楽天RMSのR-karteの活用方法とは?成功するECサイト運営に不可欠なツールを利用しよう

楽天RMSとは

楽天RMSとは、楽天が提供する店舗管理システムで、商品の登録や在庫管理、注文管理、配送管理、販促管理などの機能を持ち、楽天市場に出店しているショップオーナーに利用されています。

アクセス解析活用法の紹介

楽天RMSのアクセス解析機能を活用することで、ビジネスに役立つデータを収集することができます。ここでは、R-Karteの分析を通して、どのようにして楽天市場でのビジネス改善につなげるかを紹介します。

R-Karteの分析から商品ページの改善をする

R-Karteの「商品ページトラフィック」では、商品ページへのアクセス状況を確認できます。ページビュー数や滞在時間などの指標から、ユーザーが求めている情報を分析し、商品ページの改善につなげましょう。たとえば、アクセスはあるのに商品ページから離脱してしまうユーザーが多い場合は、商品ページの情報がわかりにくい可能性があります。この場合、商品ページの見直しやカスタマイズが必要になります。

R-Karteの分析から広告効果測定をする

R-Karteの「広告トラフィック」では、広告からのアクセス状況を確認できます。クリック率やコンバージョン率などの指標から、広告の効果を測定し、広告予算の最適化につなげましょう。広告のクリック数が多いのに、コンバージョン率が低い場合は、広告のターゲットや文言の見直しが必要になります。

R-Karteの分析から販促施策の最適化をする

R-Karteの「販促トラフィック」では、販促施策からのアクセス状況を確認できます。セールやキャンペーンなどの施策によって、どのような効果があったかを分析し、今後の施策につなげましょう。たとえば、セールによってアクセス数は増えたものの、コンバージョン率が低い場合は、セール内容の見直しや販促方法の改善が必要になります。

R-Karteの分析から顧客分析をする

R-Karteの分析機能を利用することで、顧客の属性や行動を把握することができます。例えば、来店頻度や購入金額、購入商品のカテゴリーなどのデータを分析することで、顧客の嗜好や購買傾向を把握することができます。また、これらのデータをもとに、リピート率の向上や新規顧客獲得の施策を立てることもできます。さらに、R-Karteでは、顧客データの細分化が可能です。例えば、同じ商品を購入した顧客同士をグループ化し、購買履歴を分析することで、類似した嗜好の顧客グループを抽出することができます。そして、その顧客グループに対して、ターゲティング広告や特定商品の販促施策を実施することで、顧客満足度や購買額の向上が期待できます。

R-Karte「商品分析」の操作方法

R-Karteの「商品分析」はデータ分析>3.アクセス分析>2.商品分析から入れます。

楽天RMSの特徴と利点

楽天RMSとは、楽天が提供する店舗管理システムで、商品の登録や在庫管理、注文管理、配送管理、販促管理などの機能を持ち、楽天市場に出店しているショップオーナーに利用されています。

マルチデバイス対応

PC、スマートフォン、タブレット端末から操作可能です。

多言語対応

日本語の他、英語、中国語、韓国語にも対応しています。

販売履歴の蓄積

過去の販売実績や注文履歴を蓄積し、分析やレポート出力が可能です。

カスタマイズ性

ショップオーナーのニーズに合わせたカスタマイズが可能です。ストア構築もRMSを使用して行います。

アクセス解析とは

アクセス解析とは、Webサイトにアクセスしてきたユーザーの行動をデータとして収集し、解析することで、ユーザーの行動やニーズを把握することができる手法です。これにより、Webサイトの改善やマーケティング戦略の見直しに役立てることができます。

アクセス解析を行う目的

ユーザーのニーズを把握し、Webサイトの改善に役立てる

アクセス解析を行うことで、ユーザーがどのような商品を探しているか、どのようなキーワードで検索しているかなど、ユーザーのニーズを把握することができます。その結果を元に、Webサイトの改善を行い、ユーザー満足度の向上やコンバージョン率の改善を図ることができます。

ユーザーが興味を持つ情報や商品を把握し、マーケティング戦略の見直しに役立てる

アクセス解析を行うことで、ユーザーが興味を持っている商品やページ、キーワードを把握することができます。その情報を元に、マーケティング戦略の見直しを行い、より効果的なプロモーション活動を展開することができます。

サイトのパフォーマンスを把握し、改善する

アクセス解析を行うことで、サイトの訪問者数やページビュー数、滞在時間などのパフォーマンスを把握することができます。その結果を元に、サイトの改善や改装、コンテンツの追加など、より良いユーザーエクスペリエンスを提供するための改善策を考えることができます。

アクセス解析のための楽天RMSの機能

楽天RMSには、アクセス解析のための機能が用意されています。具体的には、以下のような機能があります。

アクセス解析ページ

楽天市場のトップページにアクセス解析ページが用意されており、リアルタイムのアクセス状況やPV数、アクセス元などが確認できます。

購入者属性分析

購入者の属性(年齢、性別、地域など)を分析することができます。購入者属性に応じて、ターゲットに合わせた販促施策を行うことができます。

セッション別売上分析

セッションごとに売上を分析することができます。どのセッションからどのくらいの売上があがっているかを把握することができます。

ページ別アクセス数分析

各ページのアクセス数を分析することができます。どのページが人気があるか、どのページから離脱しているかを把握することができます。

アクセス解析結果の解釈方法

アクセス解析によって得られたデータを正しく解釈することが重要です。楽天RMSによって取得できる主なデータとその解釈方法を以下に示します。

アクセス数

サイトへの訪問回数を示す指標です。多いほどサイトの知名度が高く、アクセス数が多い商品ページは売れやすい傾向があります。

ユニークユーザー数

サイトを訪問したユーザー数を示す指標です。アクセス数と同様に、多いほどサイトの知名度が高く、ユニークユーザー数が多い商品ページは売れやすい傾向があります。

ページビュー数

サイト内で表示されたページ数を示す指標です。ページビュー数が多いページは、ユーザーが興味を持っている可能性が高く、そのページを改善することで売り上げ向上につながる場合があります。

平均滞在時間

ユーザーがサイト内に滞在した時間を示す指標です。平均滞在時間が長いほど、ユーザーがサイトに興味を持っており、商品を探している可能性が高いと言えます。

直帰率

サイトを訪問したユーザーが1ページ目で離脱した割合を示す指標です。直帰率が高いページは、ユーザーが求めている情報や商品が見つからず、改善が必要とされます。

まとめ

今回は、楽天市場でのアクセス解析の重要性や、楽天RMSを活用したアクセス解析の方法について解説してきました。アクセス解析を行うことで、ユーザーの行動やニーズを把握し、それに応じた改善や販促施策を行うことができます。特に、楽天市場ではR-Karteという機能を活用することで、より詳細なデータ解析が可能となります。R-Karteを活用したアクセス解析によって、商品ページの改善や広告効果の測定、販促施策の最適化、顧客分析など、様々な活用法があります。それぞれの分析結果に基づいて、改善や施策を行うことで、楽天市場での売上向上につながることが期待できます。

よくある質問

Q: 楽天市場以外でもアクセス解析は行えますか?

A: はい、楽天市場以外でもGoogle Analyticsなどのツールを利用することでアクセス解析を行うことができます。

Q: R-Karteを使うには追加料金がかかりますか?

A: R-Karteは楽天RMSに含まれる機能のため、追加料金はかかりません。

Q: アクセス解析の結果をどのように活用すればいいですか?

A: アクセス解析の結果に基づいて、商品ページの改善や広告効果の測定、販促施策の最適化、顧客分析などを行うことができます。それぞれの施策によって、楽天市場での売上向上につながることが期待できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ