【秘訣公開】オフラインコンバージョンとは?計測からメリットまで、活用するポイントを徹底解説!

オフラインコンバージョンとは

概要

オフラインコンバージョンとは、デジタルマーケティングの分野で、オンライン広告やマーケティングキャンペーンなどのデジタルメディアを通じて顧客を獲得し、その後、オフラインで購入行動や目標達成を行った場合に、その行動をコンバージョンとして追跡・分析する手法を指します。従来のデジタルマーケティングでは、顧客のオンライン上での行動を分析することが主流です。例えば、Webサイトへの訪問数、ページビュー、クリック数などが重要な指標として使われます。しかしながら、オンラインでの行動がすべてではなく、実際に商品を購入するなどの行動はオフラインで行われることが多くあります。このため、オフラインでのコンバージョンを追跡することが重要となります。

コンバージョンとの違い

オフラインコンバージョンと通常のコンバージョンとの違いは、追跡対象がオフラインであるかオンラインであるかという点です。オンラインコンバージョンは、例えばウェブサイトでの商品購入やフォームの送信などを追跡しますが、オフラインコンバージョンは、店舗での実際の購入や電話での問い合わせ、商品の試用やカタログ請求など、オフラインでの行動を追跡します。

オフラインコンバージョンを計測するメリット

コンバージョンデータの精度が向上する

オフラインコンバージョンを計測することで、顧客の完全な購買プロセスを把握することができます。これにより、広告のターゲティングやキャンペーンの最適化に役立ちます。また、オフラインでのコンバージョンを計測することで、オンラインでのコンバージョンのみを追跡する場合よりも、より正確なコンバージョンデータを得ることができます。

広告の自動入札を最適化できる

オフラインコンバージョンを計測することで、広告プラットフォームはより正確な予測を行うことができます。これにより、より効果的な自動入札を実現することができます。例えば、広告のクリック単価を最適化するために、オフラインでの購入データを使用することができます。これにより、収益性の高い顧客に広告を配信することができ、ROIを向上させることができます。

購買プロセスを最適化できる

オフラインコンバージョンを計測することで、顧客が実際にどのような行動を取っているかを把握することができます。これにより、顧客の購買プロセスをより深く理解し、改善することができます。たとえば、店舗での購入が多い場合は、店舗内のレイアウトや陳列を改善することができます。また、電話での問い合わせが多い場合は、問い合わせの質を向上させることができます。

Google広告のオフラインコンバージョントラッキングを導入するのに必要なこと

Google広告でオフラインコンバージョントラッキングを導入するには、管理者権限でログインし、「ツールと設定」から「計測」タブを選択して、コンバージョンタグを作成し、オフラインデータを作成してアップロードします。これでオフラインでのコンバージョンもトラッキングできます。

オフラインコンバージョンのインポートをする基本手順

Google広告の手順

Google広告アカウントにログインし、「ツールと設定」から「計測」タブを選択します。 「コンバージョン」をクリックして、新しいオフラインコンバージョンタグを作成します。 インポートするオフラインコンバージョンデータをCSVファイルに保存します。 「ツールと設定」から「計測」タブを選択し、「オフラインコンバージョン」をクリックして、CSVファイルをアップロードします。 以上の手順を実行すれば、簡単にGoogle広告でオフラインコンバージョンをインポートすることができます。

オフラインコンバージョンとして設定するコンバージョンポイント

来店コンバージョン

来店コンバージョンとは、顧客が実際に店舗に訪れたことを計測するコンバージョンポイントです。来店コンバージョンを計測するためには、GPSを利用した位置情報の取得や、店舗でのQRコードのスキャンなどを利用することができます。このようなデータを基に、広告のターゲティングやクリエイティブの最適化などを行うことができます。来店コンバージョンの計測の仕組みから計測要件について以下の記事で紹介していますので、気になる方はチェックしてみてください。

電話コンバージョン

電話コンバージョンとは、顧客が実際に電話で問い合わせをしたことを計測するコンバージョンポイントです。電話コンバージョンを計測するためには、顧客が電話した番号をトラッキングする仕組みを導入する必要があります。このようなデータを基に、広告の配信戦略や、電話応対の品質向上などを行うことができます。

実店舗購入コンバージョン

実店舗購入コンバージョンとは、顧客が実際に店舗で商品を購入したことを計測するコンバージョンポイントです。このようなコンバージョンポイントを計測するためには、ポイントカードや会員カードなどを利用した課金データの取得、あるいはQRコードのスキャンなどを利用することができます。このようなデータを基に、店舗のレイアウトや陳列の改善、また、キャンペーンやプロモーションの最適化などを行うことができます。

オフラインコンバージョンを活用した施策

オフラインコンバージョン計測を活用した施策には、以下のようなものがあります。 これらの施策を活用することで、より多くの顧客をオンラインからオフラインストアへ誘導し、顧客満足度の向上につなげることができます。

・オンライン広告とオフラインストアの連動によるキャンペーンやセールの実施、クーポン配布などの施策

・来店者にアンケートやフィードバックの依頼を行い、顧客の声を集め、商品やサービスの改善につなげる施策

・顧客の属性や行動履歴に基づいたターゲティング広告を配信することで、より効果的な広告運用が可能になる施策

まとめ

オフラインコンバージョンとは、物理的な世界で顧客が行った行動で、購入やリードなど、ビジネスにとって測定可能な結果につながるものを指します。このような行動は、デジタルチャネル以外で発生することがあるため、オンライン分析で追跡することが困難です。オフラインでのコンバージョンを測定するために、企業はユニークな電話番号、クーポンコード、顧客調査など、さまざまな戦術を用います。また、CRMやPOSシステムをオンライン分析プラットフォームと統合して、オフラインデータを追跡することもできます。オフラインコンバージョンは、カスタマージャーニーをより完全に把握することができ、企業がマーケティング活動の効果を理解するのに役立つため、追跡することが重要です。オフラインコンバージョンを測定することで、企業はマーケティング戦略を最適化し、投資対効果を向上させることができます。

よくある質問

Q1: オフラインコンバージョンを活用する施策とは何ですか?

A1: オフラインコンバージョンを活用する施策とは、オフラインで購入された商品のデータを取得し、それをオンラインマーケティングに活用することです。例えば、QRコードやキャンペーンコードを提示してもらい、オンラインでの購入やアクションを促すことができます。

Q2: オフラインコンバージョンを活用した施策のメリットは何ですか?

A2: オフラインコンバージョンを活用することで、オフラインでの販売データを分析し、マーケティング戦略の最適化が可能となります。また、オンラインでの広告配信により、オフラインストアの集客を増やすことができます。さらに、オフラインでの購入が多い業種においては、オフラインコンバージョンを考慮しないマーケティング施策では正確なROI計測ができないため、精度の高いデータ収集が可能となります。

Q3: オフラインコンバージョンを活用するために必要な施策は何ですか?

A3: オフラインコンバージョンを活用するためには、まずオフラインでの販売データを収集するための仕組みを整える必要があります。その上で、オンラインマーケティングと連携するための仕組みを構築する必要があります。例えば、QRコードやキャンペーンコードの導入、POSシステムとの連携などがあります。さらに、オフラインストアでの顧客情報収集やリストマーケティングも重要です。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > ニュース > 【2024/05/30】EC担当者・マーケター必読!最新マーケティングニュースまとめ&媒体情報|4選

ページトップへ