楽天市場でのサイト内回遊施策のポイント

サイト内回遊率とは

概要

サイト内回遊率とはウェブサイト内で複数のページに移動した訪問者の割合のことです。楽天市場では、様々なページや商品を閲覧した後に離脱するユーザーの割合を測定しています。サイトのデザイン、ナビゲーション、検索機能を最適化することやパーソナライズされたレコメンデーションやプロモーションを実施することで、ユーザーの商品探索を促し、購入の可能性を高めることができます。さらに、ユーザーの行動を継続的に分析・評価し、改善すべき点を明らかにすることも重要です。

楽天市場で転換率をアップさせる回遊施策

注目企画・注目商品への回遊

トップページへのバナー設置やターゲット広告で特別キャンペーンや人気商品を紹介することで、ユーザーを惹きつけ、商品ページへのクリックを促します。また、期間限定のお得なキャンペーンや限定商品を紹介することで、緊急性を高め、購買意欲をさらに高めることができます。

関連商品・類似商品への回遊

商品ページで関連商品や類似商品を提案することで、ユーザーはより多くの商品を閲覧し、興味のある商品を追加で発見する可能性が高まります。これにより、売上の増加やコンバージョン率の向上につなげることができます。

おすすめ商品・カテゴリへの回遊

楽天市場は、ユーザーの閲覧履歴や購入履歴をもとにパーソナライズされたレコメンデーションを行い、ユーザーが興味を持ちそうな関連商品やカテゴリーを提案することができます。これにより、購入の可能性を高めるだけでなく、ユーザーエクスペリエンスを向上させ、ユーザーとプラットフォームの間に信頼感や理解力を醸成することができます。

商品ラインナップ一覧への回遊

幅広い商品ラインアップを素早く閲覧でき、使いやすく充実した商品ラインアップを提供することで、エンゲージメントと売上の向上につなげます。ユーザーが新しい商品を発見しやすくすることで、追加購入の可能性が高まります。

商品説明文でセット商品、関連商品を訴求

楽天市場は、商品説明文に関連商品や同梱商品の説明を入れることで、ユーザーに最初の購入と同時に追加の商品購入を促すことができます。これにより、取引の価値を高めるだけでなく、ユーザーの満足度やロイヤリティを向上させることができます。

まとめ

効果的なサイト内回遊施策を実施することは、ユーザー体験を向上させ、売上と収益性を高め、Eコマース市場における競争力を維持するために非常に重要です。また、楽天市場は、プラットフォームの分析と最適化を継続的に行うことで、オンラインショッピングの利用者に最も選ばれ、成長と成功を継続することができます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > Amazon > 広告 > 【予算設定解説】Amazonスポンサー広告の効果的な予算と配信設定|成功のポイントも解説

ページトップへ