物流コスト削減の重要ポイントになる【付帯作業費】について詳しく解説

付帯作業を減らすことで物流コストを削減する

EC物流付帯作業概要

EC物流における付帯作業とは、商品の入出庫・出荷前の梱包・検品・ラッピングなど、商品の物流に伴うさまざまな作業を指します。これらの作業は、ECビジネスにおいて不可欠なものですが、それらを省くことで物流コストを削減することができます。

出荷検品とは

出荷検品は、商品が正しく出荷されるための品質チェック作業です。商品の数量・種類・品質・仕様などを確認し、お客様に届く商品が正しいものであることを確認します。正確な出荷検品は、商品の誤出荷や返品を防ぎ、お客様の信頼を維持するために非常に重要です。

同梱(アソート)作業とは

同梱(アソート)作業とは、複数の商品を1つの箱に詰め合わせる作業です。お客様が複数の商品を注文した場合に、1つの荷物にまとめて送ることができます。この作業を行うことで、梱包材・箱代・送料を節約することができます。

セット作業とは

セット作業とは、複数の商品を1つの商品としてセットにする作業です。例えば、化粧品のセットやお菓子の詰め合わせなどがあります。この作業を行うことで、お客様にとって便利で魅力的な商品を提供することができます。

ラッピング作業とは

ラッピング作業とは、商品を包装する作業のことです。EC物流においては、顧客への配送時に商品を綺麗に包装することが求められます。ラッピングは、顧客の満足度を高めるだけでなく、商品の保護やブランドイメージ向上にもつながります。

個別梱包作業とは

個別梱包作業とは、1つの商品を1つの箱に梱包する作業です。この作業を行うことで、商品の配送先や管理が容易になります。また、商品を個別に梱包することで、商品の保護や破損を防ぐこともできます。

付帯作業を削減することで物流コストを減らすことができる

EC物流における付帯作業を削減することで、物流コストを削減することができます。作業効率化や作業の自動化などによって、時間とコストを削減することができます。また、適切な在庫管理によって、在庫ロスや在庫過剰による費用を削減することもできます。

まとめ

EC物流において、付帯作業を削減することで物流コストを削減することができます。出荷検品や同梱作業、セット作業、ラッピング作業、個別梱包作業など、さまざまな付帯作業がありますが、作業効率化や作業自動化、適切な在庫管理などによってコスト削減を図ることができます。

よくある質問

Q:どのように付帯作業を削減すればよいですか?

A:付帯作業を削減するには、作業の自動化や作業効率化、適切な在庫管理などが有効です。また、アウトソーシングやサードパーティー物流会社の利用も検討してみると良いでしょう。

Q:ラッピング作業を外注することはできますか?

A:はい、ラッピング作業は外注することができます。アウトソーシングすることで、自社の作業コストを削減することができます。ただし、信頼できる外注先を選ぶことが重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/20】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|3選

ページトップへ