経理アウトソーシングとは?そのメリットとデメリットを解説

経理アウトソーシングとは

概要

経理アウトソーシングとは、企業の経理・財務管理業務を外部に委託することを指します。これには、帳簿作成、税務申告、財務報告、その他関連業務が含まれます。

経理アウトソーシングのメリット

人手不足を解消できる

経理をアウトソーシングする最大のメリットは、人手不足の問題を解決できることです。経理のプロフェッショナルを見つけるのも雇うのも難しいが、アウトソーシングを利用すれば、採用やトレーニングの必要なく、優秀なプロフェッショナルを確保することができます。

見えにくい内部コスト削減

経理をアウトソーシングすることで、給与、福利厚生、トレーニングなどの社内コストを削減することができます。経理担当者を社内に置くと、トレーニング、給与、福利厚生など、多大な投資が必要となります。アウトソーシングすることで、これらのコストを削減しつつ、質の高い経理サービスを受けることができます。

経理アウトソーシングのデメリット

社内の経理担当者を育成できない

経理をアウトソーシングすると、社内で経理担当者を教育・育成する機会がなくなるため、人材育成に支障をきたす可能性があります。

外注費がかかる

経理をアウトソーシングする場合、外部企業が提供するサービスの対価を支払わなければならないため、コストがかかる可能性があります。

まとめ

経理のアウトソーシングにはデメリットもありますが、多くの場合、メリットがデメリットを上回ります。経理業務をアウトソーシングすることで、企業はリソースを解放し、コストを削減し、全体的な財務管理を向上させることができます。しかし、経理アウトソーシングが自社のビジネスにとって最適な選択肢であるかどうかは、そのメリットとデメリットを慎重に検討し、判断する必要があります。

CTA画像
ネットショップの運営作業を外注/システム化して効率的な運営を実現しましょう。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ