと連携させることができる機能です。この機能により、ユーザーはLINEのアクティビティを他のプラットフォームで共有したり、逆に他のプラットフォームで共有したりすることができます。

LINE公式アカウントの管理画面「タイムライン」にある機能・項目

LINE公式アカウントの管理画面「タイムライン」には以下のような機能や項目があります。

  • 投稿リスト・投稿を作成
  • 宣伝
  • 収益化

それぞれ詳しく説明します。

投稿リスト・投稿を作成

「タイムライン」の「投稿リスト」機能では、既存の投稿を編集・削除するなど管理することができます。また、企業は「投稿を作成」ボタンをクリックすることで、テキスト、写真、ビデオ投稿など、作成したい投稿の種類を選択し、新しい投稿を作成することができます。また、投稿予定を設定し、後日公開することも可能です。

宣伝

「宣伝」機能は、企業が投稿をより多くの人に宣伝することで、投稿の認知度を高めることができる機能です。場所、興味、属性など、さまざまな条件に基づいてターゲットオーディエンスを選択することができます。また、プロモーションキャンペーンの予算を設定し、提供される分析機能を使用してそのパフォーマンスを観察することができます。

収益化

「収益化」機能は、企業が自分のコンテンツから収益を得ることで、LINEアカウントをマネタイズすることができる機能です。企業やブランドは、ステッカーやテーマなどのデジタルコンテンツを販売できるプラットフォーム「LINE Creators Market」に応募することができます。また、自分の投稿で他の商品やサービスを紹介することで報酬を得ることができる「LINEアフィリエイト」にも参加することができます。

その他の機能・項目

通知

「通知」機能では、新着メッセージや友だち申請、投稿へのコメントなど、アカウントに関連するさまざまなアクティビティをリアルタイムで通知することができます。企業は好みに応じて通知設定をカスタマイズできるほか、メールやモバイル端末のプッシュ通知で通知を受け取ることもできます。

分析

「分析」機能では、フォロワー数、いいね!数、投稿へのコメント数など、アカウントのパフォーマンスに関するインサイトとアナリティクスを企業に提供します。また、プロモーションキャンペーンのパフォーマンスを追跡したり、オーディエンスのデモグラフィックや興味といった行動を分析することもできます。これらのデータを分析することで、コンテンツと戦略を最適化し、アカウントのエンゲージメントと成長を向上させることができます。

まとめ

初心者の方にとって、LINE公式アカウントの管理は敷居が高いものです。しかし、管理画面では、ユーザーが効率的にアカウントを管理できるよう、さまざまなツールや機能が用意されています。メッセージ配信、応答メッセージ、データ管理から、アカウントを収益化するまでができます。アカウントを最適化し、フォロワーとのエンゲージメントを向上させましょう。

よくある質問

Q:LINE公式アカウントの管理画面とは何ですか?

A:LINE公式アカウントの管理画面とは、WEBベースのプラットフォームで、企業が自分のLINE公式アカウントを管理することができる画面です。

Q:LINE公式アカウントの管理画面ではどのような機能が利用できますか?

A:メッセージ配信、応答メッセージ、データ管理など、さまざまな機能が提供されています。

Q:LINE公式アカウントの管理画面はどのようにアクセスできますか?

A:LINE公式アカウントの管理画面は、LINE公式アカウントのオーナーがログインしてアクセスすることができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ