ターゲットマーケティングとは?メリットと代表的な手法を解説

概要

ターゲットマーケティングとはマーケティングの戦略の一環で、特定のターゲット市場(消費者グループ)に向けてマーケティング活動を行うことを指します。この戦略は、ターゲット市場のニーズや行動パターンを理解し、それに合ったマーケティングメッセージやサービスを提供することで効果的なマーケティングを実現することを目的とします。ターゲットマーケティングを実施することでマーケティングリソースを有効活用し、顧客とのエンゲージメントを深めることができます。

ターゲットマーケティングのメリット

効果的なリソースの使用

ターゲットマーケティングでは特定の消費者グループにマーケティング活動を集中させることができるため時間と費用の節約につながります。自社の製品やサービスに関心を持つ可能性が最も高い消費者を特定しターゲットを絞ることで、コンバージョンに至らない個人へのマーケティングにリソースを浪費することを避けることができます。

エンゲージメント・CVRの向上

マーケティングメッセージと体験をターゲット層に合わせることで、よりパーソナライズされた消費者の共感を得やすい関連性の高いキャンペーンを実施できます。これによりエンゲージメント率とコンバージョン率が向上し最終的に売上と収益が増加します。

顧客ロイヤリティの向上

ターゲットに合わせたキャンペーンを実施することで顧客とより強い関係を築くことができます。これにより顧客ロイヤルティの向上、リピート購入、積極的な口コミや紹介につながる可能性があります。

ターゲットマーケティングの手法

人口統計学的セグメンテーション

人口統計学的セグメンテーションとは年齢・性別・収入・学歴・地域などの人口統計学的な要素に基づいてオーディエンスをセグメント化することです。これにより各グループに関連性の高いターゲットキャンペーンを作成できます。

サイコグラフィック・セグメンテーション

サイコグラフィック・セグメンテーションとは興味・価値観・性格・ライフスタイルなど、心理・行動学的な要素に基づいてオーディエンスをセグメント化する方法です。これにより一人ひとりの心に響く、よりパーソナライズされたキャンペーンを実施できます。

行動的セグメンテーション

行動的セグメンテーションとは購買履歴・ブランドとの関わり方、Webサイトとのインタラクションなど過去の行動に基づいてオーディエンスをセグメント化する方法です。これによりコンバージョンや売上に効果的なキャンペーンを実施できます。

まとめ

ターゲットマーケティングはターゲット市場のニーズや行動パターンを理解し、それに合ったマーケティングメッセージやサービスを提供することで効果的なマーケティングを実現することを目的とします。ターゲットマーケティングを実施することで効果的にリソースを使用でき、CVRや顧客ロイヤリティの向上が期待できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/03/21】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ