ECにおける物流アウトソーシングのメリットとは?

概要

物流アウトソーシングは、サプライチェーンをより効率的かつコスト効率よく管理することができるため、Eコマース事業者の間でますます人気が高まっています。この記事では、物流アウトソーシングの概念に馴染みがない方のために、物流アウトソーシングとは何か、そしてそれがビジネスにどのような利益をもたらすのかについて、簡単に説明します。

物流アウトソーシングとは

物流アウトソーシングとは、サプライチェーンの管理を3PL(サードパーティ・ロジスティクス)プロバイダーに委託することです。3PL事業者は、輸送、倉庫、配送などの物流機能をすべて引き受けるため、事業者はコア業務に集中することができます。物流をアウトソーシングすることで、3PL事業者の専門知識やリソースを活用し、大幅なコスト削減、効率化、顧客満足度の向上を実現することができます。

ECにおける物流アウトソーシングのメリット

コスト削減

物流をアウトソーシングすることで、運用コストを大幅に削減することができます。3PLプロバイダーはスケールメリットを生かし、輸送業者やサプライヤーとより良い運賃を交渉することができるため、輸送や倉庫のコストを削減することができます。さらに、物流をアウトソーシングすることで、高価なインフラ、テクノロジー、人材に投資する必要がなくなります。

効率性の向上

物流をアウトソーシングすることで、サプライチェーン・オペレーションを合理化し、ビジネスの全体的な効率を向上させることができます。3PLプロバイダーは、輸送管理システム(TMS)、倉庫管理システム(WMS)、注文管理システム(OMS)などの高度な物流技術を駆使して、サプライチェーンを最適化し、サイクルタイムを短縮します。

スケーラビリティ

ロジスティクスをアウトソーシングすることで、ビジネスを迅速かつ効率的に拡大することができます。3PLプロバイダーは、ビジネスの成長に合わせて容量やリソースを追加で提供することができ、インフラや人員に追加投資する必要はなくなるのです。

コア業務に集中出来る

物流をアウトソーシングすることで、製品開発、マーケティング、販売などのコア業務に集中することができます。これにより、競合他社との差別化を図り、競争優位に立つことができます。

ECにおける物流アウトソーシングの実例

Amazon

世界最大のオンライン小売業者であるAmazonは、物流業務の大部分をUPS、FedEx、DHLなどの第三者物流事業者に委託しています。Amazonは、商品開発、マーケティング、販売などのコア業務に集中できるよう、これらのプロバイダーがAmazonの荷物の輸送と配達を担当しています。

Shopify

大手EコマースプラットフォームのShopifyは、Shopify Fulfillment Networkと呼ばれるフルフィルメントサービスを提供しており、加盟店はサードパーティーの物流プロバイダーのネットワークに注文処理を委託することができます。このサービスでは、在庫管理、オーダーピッキング、梱包、発送など、フルフィルメントプロセスのすべての側面を処理することができます。

Glossier

人気美容ブランドのGlossierは、Radialという第三者物流事業者に物流業務を委託しています。Radialは、注文の受付から顧客への商品発送まで、フルフィルメントプロセスのあらゆる側面を担当しています。これにより、Glossierは商品開発やマーケティングといったコア業務に集中することができます。

まとめ

物流アウトソーシングは、サプライチェーン・オペレーションの合理化とコスト削減を目指すEコマース企業にとって、大きな変化をもたらす可能性があります。3PLプロバイダーに物流を委託することで、彼らの専門知識とリソースを活用し、効率を向上させ、コア業務に集中することができます。物流アウトソーシングを検討される場合は、信頼と実績のある3PLプロバイダーと提携し、ビジネス目標の達成をサポートすることをお勧めします。

CTA画像
デジタルマーケティングやIT業務導入など、様々な案件に対応をさせていただいております。弊社のコンサルタントが無料で相談に乗るので是非お問い合わせください。
詳しく見る

EC・D2CのWEBマーケティングコンサルなら-株式会社a general studio > ブログ > 楽天市場 > 商品ページ > 【効果抜群】楽天の商品ページレイアウトでユーザー虜|SEOランキング急上昇の秘策

ページトップへ