LTV(ライフタイムバリュー)とは?算出方法とメリットを解説

LTVとは

概要

LTVとは、顧客との関係性の中で、顧客がビジネスにもたらす金銭的価値の総和を測定する指標です。顧客の消費習慣、購入頻度、顧客維持率など、いくつかの要素を考慮して決定されます。LTVは、企業が各顧客の価値と、その顧客から長期的に得られるであろう金額を理解するのに役立ちます。LTVを把握することで、企業は顧客のニーズに合わせたマーケティング、販売、顧客サービス戦略について、十分な情報に基づいた意思決定を行うことができます。

LTVの計算方法

LTVを計算するためには、各顧客の平均購入額、購入頻度、顧客寿命を知る必要があります。LTVの計算式は、LTV=(平均購入額×購入頻度)×顧客寿命となります。平均購入額とは、顧客が1回に使う金額の平均値、購入頻度とは、顧客が一定期間に購入した回数のことです。顧客寿命とは、顧客がその企業の顧客であり続ける期間のことです。

LTVを算出するメリット

顧客満足度(ロイヤリティ)を向上させることができる

顧客一人ひとりの価値を把握することで、顧客体験を向上させ、顧客満足度とロイヤルティを向上させるための独自の戦略を策定することができます。

営業コストを抑えることが可能

新規顧客の獲得よりも既存顧客の維持に注力することで、一般的に新規顧客の獲得よりも顧客維持の方が低コストであるため、マーケティング販売コストの削減が可能です。

顧客のエンゲージメントを測る指標にできる

顧客エンゲージメントの測定LTVは、顧客の購入回数だけでなく、顧客と企業とのエンゲージメントの頻度や期間も考慮されるため、顧客エンゲージメントの測定に有効な指標となります。

LTVを改善するには

顧客単価を上げる

企業は顧客一人当たりの平均購入額の増加、顧客の購入頻度の増加、顧客維持率の増加に注力することができます。アップセルやクロスセルの提供、パーソナライズされた推奨商品の提供、顧客体験の向上などにより実現します。

購買頻度(リピート回数)を上げる

ロイヤルティプログラムの提供、リピート購入のインセンティブ、パーソナライズされたプロモーションなどにより実現します。

顧客維持率を上げる

顧客体験の向上、優れた顧客サービスの提供、パーソナライズされた適切なコンテンツの提供などにより達成できます。

まとめ

LTVは、企業が各顧客の価値を理解し、顧客維持率を向上させるための戦略を立てるために重要な指標です。LTVを向上させることで、企業は収益を上げ、顧客基盤を拡大することができます。LTVを理解し、それを向上させる戦略を実行することは、今日の競争の激しいビジネス環境において長期的な成功を収めるために非常に重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/06/07】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|2選

ページトップへ