商品マスタとは?整備する重要性と管理する方法を解説

商品マスタとは

概要

商品マスタとは、企業の製品に関するすべての関連情報を含む包括的かつ一元的なデータベースです。この情報には、製品コード、説明、価格など、ビジネスの日常業務に欠かせない詳細な情報が含まれています。

商品マスタを整備する重要性

商品マスタを整備しデータを一元管理することで複数のソースを検索して時間を浪費することなく、必要な情報を容易に取り出すことができ、古いデータや不正確なデータを使用することによる誤解や矛盾をなくすことができます。その結果、価格設定や販売促進など、製品管理に関する十分な情報に基づいた意思決定が可能になります。

商品マスタの(コード)の種類

JANコード

JANコード(Japanese Article Number)は、商品を識別するために日本で使用されている固有のバーコードです。海外で使用されているUPCコードと同様のものです。

ISBNコード

ISBNコード(International Standard Book Number)は、書籍の一意な識別子です。世界中の書籍を識別し、追跡するために使用されます。

ASINコード

ASINコード(Amazon Standard Identification Number)は、Amazonが自社のプラットフォームで販売する商品に割り当てる一意の識別子です。

書籍JANコード(日本図書コード)

書籍JANコード(Japan Book Code)は、日本国内で販売される書籍の一意な識別子です。日本の図書館や書店が蔵書の目録を作成し、管理するために使用されています。

適切に商品マスタを管理する方法

商品マスタの設定ルールを定める

商品マスタのデータベースにどのように情報を入力し、整理するかについて明確なルールを設定することですべての従業員が一貫して正確に情報を入力できるようになります。

商品マスタの登録・更新手順を統一する

データベースへの新製品登録や既存製品の情報更新のプロセスを統一することでミスを最小限に抑え、すべての情報を最新に保つことができます。

まとめ

商品マスタとは、企業の製品に関するすべての関連情報を含む包括的かつ一元的なデータベースのことです。商品マスタを整備し効果的に運用することで、企業内の効率性、生産性、意思決定速度の向上を期待できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ