楽天SPページでモバイル表示の重要性と対策を解説

楽天SPページとは

概要

楽天市場はオンラインショッピングモールとして世界中で利用されているECサイトです。楽天のSPページとは、スマートフォンなどのモバイル端末で楽天にアクセスした際に表示されるページのことを指します。PC版と比較して、画面サイズが小さく表示領域が限られているため、機能やデザインが異なる場合があります。

PCとSPの違い

ページ構成の違い

PC版では、大画面に合わせた見やすいレイアウトが採用されています。一方、SP版では、縦長の画面に合わせて、スマートフォンの操作性に最適化された簡潔なレイアウトが採用されています。

ページの表示順序の違い

PC版では、ヘッダーやフッターに広告やメニュー、おすすめ商品の表示がある一方、SP版では、商品情報を中心に配置されています。

検索方法の違い

PC版では、ワイドな画面に検索ボックスが表示されていますが、SP版では、画面の縦幅を圧迫しないように、検索バーが簡素化されています。

操作性の違い

PC版では、マウスやキーボードで操作することが多いですが、SP版では、指でタップすることが中心になります。

SPページを強化する理由

楽天市場へのモバイルデバイスでのアクセス数の多さ

楽天SPページはEコマース戦略上、非常に重要な役割を担っています。楽天の統計によると、楽天サイトへの訪問者の70%以上がモバイルデバイスからアクセスしています。そのため、モバイルに最適化されたサイトは、モバイルユーザーに優れたユーザーエクスペリエンスを提供することで、販売実績を向上させることができます。

楽天市場におけるSPページ対策

バナー画像を最適化する

バナー画像は、モバイルサイトのデザインに欠かせない要素です。モバイル端末では、画像が正しく最適化されていないと、読み込みに長い時間がかかることがあります。バナー画像を最適化することで、サイトのパフォーマンスを向上させ、ページの読み込み時間を短縮し、ユーザーエクスペリエンスを向上させることができます。

楽天市場の検索対策を行う

検索エンジン最適化(SEO)は、検索エンジンの結果ページ(SERP)におけるウェブサイトの視認性と順位を向上させるために非常に重要です。モバイルサイトのSEOを最適化することで、楽天のモバイル検索ランキングを向上させ、潜在顧客に対する可視性を高めることができます。

PCとSPの情報量の差異をなくす

モバイルユーザーは、PCユーザーと同レベルのコンテンツや機能を期待しています。そのため、PCサイトとモバイルサイトで提供される情報量や機能に差がないようにすることが重要です。これにより、お客様にシームレスなユーザーエクスペリエンスを提供することができます。

商品画像は可能な限り多く登録する

PC版と同様に、ユーザーはスクロールダウンして追加の商品情報を見ることができます。PCページとの大きな違いは、モバイルユーザーは左右にスワイプして複数の商品画像を見ることができる点です。この機能は、スワイプ可能な画像に興味を持ったユーザーのカートへの追加率が高くなる傾向があるため、特に重要視されます。モバイルプラットフォームにおけるスワイプ画像の重要性を認識し、他のページコンテンツと並行して優先的に使用することが重要です。スワイプしやすい高品質な画像を複数用意することで、モバイルユーザーに魅力的で有益な体験を提供し、購入に至る可能性を高めることができます。楽天のモバイルプラットフォームで商品リストを作成する際には、他のページ要素に加えて、スワイプ可能な画像を最適化することが重要です。そうすることで、全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させ、最終的にモバイルユーザーを顧客に転換する可能性を高めることができます。

まとめ

楽天市場ではスマートフォンの普及によりモバイルデバイスからのアクセスが増加しています。モバイルユーザーに優れたユーザーエクスペリエンスを提供するためSPページを最適化し全体的なユーザーエクスペリエンスを向上させ、最終的にモバイルユーザーを顧客に転換する可能性を高めることが売上向上に繋がる重要なポイントです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ