【楽天 RMSマニュアル】初心者向け|担当者のための使い方と重要な業務の実施手順

RMS(楽天管理画面)とは

概要

RMS(楽天管理画面)は、楽天市場での店舗運営を行うための専用の管理画面です。

楽天店舗の担当者が商品の登録や在庫管理、注文処理などを効率的に行うためのツールとして利用されます。

RMS(楽天管理画面)へのログイン方法と基本操作

RMSへのログイン手順

  • 楽天公式ウェブサイト(https://www.rakuten.co.jp/)にアクセスします。
  • 右上にある「楽天会員ログイン」ボタンをクリックします。
  • 楽天会員ログインページが表示されたら、登録済みの楽天IDとパスワードを入力します。
  • ログイン情報を入力したら、「ログイン」ボタンをクリックします。

RMSの主な機能

商品管理

RMSの商品管理機能は、小売業者にとって商品情報の効率的な管理を提供します。

これには、商品データベースの作成と更新、在庫管理、商品カテゴリーの整理が含まれます。

これにより、正確な在庫情報と効果的な商品整理が可能となります。

注文管理

RMSの注文管理は、注文プロセスをスムーズに処理し、正確な注文情報を提供します。

注文受け付け、支払い処理、出荷管理が含まれ、顧客の注文を効率的に処理し、正確な配送を確保します。

売上向上支援

小売業者はRMSを活用して売上を増やす方法を見つけます。

これは、売上データと分析の活用、顧客情報の管理、プロモーションの計画と実行に関わります。

データ駆動の戦略を用いて、売上向上を支援し、競争力を高めます。

商品登録と編集

商品情報の登録方法

正確な商品情報の登録は、楽天店舗の成功に不可欠です。以下の手順で商品情報をRMSに登録しましょう。

  • RMSにログインします。
  • メインメニューから「商品管理」を選択します。
  • 商品一覧画面が表示されますので、「新規登録」ボタンをクリックします。
  • 商品情報を入力します。商品名、商品説明、価格、在庫数、配送方法など、必要な項目を入力しましょう。
  • 入力が完了したら、「登録」ボタンをクリックして商品情報を保存します。

商品写真の追加と編集

魅力的な商品写真を提供することは、顧客の関心を引きつけるために重要です。

以下の手順で商品写真を追加または編集します。

  • 商品情報の編集画面に移動します(商品一覧から該当商品を選択し、「編集」ボタンをクリック)。
  • 「画像の編集」または「画像の追加」のオプションを選択します。
  • コンピューターから商品の写真ファイルを選択し、アップロードします。
  • アップロードした写真を選択して、必要な編集(トリミング、回転など)を行います。
  • 編集が完了したら、「保存」ボタンをクリックして変更を反映します。

商品のカテゴリー設定とキーワードの設定

適切なカテゴリー設定とキーワードの選択は、顧客にとって商品を見つけやすくするために重要です。

  • 商品情報の編集画面に移動します(商品一覧から該当商品を選択し、「編集」ボタンをクリック)。
  • 適切なカテゴリーを選択します。商品の性質や用途に合ったカテゴリーを選ぶことが重要です。
  • 関連するキーワードを入力します。顧客が商品を検索する際に使用されるキーワードを選びましょう。

在庫管理と発送手続き

楽天 RMSを使用して在庫を管理し、注文の発送手続きを行う方法を学びましょう。

在庫数の管理方法

正確な在庫管理は、顧客に商品を提供するために欠かせません。以下の手順で在庫数を管理します。

  • 1.RMSにログインします。
  • メインメニューから「在庫管理」を選択します。
  • 在庫一覧画面が表示されますので、該当商品を選択します。
  • 在庫数のカラムを編集し、実際の在庫数を入力します。
  • 変更を保存するために「更新」ボタンをクリックします。

注文の発送手続き方法

注文があった場合、効率的かつ迅速に発送手続きを行うことが重要です。以下の手順で発送手続きを行います。

  • RMSにログインします。
  • メインメニューから「受注管理」を選択します。
  • 注文一覧が表示されますので、発送する注文を選択します。
  • 配送業者を選択し、追跡番号を入力します。
  • 発送完了を示すステータスに注文を更新するために「保存」ボタンをクリックします。

注文管理と顧客情報の確認

楽天 RMSを使用して注文を管理し、顧客情報を確認および管理する方法を学びましょう。

注文の確認と処理方法

注文の管理は、楽天店舗の重要な業務の一つです。以下の手順で注文を確認し、適切に処理します。

  • RMSにログインします。
  • メインメニューから「受注管理」を選択します。
  • 注文一覧が表示されますので、処理する注文を選択します。
  • 注文の詳細情報を確認し、発送準備や在庫確認などの必要な処理を行います。
  • 処理が完了したら、ステータスを適切に更新して注文を処理済みとして保存します。

顧客情報の確認と管理方法

顧客情報を適切に管理することは、良好な顧客関係を築く上で重要です。以下の手順で顧客情報を確認および管理します。

  • RMSにログインします。
  • メインメニューから「顧客管理」を選択します。
  • 顧客一覧が表示されますので、該当顧客を選択します。
  • 顧客の詳細情報を確認し、必要な情報を管理します。例えば、配送先住所の変更や特定の顧客に対する特別な対応などが含まれます。
  • 変更を保存するために「更新」ボタンをクリックします。

売上を上げるための基本戦略

楽天店舗の売上を効果的に増やすための基本的な戦略を学びましょう。

商品ページの改善をしてユーザーがすぐに理解できるようにする

商品ページを改善するためには、以下4つの方法を実施しましょう。

方法説明
商品説明を明確かつ魅力的に作成商品の特徴や利点をわかりやすく説明し、顧客の関心を引く魅力的な文章を作成する。
高品質かつ鮮明な商品写真を表示商品の実物を正確に反映し、魅力的で視覚的に訴求力のある写真を提供する。
価格情報を明確に表示商品の価格を明確に表示し、割引やセール情報を強調して顧客の興味を引く。
顧客の声を掲載して信頼性を高め実際の顧客のレビューや評価を掲載し、商品の信頼性や満足度を高める。

これらの方法を組み合わせて商品ページを改善し、ユーザーが商品の魅力や特徴をすぐに理解し、購買意欲を高める効果を得ることができます。

クーポンやポイントを活用してユーザーの購買意欲を促進

クーポンやポイントは購買意欲を高める効果的な手段です。以下の方法で活用しましょう。

方法説明
定期的なクーポン配布や特別イベントでユーザーに割引や特典を提供定期的にクーポンを配布したり、特別イベントで割引や特典を提供して購買意欲を高める。
ポイント制度を導入し、購入時にポイントを獲得購入時にポイントを獲得できるポイント制度を導入して、顧客の購買意欲を促進する。
クーポンやポイントの利用方法を分かりやすく伝えるために案内クーポンやポイントの利用方法を分かりやすく伝えるために、案内ページやバナーを活用。

これらの方法により、ユーザーの購買意欲を促進し、顧客の満足度向上やリピーターの獲得につなげましょう。

プロモーション活動の実施

キャンペーンとセールの計画と実施をする

キャンペーンやセールは効果的なプロモーション手段です。以下の手順で計画と実施を行いましょう。

手順説明
目的とターゲットを明確に設定キャンペーンの目的と対象顧客を明確に設定し、達成したい目標を定める。
キャンペーン期間や割引率、特典内容を決定キャンペーンの期間、割引率、特典内容を決定し、具体的なプランを立てる。
目立つキャンペーンページやバナーを作成目を引くキャンペーンページやバナーを制作し、顧客の注意を引く。
キャンペーンの事前告知を行うキャンペーンの開始前に事前告知を行い、顧客の関心を喚起する。
キャンペーン中は進捗状況をモニタリングキャンペーン中は進捗状況をモニタリングし、必要に応じて調整や修正を行う。

これらの手順を追いながら、キャンペーンやセールの計画と実施を行いましょう。

SNSやメールマガジンを活用してストアの認知度と購買意欲を上げる

SNSやメールマガジンを活用してストアの認知度と購買意欲を上げる方法は以下の通りです。

方法説明
主要なSNSプラットフォームでアカウントを作成し、適切な情報を定期的に投稿Facebook、Instagram、Twitterなどの主要なSNSプラットフォームでアカウントを作成し、適切な情報を定期的に投稿する。
顧客との対話を大切にし、コメントへの返信や質問への迅速な回答顧客との対話を大切にし、SNS上でのコメントや質問に迅速に回答することで顧客との信頼関係を築く。
メールマガジンを活用して顧客に最新情報や特典を提供メールマガジンを活用して顧客に最新情報や特典を提供し、購買意欲を高める。
メールマガジンの内容には特典や割引情報、新商品の紹介を含むメールマガジンの内容には特典や割引情報、新商品の紹介などを含め、顧客の関心を引き付ける。
SNSやメールマガジンで参加型のキャンペーンやプレゼント企画を実施SNSやメールマガジンを活用して参加型のキャンペーンやプレゼント企画を実施し、顧客の参加を促す。

これらの方法を実践することで、SNSやメールマガジンを通じてストアの認知度を高め、顧客の購買意欲を促進することができます。

顧客対応と問題解決

顧客からの問い合わせへの対応方法

顧客からの問い合わせは、迅速かつ適切に対応することが重要です。
以下の手順で顧客からの問い合わせへの対応を行いましょう。

迅速な反応

 顧客からの問い合わせには迅速に対応しましょう。
できるだけ早く返信することで、顧客の不安や不満を軽減させることができます。

丁寧な対応

 顧客に対して丁寧な態度で接し、問題解決に真摯に取り組みましょう。
顧客が不快な思いをしないように、礼儀正しく対応することが重要です。

問題の把握

顧客からの問い合わせ内容を詳細に把握しましょう。
必要な情報を適切に収集し、問題を正確に理解することが解決の第一歩です。

解決策の提供

 顧客の問題を解決するために、適切な解決策を提案しましょう。
可能な範囲で顧客の要望に応える努力をし、問題解決に向けた具体的なアクションを示します。

フォローアップ

 問題が解決された後も顧客とのコミュニケーションを継続しましょう。
顧客の満足度を確認し、今後も信頼関係を築くためにフォローアップを行います。

成果を改善するためのデータ分析

売上と在庫のデータを分析して力を入れるべき商品やターゲット層の見直し

売上と在庫のデータ分析は、ビジネスの成果向上に不可欠な要素です。

以下の手順で売上と在庫のデータを分析し、力を入れるべき商品やターゲット層の見直しを行いましょう。

売上データの分析

売上データを詳細に分析し、特定の商品やカテゴリーが売れ筋であるか、売上の伸び率や変動要因を把握します。

在庫データの分析

在庫データを分析し、在庫の回転率や滞留在庫の有無などを確認します。
これにより、在庫管理の改善点や在庫の適正量を把握することができます。

売上と在庫の関係を分析

売上と在庫の関係性を探求し、売れ筋商品と在庫状況のマッチングを行います。
在庫過剰や在庫不足のリスクを最小化するために、需要と供給のバランスを見極めましょう。

ターゲット層の分析

顧客の属性や行動データを分析し、ターゲット層を再評価します。
需要の高い顧客セグメントや潜在的なマーケットの発掘に努め、ターゲティングの精度を向上させましょう。

効果的な改善策を立案し実施します

データ分析の結果をもとに、力を入れるべき商品やターゲット層を特定し、それに合わせた改善策を立案します。
例えば、需要の高い商品への集中的なマーケティングや新たな顧客セグメントへのアプローチなどが考えられます。

顧客行動の把握と改善策を計画、実施する

顧客行動の把握と改善策の計画・実施は、ビジネスの成果向上に欠かせない重要な要素です。
以下の手順で顧客行動を把握し、改善策を計画・実施しましょう。

顧客行動の分析

顧客の購買パターン、嗜好、購買頻度などのデータを収集・分析し、顧客の行動パターンを把握します。

問題点や改善すべき領域を特定

分析結果から、顧客行動において問題点や改善の必要がある領域を特定します。
例えば、購買離脱の要因や購買額の低さなどです。

改善策を計画

特定した問題点や改善すべき領域に基づいて、具体的な改善策を計画します。
例えば、顧客ロイヤルティプログラムの導入やパーソナライズされたマーケティングの強化などです。

改善策を実施

計画した改善策を実施し、顧客行動の改善を図ります。
新しいマーケティング戦略の展開や顧客対応の改善などを行いましょう。

効果をモニタリングし、必要に応じて調整

改善策の実施後は、効果を定期的にモニタリングし、顧客行動の変化や成果を評価します。
必要に応じて戦略やアクションを調整していきましょう。

まとめ

本記事では、楽天 RMSの操作手順と担当者の重要な業務について紹介しました。

RMSの使い方では、ログイン、商品登録、在庫管理、受注管理、出荷処理などの基本操作を解説しました。

担当者の業務では、顧客対応、プロモーション活動、データ分析、返品・交換手続きなどの重要なタスクを強調しました。

これらの手順と業務を適切に実施することで、楽天 RMSの効果的な活用とビジネス成果の向上が期待できます。

RMSを使った分析方法について解説や楽天RMSのアクセス解析機能を活用することについても紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

よくある質問

Q1: プロモーション活動において、どのようなキャンペーンやセールを計画すれば効果的ですか?

A1: キャンペーンやセールの計画では、目的とターゲットを明確に設定し、顧客に魅力的なオファーを提供しましょう。新規顧客獲得や売上増加などの目的に応じて、割引率や特典の内容、キャンペーン期間を決定します。

Q2: SNSやメールマガジンを活用する際、どのような内容を発信すれば効果的ですか?

A2: SNSやメールマガジンでは、新商品の紹介や特典情報、キャンペーンの告知など、ユーザーが興味を持つコンテンツを定期的に発信しましょう。また、顧客との対話を大切にし、返信や質問への迅速な回答を行い信頼関係を築くことが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ