【必見!】Amazon広告攻略法!基礎と3ポイントで成功確実

スポンサー広告の種類

スポンサープロダクト広告

スポンサープロダクト広告は、特定の商品を宣伝するための広告形式です。商品のタイトル、画像、価格などが表示され、クリックされると商品ページにリダイレクトされます。検索結果ページの上部や中央、商品ページの下部などに表示されます。競合が激しい商品カテゴリーでの露出が期待できます。

スポンサーブランド広告

スポンサーブランド広告は、特定のブランドを宣伝するための広告形式です。ブランドのロゴ、画像、商品カテゴリーが表示され、クリックされるとブランドストアページにリダイレクトされます。検索結果ページの上部や中央に表示されます。ブランド認知度向上に効果的です。

スポンサーディスプレイ広告

スポンサーディスプレイ広告は、商品やブランドを宣伝するための広告形式です。商品の画像や動画、ブランドロゴなどが表示され、ユーザーの関心や行動に基づいて配信されます。ウェブサイトやアプリ内、SNSのタイムライン上などに表示されます。ブランド認知度やリターゲティングに効果的です。

Amazonスポンサープロダクト広告の特性

広告出稿のハードルが低い

Amazonスポンサープロダクト広告は、出稿のハードルが低く、自社で出稿することができます。商品のタイトルや説明文、画像、価格などを設定し、キーワードによって広告表示する範囲を決めるだけです。また、予算を自由に設定することができるため、初めての出稿でも利用しやすい特徴があります。

購入意欲の高いユーザーに配信できる

Amazonスポンサープロダクト広告は、商品の検索結果画面の上部や中央に表示されることが多く、購入意欲の高いユーザーにアピールしやすい特徴があります。また、商品に関連するキーワードを設定して広告を配信することで、よりターゲットに近いユーザーにアプローチできます。

Amazonスポンサープロダクト広告のキーワード設計の流れ

オートターゲティングで配信を行いクエリからキーワードを発掘

Amazonスポンサープロダクト広告でのキーワード設計は、まずオートターゲティングで配信を行い、クエリから検索されたキーワードを発掘することが重要です。オートターゲティングでは、商品のカテゴリや商品名などを元に、Amazonが自動的に関連するキーワードを選定して配信を行います。この方法で配信された広告から、クエリとして検索されたキーワードを把握することができます。

マニュアルターゲティングでKWごとに入札額を設定して広告効果を高める

マニュアルターゲティングは、キーワードごとに入札額を設定することができ、ターゲットとするキーワードの性質に応じた最適な広告配信が可能となります。競合が激しいキーワードほど入札額を上げ、需要の少ないキーワードは安価に入札して配信することで、広告予算の効率的な活用と広告効果の最大化が期待できます。また、定期的な見直しや最適化により、広告効果をさらに高めることができます。

Amazonスポンサープロダクト広告で使用できる入札戦略の種類

動的な入札-ダウンのみ

「動的な入札-ダウンのみ」とは、自動入札で、広告のクリック単価(CPC)を自動調整するタイプの入札戦略です。予算の範囲内でクリック率(CTR)を最大化し、コンバージョンを増やすことができます。

動的な入札-アップとダウン

「動的な入札-アップとダウン」は、「動的な入札-ダウンのみ」に加え、販売促進期間などの需要が増加するタイミングでは、自動的にクリック率やコンバージョン数が上昇するように入札額を自動的に調整するタイプの入札戦略です。

固定額入札

「固定額入札」とは、手動入札で、キーワードごとに入札額を設定するタイプの入札戦略です。この場合、入札額は自動的に調整されませんが、広告掲載順位を自分で調整することができます。広告効果をより高めるために、競合他社の広告の出稿頻度や入札額もチェックすることが大切です。

まとめ

Amazonスポンサープロダクト広告は、商品をより多くのユーザーにアピールするために非常に有効な方法です。オートターゲティングでの広告配信に加え、マニュアルターゲティングでキーワードを選定し入札額を設定することで、より効果的な広告を展開することができます。入札戦略においては、動的な入札-ダウン、動的な入札-アップとダウン、固定額入札など、様々な戦略があります。適切な入札戦略を選択し、広告効果を最大化しましょう。

よくある質問

Q:スポンサープロダクト広告は、どのような商品に適しているのでしょうか?

A:スポンサープロダクト広告は、Amazonで販売されている商品ならどの商品にも利用することができます。特に、競合が激しいカテゴリーでのアイテムのプロモーションや、新商品の立ち上げなどに効果的です。

Q:広告費用の支払いはどのようになっていますか?

A:スポンサープロダクト広告では、クリック数に応じた課金形式となります。クリックされた際にのみ費用が発生するため、無駄な費用を抑えることができます。

Q:キーワードの選び方について教えてください。

A:オートターゲティングで広告配信を行い、実際にクエリから検索されたキーワードを発掘することができます。また、マニュアルターゲティングでは、商品に関連するキーワードを選定し、入札額を設定することで、より的確なターゲティングが可能となります。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ