LINE公式アカウントのビジネス活用例を運用ポイントと合わせて解説

LINE公式アカウントとは

概要

LINE公式アカウントは、日本をはじめ世界各国で利用されているインスタントメッセージングアプリ「LINE」が提供するプラットフォームです。企業や団体、個人が公式アカウントを作成し、メッセージやコンテンツの共有などを通じてLINEユーザーと交流できるプラットフォームです。

月間アクティブユーザー数

LINEは、(※2023年2月)日本国内月間アクティブユーザー数は9,300万人もあり、多くのユーザーにリーチできる有効性の高いプラットフォームです。また、メッセージの開封率も高く、多くのユーザーに見てもらえる可能性があります。

メッセージの開封率が高い

LINEは高いメッセージ開封率と豊富なユーザー数を誇り、メッセージやコンテンツを多くのユーザーに届けるための効果的なプラットフォームです。

LINE公式アカウントの無料機能

LINE公式アカウントでは企業や団体、個人がLINEユーザーと交流するために、いくつかの機能を無料で提供しています。これらの無料機能の一部は以下のとおりです。

メッセージ配信

LINE公式アカウントでは、フォロワーに対してテキスト、画像、動画などのマルチメディアコンテンツを含むメッセージを配信できます。

LINEチャット

フォロワーとリアルタイムにコミュニケーションをとることができるチャット機能を利用できます。

LINE VOOM

ユーザーの位置情報や興味関心などをもとに、企業がユーザーにプロモーションメッセージを配信する機能です。

クーポン

LINE公式アカウントではクーポンを作成しフォロワーに配信が可能です。

リサーチ

フォロワーに対してアンケートを実施し、データを収集できます。

ショップカード

購入やサービス利用などのインセンティブとして、LINE上でユーザーにポイントを発行・管理できる機能です。

分析

LINE公式アカウントでは、メッセージやキャンペーンのパフォーマンスを追跡・分析することができる、分析・レポート機能を提供しています。

LINE公式アカウント運用のポイント

LINE公式アカウントの友だちを増やす

LINE公式アカウントの友だち数を増やすことは、より多くのユーザーにリーチするために重要です。フォロワーが友人や家族にアカウントをシェアするよう促し、他のマーケティングチャネルを利用してアカウントへのトラフィックを増やすことも検討しましょう。

効果的なクリエイティブを作成

アカウントの成功は、クリエイティブのクオリティに大きく左右されます。ユーザーにとって訴求がわかりやすく、魅力的なクリエイティブを作成しましょう。

クーポンやキャンペーンなどお得情報をメッセージで配信する

フォロワーに対してメッセージ機能を活用しクーポンやキャンペーンなどのお得な情報を送りましょう。

LINE公式アカウントの活用事例

飲食店

飲食店ではメニューの変更や日替わりメニューの案内、フォロワー限定の割引サービスなどを公式アカウントから発信しています。また予約受付やメニューに関する質問などお客様とのリアルタイムなコミュニケーションにも活用しています。

金融機関

金融機関ではLINE公式アカウントを利用して商品やサービスの最新情報の発信、キャンペーン、金融教育、フォロワーへの情報提供などを行っています。また口座残高や取引など銀行業務に関する質問に答えるなど、リアルタイムのカスタマーサポートとして活用しています。

まとめ

LINE公式アカウントは多くのアクティブなユーザーにリーチし、エンゲージすることを目指す企業や個人にとって強力なツールとなります。高い開封率と豊富なユーザー数を誇るLINEはメッセージやコンテンツを多くのユーザーに届けるための効果的なプラットフォームです。さまざまな業種においてターゲット層との接点や商品・サービスのプロモーション、顧客への価値あるサポートに活用していきましょう。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ