楽天RPP広告に配信すべき商品と広告効果を上げるためのやるべきこと

RPP広告とは

RPP広告(楽天市場商品リスティング広告)は、楽天市場内での販売促進のための広告サービスです。出店者が自社の商品を、より多くのユーザーにアピールすることができます。

概要

RPP広告は、出店者が商品の情報や画像、価格などを登録しておくことで、関連するキーワード検索時に表示される広告です。出店者が広告を掲載するためには、一定の入札額を設定し、競り合いに参加する必要があります。

楽天RPP広告に出すべき商品

楽天RPP広告に出すべき商品としては、以下のようなものが挙げられます。

人気商品

まずは、既に人気のある商品が挙げられます。人気のある商品であれば、その商品を検索するユーザーも多く、より多くのユーザーにアピールすることができます。

新商品

次に、新しく発売された商品も広告に出すべきです。まだ認知度が低い商品でも、広告を出すことでより多くのユーザーに知ってもらうことができます。

高単価商品

高単価の商品は、ユーザーにとっては購入を躊躇することもあるため、広告を出すことで購入意欲を高めることができます。

在庫過剰商品

在庫が過剰な商品は、広告を出すことで在庫を減らすことができます。また、在庫過剰な商品でも、需要がある地域に広告を出すことで販売促進につながります。

地域限定商品

最後に、地域限定の商品も広告に出すことができます。地域限定商品であれば、その地域に住むユーザーにとっては魅力的な商品となります。また、地域限定商品でも広告を出すことで、地域外のユーザーにも商品をアピールすることができます。

 広告に出す商品の選定方法

楽天市場で広告に出す商品を選定する為には、以下のような方法があります。

楽天市場の売上実績やアクセス数などのデータを分析し、需要の高い商品を選定

まずは、楽天市場内のデータを分析し、需要の高い商品を選定する方法があります。売上実績やアクセス数、検索数などのデータを分析することで、需要の高い商品を特定することができます。需要が高い商品は、競合が多い分野であっても、広告によってより多くのユーザーにアピールすることができます。

同じ商品を扱っている他社の広告を調査し、自社の広告と差別化することができる商品を選定

次に、同じ商品を扱っている他社の広告を調査し、自社の広告と差別化することができる商品を選定する方法があります。自社の広告が他社の広告と差別化されている場合、ユーザーの目に留まりやすくなり、クリック率やコンバージョン率を向上させることができます。

商品カテゴリーによって需要が異なるため、商品カテゴリーの傾向に合わせた商品を選定

最後に、商品カテゴリーによって需要が異なるため、商品カテゴリーの傾向に合わせた商品を選定する方法があります。例えば、ファッションアイテムのカテゴリーでは、季節感やトレンドを反映した商品が需要が高くなります。また、食品のカテゴリーでは、イベントや季節に応じた商品の需要が高くなります。商品カテゴリーの傾向を把握し、それに合わせた商品を選定することで、広告の効果を最大化することができます。

広告に出す商品の効果的な設定方法

広告に出す商品を設定する際には、以下のような方法があります。

商品の露出をする為に検索される可能性が高いキーワードを設定する

広告を設定する際には、商品の露出を高めるために検索される可能性が高いキーワードを設定することが重要です。商品の特徴やカテゴリー、ブランド名などをキーワードとして設定することで、ユーザーの検索クエリとマッチングすることができます。また、競合が多いキーワードは、広告表示までの入札価格が高くなるため、適切なキーワードの設定が必要です。

コスト効率を高める為に最適な入札価格を設定する

広告を設定する際には、コスト効率を高めるために最適な入札価格を設定することが重要です。入札価格が高すぎると、広告表示回数が減り、コストがかさんでしまいます。一方で、入札価格が低すぎると、広告表示回数が少なくなってしまうため、適切な入札価格の設定が必要です。また、入札価格は広告のクリック率やコンバージョン率にも影響するため、広告の成果に合わせて、入札価格を調整することが重要です。

商品情報の最適化方法

商品情報の最適化は、楽天RPP広告の成功に欠かせない重要な要素の一つです。以下は、商品情報を最適化するための方法です。

検索結果に引っ掛かるように商品名の最適化をする

検索キーワードに対して、商品名がマッチすることで検索結果に表示されるようになります。よって、商品名をわかりやすく、魅力的なものにすることが大切です。

ユーザーの興味を引くためにキャッチコピーの最適化をする

キャッチコピーは、商品名と並んでユーザーの注意を引くために非常に重要です。特徴や利点を端的に伝え、購買意欲を高めるようにしましょう。

ユーザーの購買意欲を上げるために商品説明の最適化をする

商品説明は、商品情報を理解するための重要な要素です。説明を読んで、ユーザーが商品に興味を持ち、購買意欲を高めるようにしましょう。

ユーザーの購買意欲を上げるために商品画像の最適化をする

商品画像は、商品を見る上で最も重要な要素の一つです。商品の特徴や魅力をよく伝えるように、クオリティの高い商品画像を用意しましょう。

ユーザーの購入を促す為にポイント倍率を上げる

ポイント倍率を上げることで、ユーザーの購買意欲を高めることができます。ポイント倍率を設定する場合には、コスト効率を考慮した上で設定しましょう。

まとめ

楽天RPP広告を成功させるためには、商品情報の最適化が欠かせません。商品名やキャッチコピー、商品説明、商品画像、ポイント倍率など、多くの要素がありますが、それぞれを最適化することで、より多くのユーザーにアプローチすることができます。

よくある質問

Q: 商品画像は何枚用意するべきですか?

A: 楽天市場では、1つの商品に対して最大10枚までの画像を登録できます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ