リマインドメールとは?!集客効果を最大限に引き出す活用方法を解説

リマインドメールとは

概要

リマインドメールは、行動を起こしたり、何か重要なことを思い出したりするよう促すメッセージです。リマインドメールは通常、仕事や組織的な場面で、タスクやイベントを見落としたり忘れたりしないようにするために使用されます。他にもメールマーケティングの種類とそのメリットを紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

リマインドメールの活用事例

ショッピングカート放置のリマインド

オンラインショップで商品をカートに入れたまま購入手続きを完了しなかった顧客に対して、カート内の商品を再確認するよう促すメールを送信する。

イベント参加のリマインド

ウェビナーやセミナーなどのイベントに登録したが当日に忘れてしまいそうな顧客に、イベントの詳細や参加方法をリマインドするメールを送る。

新商品の案内

顧客が以前に購入した商品と関連性の高い新商品を紹介するリマインドメールを送ることで、興味を引き起こす。

会員更新の案内

会員制サービスの更新期限が近づいている顧客に対して、更新の重要性や特典を再度説明するメールを送信する。

リマインドメールの基本構成

メールセクション説明
タイトル興味を引くタイトルを選び、開封率を高める。
挨拶親しみやすい挨拶を含めて、顧客への接近感を演出。
目的再強調メールの目的や価値を再度説明し、顧客の関心を引き起こす。
情報提供詳細な情報や関連リンクを提供し、顧客が求める情報にアクセスできるようにする。
アクション呼びかけ具体的なアクション(購入、登録、参加など)を促し、顧客に行動を促す。
特典や利点の強調アクションのメリットや特典を強調し、顧客に価値を伝える。
締めくくり再度感謝の意を示し、連絡を待つ姿勢を表明する。

この表を参考にして、リマインドメールの基本的な構成要素を確認し、効果的なメールコンテンツを作成する際の手順と指針にしてください。

リマインドメールを書く際のポイント

適切なタイミング

顧客の行動パターンや関心に基づいて送信タイミングを決定する。

パーソナライズ

顧客の名前や過去の行動に言及し、個人に合った内容を提供する。

簡潔でわかりやすい文体

読みやすく、主要な情報を簡潔に伝えることが大切。

明確なCTA

顧客に対して取るべきアクションを明確に示す呼びかけを行う。

価値提供

顧客が受けるであろう価値や利益を強調し、アクションの動機づけを行う。

リマインドメールの例文

メールセクション例文
件名お待たせしました!カート内の商品を確認してみませんか?
挨拶こんにちは、[顧客の名前]さん、
目的再強調いつもご利用いただきありがとうございます。カート内にまだ商品が残っていますよ!お気に入りの商品をお得な価格で手に入れるチャンスをお見逃しなく。
情報提供カートの中身を確認して、ぜひお求めの商品をご購入ください。ご不明点やご質問があれば、お気軽にお知らせください。
アクション呼びかけ▼ カートを確認する
[カートのリンク]
特典や利点の強調この機会にぜひ素敵な商品を手に入れて、ご満足いただけることを願っております。お客様からのご利用を心よりお待ちしております。
締めくくり何かご質問やお手伝いが必要な際は、いつでもお知らせください。
ありがとうございました!
ご質問やお問い合わせご質問やお問い合わせ: [お問い合わせ先]

この表を参考にして、リマインドメールの例文を構築する際の指針としてご活用ください。

送るべきタイミング

会議・打ち合わせ等の日程や時間の確認をする

会議やアポイントメントの前に、日時と場所を確認するためのリマインドメールを送るのは良い方法です。全員が同じ見解を持つことを確実にするだけでなく、混乱や予約の取りこぼしを避けるためにも有効です。この場合のリマインドメールは、会議の数日前に送信し、必要な変更を行うための十分な時間を確保する必要があります。

提出や納期などの期限が近付いている時

期限や期日が迫っている場合は、リマインドメールを送ることで、相手がその期限を意識し、期限に間に合うようにすることが重要です。この種のリマインドメールは、受信者がタスクを完了するのに十分な時間を確保できるよう、期限の数日前から1週間前までに送信する必要があります。また、リマインドのメールには、指示やガイドラインなど、関連する情報を含めることが重要です。

失礼にならないコツ

一方的な催促にならない

催促のメールは、一方的な要求や最後通告と思われるようなものであってはなりません。その代わり、相手の責任や仕事量を理解し、サポートするような文章にする必要があります。単に行動を促すだけでなく、役立つ情報やリソースを提供するのが良いリマインドの条件です。

気遣いの一言を入れる

リマインドのメールに一言、相手への配慮の言葉を添えると、トーンが和らぎ、相手の状況を理解し、感謝していることを示すことができます。このメールがお役に立てれば幸いです」「ご多忙のことと存じますが、どうぞよろしくお願いいたします」など、簡単な言葉で良いのであなたが共感し、理解していることを示すことで、相手と前向きで生産的な関係を築くことができます。

まとめ

リマインドメールの書き方は、適切な情報量かつ、丁寧であることが大切です。さらに、メールの内容を正確に反映した明確な件名にすることで、受信者がすぐにメールの存在を確認し、返信できるようにするのがおすすめの方法です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ