購入商品別顧客獲得数の可視化で、楽天RMSが新規客獲得を促進

顧客獲得の重要性と課題

顧客獲得は、企業が成長する上で欠かせない重要な要素です。新規顧客の獲得により、企業は売上を増やし、競合他社との差別化を図ることができます。しかし、新規顧客の獲得には、いくつかの課題が存在します。たとえば、競合他社との差別化が難しい市場や、新規顧客の獲得費用が高くなるなどが挙げられます。

概要

新規顧客を獲得するためには、多くの企業がさまざまな課題に直面しています。たとえば、競合他社との差別化が難しい市場では、同じような商品やサービスを提供する企業が多数存在し、新規顧客を獲得することが難しくなります。また、新規顧客の獲得費用が高くなる場合もあります。広告費用の増加や販売促進費用の上昇などが原因となり、新規顧客の獲得費用が高騰することがあります。こうした課題を克服するためには、効果的なマーケティング戦略を展開する必要があります。

「購入商品別顧客獲得数」とは

「購入商品別顧客獲得数」とは、楽天RMSが追加した機能の1つであり、出店企業が販売した商品ごとに、どのくらいの顧客を獲得できたかを明確に把握することができる機能です。具体的には、商品ごとに購入者数や新規顧客数を把握できます。

機能追加によるメリット

楽天RMSに「購入商品別顧客獲得数」の機能が追加されたことで、以下のようなメリットが生まれました。

商品ごとの獲得顧客数を明確に把握でき、効果的な施策を立案しやすい

「購入商品別顧客獲得数」の機能を利用することで、出店企業は商品ごとに獲得した顧客数を明確に把握できます。これにより、どの商品がどの程度、顧客獲得に貢献しているのかを把握することができます。そのため、顧客獲得に効果的な施策を立案することができます。

例えば、ある商品が特に新規顧客を獲得しやすいことが分かった場合、その商品に関する販促施策を実施することで、新規顧客の獲得につなげることができます。

顧客の購買傾向を把握できるため、商品ラインナップの最適化が可能となる

「購入商品別顧客獲得数」機能を活用することで、顧客がどのような商品を購入しているかを明確に把握できます。この情報を基に、取り扱っている商品のラインナップを最適化することができます。例えば、特定の商品の獲得数が低い場合は、需要が低い可能性があり、取り扱うべきではない商品と判断することができます。逆に、獲得数が多い商品は需要が高いと判断でき、取り扱う商品数を増やすことで売上を拡大することができます。

購入傾向に応じた販促施策の実施により、顧客ロイヤルティを高められる可能性がある

「購入商品別顧客獲得数」機能を利用することで、顧客の購買傾向を把握できます。この情報を基に、購入傾向に応じた販促施策を実施することで、顧客のロイヤルティを高めることができます。例えば、ある顧客が化粧品をよく購入している場合は、化粧品関連のクーポンや特典を提供することで、その顧客にとって魅力的な販促施策となります。このような施策によって、顧客の満足度を高め、リピート率を向上させることができます。

機能の活用方法

楽天RMSの「購入商品別顧客獲得数」機能を活用することで、以下のような施策が可能となります。

特定の商品の獲得顧客数が多い場合に、その商品に関するキャンペーンを実施する

「購入商品別顧客獲得数」機能を利用して、特定の商品の獲得顧客数が多いことがわかった場合は、その商品に関するキャンペーンを実施することが効果的です。例えば、割引クーポンやポイント還元などの販促施策を行うことで、既存顧客のリピート購入率を上げることができます。

獲得顧客数が少ない商品については、販売戦略を見直す

逆に、「購入商品別顧客獲得数」機能を利用して、獲得顧客数が少ない商品がある場合は、販売戦略を見直す必要があります。商品ページの改善や商品の再構築、販促施策の見直しなど、様々なアプローチを試みることで、顧客獲得数の増加を目指しましょう。

競合他社の同商品との獲得顧客数比較を行い、優位性のある商品に対しては、より積極的な販促施策を実施する

楽天市場には多数のショップがあり、同じ商品を扱っているショップも多く存在します。そこで、「購入商品別顧客獲得数」機能を利用して、競合他社の同商品との獲得顧客数比較を行い、優位性のある商品に対しては、より積極的な販促施策を実施することが重要です。

まとめ

楽天RMSの「購入商品別顧客獲得数」機能は、商品ごとの獲得顧客数を明確に把握することができるため、効果的な施策を立案しやすく、商品ラインナップの最適化や顧客ロイヤルティの向上につながることが期待されます。

よくある質問

Q:「購入商品別顧客獲得数」機能は、どのようにして利用できますか?

A:「購入商品別顧客獲得数」機能は、楽天RMSの管理画面から利用することができます。詳しい利用方法については、楽天RMSの公式サイトやマニュアルを参照してください。

Q:この機能は、どのような業種や規模の店舗に向いていますか?

A:「購入商品別顧客獲得数」機能は、業種や規模を問わず、商品ごとの獲得顧客数を把握したい店舗に向いています。特に、商品ラインナップの最適化や顧客ロイヤルティの向上を目指す店舗にとっては、有効な施策となることが期待されます。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ