電子帳簿とは?電子帳簿の保存方法と導入のメリットを解説

電子帳簿保存法とは

概要

電子帳簿保存法とは、デジタル技術を利用して金融取引を記録・保存・管理することです。従来の紙ベースの台帳を使用する代わりに、電子簿記は電子機器とソフトウェアを活用して会計業務を管理します。また、電子帳簿保存法では、財務データを集中データベースやクラウドストレージに保存・取得し、リモートアクセスやデータの共有が可能です。

電子帳簿保存法の業務フロー

電子帳簿等保存

電子記録管理とは、電子的な財務記録を作成、保管、保存するプロセスを指します。電子記録の保存には、コンピュータのハードディスク、ネットワークストレージ機器、クラウドストレージなど、さまざまな方法を用いることができます。

スキャナ保存

紙媒体の書類を電子化し、デジタルデータベースに保存することです。スキャンした文書は、簡単にアクセスして共有することができ、物理的な保管スペースの必要性を減らし、文書管理を向上させることができます。

電子取引

電子取引とは、電子的に行われる金融取引のことです。電子取引は、クレジットカード、銀行振り込み、電子財布など、さまざまなプラットフォームを通じて行うことができます。電子取引は、従来の決済方法に比べ、スピード、コスト、セキュリティの向上など多くのメリットがあります。

電子帳簿保存制度を導入するメリット

経理業務の効率化

電子帳簿保存は、財務記録の管理に必要な時間とリソースを削減し、企業はそのリソースを他の重要な業務に割り当てることができます。

リモートワーク対応

電子帳簿保存法では、リモートアクセスとデータ共有が可能なため、従業員はどこからでも作業でき、財務記録や取引について共同作業を行うことができます。

コスト削減

電子帳簿保存により、物理的な保管スペースが不要になり、紙ベースの記録管理にかかるコストが削減されます。

セキュリティ強化

電子帳簿保存は、不正アクセスを防止し、データの完全性を維持するために、暗号化やユーザー認証など、より優れたセキュリティ対策を提供します。

まとめ

電子帳簿保存は、財務記録と管理の改善を目指す企業にとって貴重なツールです。電子帳簿保存システムを導入することで、企業は業務効率の向上、コストの削減、セキュリティの強化、そしてよりデジタルに近い将来への備えをすることができます。

CTA画像
ネットショップの運営作業を外注/システム化して効率的な運営を実現しましょう。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ