【成功体験】売れるキャッチコピー作成方法!10倍売上達成の具体例

キャッチコピーとは

概要

キャッチコピーは、広告やマーケティングにおいて使用される短いフレーズや文句のことを指します。キャッチコピーは、製品やサービスの特徴や利点を強調したり、消費者の注意を引いたり、製品やサービスのブランドイメージを構築するために使用されます。

売れないキャッチコピーの特徴

ターゲットが不明確

効果的なコピーを書くために最も重要なことのひとつは、ターゲットオーディエンスを知ることです。ターゲットに直接語りかけるようなコピーでなければ、相手の心に響くことはなく、顧客化することも難しいです。

伝えたいメッセージがよく分からない

売れないコピーにありがちなもう一つの問題は、メッセージが不明確であることです。読み手が何を伝えようとしているのかわからなければ、行動を起こしたり、購入に至ったりする可能性は低くなります。

有名なキャッチコピーのフレーズ例

「カラダにピース。」カルピス

1919年に発売された日本の代表的な飲料です。1980年代から1990年代にかけて、「カラダにピース」というキャッチフレーズで、健康への効果を訴求しています。

「自然と健康を科学する」ツムラ

漢方薬を専門とする日本の製薬会社です。キャッチフレーズ「自然と健康を、科学する」は、自然な健康を科学するツムラの姿勢を表現しています。

「おいしいを、ずっと。あたらしいを、もっと」ケンタッキー・フ

ライドチキン

フライドチキンで知られる人気のファストフードチェーン。キャッチフレーズは「おいしいを、ずーっと。おいしいを、もっと。」は、チキンの鮮度とおいしさを訴求する日本のマーケティングキャンペーンで使用されます。

まとめ

キャッチフレーズは、マーケティングの重要な要素であり、永続的なブランド認知を生み出すことができます。キャッチフレーズは、単純明快で、感情的で、製品やサービスを競合と差別化するものであることが重要です。成功しないキャッチフレーズは、一般的に不明瞭で分かりにくく、感情的なインパクトや差別化に欠ける事例が多いです。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ