【深掘り解説】顧客理解とは?深める方法と分析手法を丁寧に解説

顧客理解とは

概要

顧客理解は、顧客とのコミュニケーションを通じて得られる情報をもとに行われます。企業は、顧客との接点を増やすために、アンケート調査、フィードバック収集、顧客満足度調査、マーケティングリサーチなどの手法を活用しています。また、ソーシャルメディアやウェブサイトのアクセス解析などのデータ分析も行われます。

顧客理解を深めるためには

企業視点ではなく顧客視点で見る

顧客のニーズや要望を真に理解するためには、顧客の視点から物事を見ることが重要です。つまり、市場調査やアンケートにとどまらず、顧客のニーズや好み、苦痛をより深く理解することが必要です。そのためには、お客様の立場に立って、自社の製品やサービスがどのようにお客様のニーズを満たすことができるかを考えることが効果的です。

顧客インサイトを深める

顧客理解を深めるもう一つの方法は、基本的な人口統計データにとどまらないインサイトを開発することです。これは、顧客の行動に影響を与える動機と感情的なドライバーをより包括的に理解することです。そのためには、顧客セグメントとペルソナを特定し、彼らの欲求、ニーズ、動機を深く理解することが必要です。

顧客理解の分析方法

RFM分析

RFM(Recency、Frequency、Monetary)分析は、購買行動に基づいて顧客をランク付けする、データ駆動型の顧客セグメンテーション手法です。この手法は、各顧客に、最近購入したか(Recency)、頻繁に購入したか(Frequency)、いくら使ったか(Monetary)に基づいてスコアを割り当てます。

セグメンテーション分析

セグメンテーション分析では、人口統計、行動、嗜好などの共通の特徴に基づいて、顧客をグループに分けます。顧客をセグメント化することで、企業はマーケティングや製品戦略を特定の顧客ニーズに合わせて調整し、さまざまなタイプの顧客をよりよく理解することができます。この調査には、調査、フォーカスグループ、データ分析など、定性・定量両方のリサーチが含まれます。

デシル分析

デシル分析とは、購買頻度や購買金額など、特定の指標に基づいて顧客を10個のグループに分ける統計手法です。各グループの特性を分析することで、顧客の行動や嗜好を把握し、各グループにターゲットを絞ったマーケティング戦略を立案することができます。

コホート分析

コホート分析とは、初めて購入した日や地域などの共通の特徴をもとに、顧客をグループに分けるものです。各グループの行動や嗜好を分析することで、時間の経過とともに変化する顧客の行動をよりよく理解し、製品開発やマーケティング戦略に役立つトレンドを特定することができます。

まとめ

顧客理解を深めるために、企業は顧客中心のアプローチを採用し、顧客の行動や嗜好を把握する必要があります。顧客理解のための一般的な分析方法には、RFM分析、セグメンテーション分析、デシル分析、コホート分析などがあります。これらの手法は、企業が顧客の行動や嗜好をよりよく理解し、成長の機会を特定し、ターゲットを絞ったマーケティング戦略を開発するのに役立ちます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ